anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

#旅行

水木しげるの町 境港へ⑨終

さて、ここから昨日教えてもらった、お土産センターにバスで移動するんですが、時間がかかっても、これも鬼太郎がラッピングしているループバスで。 時間がかかっても何かローカルな感じでいいんですよね。 そしてそこでお土産を買って、そして米子鬼太郎空…

水木しげるの町 境港へ⑧

さあ、二日目後半戦です。 天気が良くて、一日目とは違って快適に画像が取れました。 そして今はもう近くには走っていない、バキューム車も(^^) さてそれでは! バキューム車が! 何か懐かしい

水木しげるの町 境港へ⑦

さて記念館に行ったところで、暗くなってきたのと、雨が嫌なんで、食事をして、宿に帰ることにしました。 境港では、駅から1分のところに、“天然温泉 夕凪の湯 境港 / ドーミーイン”があるんですよ。 和風旅館もあるのかもしれませんが、ほとんどのお客様は…

水木しげるの町 境港へ⑥

さて記念館も、限られた時間をできる限りじっくり見ながら、後半に展示を見ていくことになります。 今は亡き水木先生、もし記念館で出会えたらよかったでしょうね。 では後半を。

水木しげるの町 境港へ⑤

さて、「水木しげる記念館」についたんですが、平日の夕方なんで、あまりお客さんも少なく、貸切とは言えませんでしたが、じっくり見れましたね。 そして音声ガイドを貸してもらい、見学スタート! ここでは撮影禁止と、OKのところがあります。 そのあたりを…

水木しげるの町 境港へ④

どこまであるんだろう… 福島県の須賀川にある、ウルトラ怪獣のオブジェとは数が違いすぎます。 まあ小さいというのもありますが、とにかく数があるんですよね。 記念館までもう少し。 ようやくついた!

水木しげるの町 境港へ③

まさかこんなにあるとは… 記念館まで行く片方の歩道にあるのをまずは撮っていっています。 帰り道でもう片方を、そんなペースで行こうと思っているんですがね。 しかしあまりにも多いので、雨も降っていたし、傘も差さないと、iPadが濡れてしまう(^^)

水木しげるの町 境港へ②

いったんホテルにチェックインして、時間があるので、水木しげるロードを歩きました。 もちろんここには、日本各地の妖怪たちをモチーフとした銅像があるんですね。 全部撮ったつもりですが、あいにくの雨の日で、結構面倒でした。 水木しげる記念館を目指し…

水木しげるの町 境港へ①

旅行ではありませんが、出張の時に合わせて有休を取って。鳥取県の境港に行ってきました。 もちろん水木しげるさんの生まれた土地、もう駅のホームから、鬼太郎たちが、いや境線自体が車両や駅が、鬼太郎と言うか妖怪仕上げになっているんです。 駅までは撮…

ワットポーの仏様たち

おそらく今日でほとんどの写真を載せ終わることになります。 寝仏を見た後の、ものすごい数の仏様が回廊に並んでいる姿は、結構衝撃でした。 そしてそれが続いているんですね。 また椅子が並んでいるのは、その手入れなどをしているからかな?なんて思ったり…

ワットポーのそのほかの建造物

撮った写真も残り少なくなってきました。 私の撮った写真をまた載せていきますね。 それではどうぞ。 これは入ってすぐですね これは気が付かなかった、撮ってたんだ こういう扉にも綺麗な装飾が ここまでにしておきましょう。 何か残り少なくてさびしい気が…

寝仏の迫力、再び

それでは私の撮った寝仏の写真を! 入ったところから撮るとこうなるんですね なんか見下ろされているような… 仏様と孫悟空みたい 写真を撮っている息子越しに 足の裏が印象的なんですよね 柱があって前景が撮り辛い 後ろ側を足の方から という感じ ここは、旅…

ワットポーのいろんな方たち

ワットポーでいろんな仏像、石像がありました。 私が写した分をピックアップします。 今回は寝仏以外を。 これがいきなりあったのには驚きました 結構いろんな大きさで要所にありました 2対並ぶと壮観でした 人間体ですね 小さい象がいっぱい 右下は暑さでう…

私が撮った写真をいくつか

今までの写真は、息子が撮りまくった写真を時系列で載せていました。 まああれだけ撮れば大したものです(^^) 特に最近のデジカメは構えて撮らなくても、レンズを向けていればOKなんで、苦労はあまりなかったと、うそぶいていましたが… 私はそうでもな…

いよいよ象に!

写真も残りわずかになってきました。 そこで最後のハイライトの象に乗るところまで行けると思います。 それでは。 王様を崇める? 帰り道 こんな動力です 戻ってきました ここが最後のお土産や 結構犬を飼っているところが多い 降ろされてからついついどこに…

途中休憩をはさみ、巨大なお土産市に

途中多少広いところにも出ますが、ここは基本狭い水路を、進んでいきます。 どうやらここは、ココナッツファームというところらしい?(大丈夫か?…) もう面倒でタクシーの岡村君にすべてお任せなんですね。 なんかボラレそう(^^) ということで水上マーケ…

川から上がって

川から上がって、なんとかムエタイに行きたい、キックを見たい。 ということで、もうタクシーに聞こうということになりました。 でも普通のメータータクシーでは話がわからないので、そうではないタクシーに乗り込みました。そしてまた急な話の展開になって…

結構長いこと乗ったのか?

半分以上乗ってきたでしょうか? 途中ビールを飲んだりしたんですが、あとはあまり物売りは少ないんですね。 どこの船着場につくんでしょうか?残りの画像と、そのあとの展開です。 奥が細いですね。生活水路でしょうか なんか派手な感じがしてきました こう…

ボートで川に繰り出し映像、続編

チャオプラヤー川なんでしょうね。 ほんとに現地のおばさんに乗せられた感じの、この川巡り、結構満足の親子なんですがね。 それでは、続きの写真を・・ 左側は廃屋なんでしょうか? 所々朽ちはてていますね 本当にギリギリにありますね きわきわに立ってい…

急展開!

私たちの今回の目的の一つに“ムエタイ”を観戦がありました。 ホテルで、そんなオプションがないのかと聞くと、よく言葉が通じなかったのか、なんとなく“ない、わからない”と言われてしまって、何とか自力で、探すことにしていたんです。 ルンピニーに行った…

半分を過ぎました

日程的にも、写真の量的にもようやく半分が過ぎた感じです。 この結構淀んでいる小川が面白いので、二人で探索を続けます。 結構、生活感があり、洗濯物が干してあったり、「こんなとこ通っていいのかな?」と感じながらではありましたが、まあ言葉がわからな…

もう少し行くと職人さんたち?が

こうして見ると、バンコクは正確に言うと“市”ではなく“首都府”とか“都”なんですね。 800万の人口ですから、アジアでも有数の都市ですね。 だから何があってもおかしくないですが、そんなことはほとんど知らず、私たちは出会うことにすべて「ふぇー!」と…

このあたりをまた懲りもせず探索

こういう庶民的?なところが好きな親子は、さらに探索を続ける。 よく眺めていると、食料品のような一角だったり、電子部品、カイロ、コイル?のようなものを作っている所だったりさまざまな、仕事をオープンにしているんですね。 どんなところでも仕事をし、…

周辺の街もなかなか

実はこんな感じで、街を探索するのは、あとわずかに結果的にはなってしまいました。 まあ次の日の夕方も散策はしたんですが、結構盛りだくさんでしたので。 意外に各民族の集まっているところがあるんですね。 この近くは、中国系のところがありました。それ…

これで最後のワットポー画像

そろそろ寝仏も見たし、そろそろここから出て、次の目的地の探索へ行こうかと。 それでは最後のここでの写真を。 こんな部屋がいっぱい 何か作業中 何か回廊のよう 見上げるような仏像 お供え物が 何やら書いてありますが、読めない・・・ ここで何か説明を…

まだここにはいっぱい煌びやかな仏像群が

寝仏殿を出て、もう終わりかなと思っていたらさにあらず、ここには大勢の仏様?がいらっしゃるんですね。 悟りを開く仏様を守護しているんでしょうか。 ということで、もう少しこのワットポー内の画像です。 女性が入るときには、服装によってはこういう布を…

やっぱり迫力を感じてしまう

厳かな、仏教の寝仏なんですが、やっぱり感じるのは圧倒的な迫力ですね。 なんといって見下ろされている感じで目を合わせられない(^^) 一周してみました。おそらく今日はそこまででしょう。 途中にこんな仏様が 足の部分です これが足の裏 足の方から見…

いよいよ涅槃仏

昼食も終わり、やっと今日のお目当ての涅槃仏に。 まあとにかくご覧ください。 ここはさすがに靴は脱ぎますが、撮影は自由。 ということで。 その前にトゥクトゥク、運転手さんも昼食中か? 入り口はどこか? ここかな? 日傘をさしている人も 真っ白で荘厳 さ…

ここでいったん昼食を…

ここでちょうどお昼になったので、近くで、涼しいところで、昼飯を。 いつものように、庶民的な場所で(^^)。 と言ってもここは観光地、さすがにぎっしりとその手の食堂が並んでいて、さらに屋台もいっぱい。 でもちょっと暑さでへばっているので、何とか…

記憶が…

人の記憶というのはあいまいなもので・・・ 実は、皆さんに謝らなくては。 写真の順番にアップしてるんですが、「あれっ?この後涅槃仏に行ったよな・・・」 帰ってきた息子に聞くと「違うよ。一度出て昼飯を食って、隣に入っていったんだよ」 「えっ!!?…