anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

水上のフライト

2020年作品、兼重淳監督、中条あやみ 杉野遥亮 高月彩良 冨手麻妙出演。

体育大学3年生の藤堂遥(中条あやみは、走高跳の女王と呼ばれ、オリンピック出場を目指す実力のある選手だが、自分に自信を持つあまり、周囲への気配りに欠ける面がある。
そんなある日、雨の中を走って帰宅しようとして、交通事故に遭ってしまう。 3日後に目覚めた遥に医師から告げられたのは、脊髄損傷による下半身麻痺で、何度か検査をしたが、もう脚が動くことはないだろうとのこと。
後輩選手の村上みちる(高月彩良)の活躍をテレビで観たりして、心を閉ざす遥を心配した母・郁子(大塚寧々)は、遥の父親の親友である、カヌーコーチの宮本(小澤征悦)に家に来てもらい、遥にカヌーを勧めてもらう。 遥は小学生の時にカヌーをしていたこともあり、カヌーの楽しさにも目覚めていき、カヌーを通じてブリッジスクールの里奈(平澤宏々路)や達也(高村佳偉人)とも仲良くなり、新しい仲間もでき、少しずつ笑顔も取り戻していく。
「カヌーに乗ればみんなと同じ。 視線の高さも同じだし、見た目も動きもみんなと変わらない」意外な発見が嬉しかった。  負けず嫌いで運動神経もいい遥は、どんどん上手になっていく。 そんなある日、ブリッジスクール出身で、義肢装具士をしている颯太(杉野遥亮が競技用のカヌーを持ってやって来る。
そして、遥は宮本から「カヌーでパラリンピックを目指さないか?」と誘われる。  しかし、遥は「バカじゃないの! 私は走高跳でオリンピックにでたかったの。 私は空を飛びたかったの。 なのに走高跳がだめならカヌーでパラリンピック?」と泣きながら言い返す。
その後、遥はやり場のない思いを抱えて自暴自棄に坂道で車椅子を走らせて転倒してしまうが、たまたま通りかかった里奈や達也に助けてもらう。 そして、颯太に車椅子を修理してもらい、体と一体化する装具の大切さを知る。
それに、応援してくれるカヌーの仲間たちや母・郁子、それに宮本コーチたちの想いに気付く。 みんな失ったと思った。夢も友だちも。 でも本当は自分を見失っていただけで、みんなそばにいてくれた。 遥は走高跳への思いを断ち切り、パラカヌーを新しい目標とする決意を固めていく。

これは良い作品でした。予告編から見たいと思っていました。
監督は兼重淳、「461個のおべんとう」 461個のおべんとう - anttiorbの映画、映像の世界 (hatenablog.com) も公開中です。
主演は中条あやみ、最近はテレビ出演が増えていますが、「雪の華」 雪の華 - anttiorbの映画、映像の世界 (hatenablog.com) が近作となります。
杉野遥亮は、「羊とオオカミの恋と殺人」 羊とオオカミの恋と殺人 - anttiorbの映画、映像の世界 (hatenablog.com) が面白かったです。
 
物語はオリンピックが眼前になった、日本女子走り高跳びの選手があった事故のお話です。 ようやく日本強化指定選手となる寸前の遥でしたが、その日雨の中母が迎えに来れなくなり、走って家に帰る途中、いきなり走ってきた車とぶつかり跳ね飛ばされてしまいます。 そして脊髄損傷で、歩けなくなってしまい、走高跳どころか、車椅子生活になってしまうのでした。
母の郁子は自分のせいだと自らを攻めますが、ふさぎ込み閉じこもってしまった遥を何とかしようと、亡き夫の友達の宮本に相談をします。 
そしてカヌーに再び出会うのだでした。
 
今作は設定自体はベタなんですが、それでもぐいぐいと引き込む物語と、子供たちの応援がけなげで、隠れた母の愛がたまらなく清々しいんですよね。
キャストも適材適所だし、後輩に高月彩良、ライバルに冨手麻妙の配置もよかったと思います。
 

f:id:anttiorb:20201126190759j:plain

走高跳の女王だった遥

 

f:id:anttiorb:20201126190808j:plain

しかし事故に遭いもう歩くこともできない

 

f:id:anttiorb:20201126190811j:plain

そして母に連れられて

 

f:id:anttiorb:20201126190815j:plain

カヌーと出会い、勉強を始める

 

f:id:anttiorb:20201126190820j:plain

そしてパラカヌーをやる気持ちを固める

 

f:id:anttiorb:20201126190824j:plain

めきめき上達していく遥

 

f:id:anttiorb:20201126190827j:plain

 

監察医 朝顔 最終回

2019年作品、平野眞演出、上野樹里 時任三郎 風間俊介 志田未来出演。

深夜、朝顔上野樹里)の元に茶子(山口智子)から連絡が入る。 山梨県で発生した大規模な土砂災害に対し、興雲大学法医学教室に応援要請があったのだ。 朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)を平(時任三郎)に任せ、法医学教室へと急いだ。
事故直前、現場には、桑原(風間俊介)と神崎(市川右團次)の姿があった。 反社会組織とつながり、違法な開発や投棄を行っている建設会社を追っていた桑原たちは、情報提供者の現場監督・赤井(笠原秀幸)に会い、彼の案内で不法投棄の現場を見に行っていた。
朝顔は、茶子、光子(志田未来)、高橋(中尾明慶)、絵美(平岩紙)とともに不測の事態も想定してさまざまな機材や書類を準備。 法医学教室の解剖案件は藤堂(板尾創路)と熊田(田川隼嗣)に任せて現地へと向かった。
早朝、災害対策本部が置かれた市民センターに到着した朝顔たちを迎えたのは、離婚して山梨県警の検視官に復職していた伊東(三宅弘城)だった。
事故から一夜が明け、被害状況も徐々に明らかになっていた。 土砂崩れによって下敷きになったのは、老人ホーム、建設現場のプレハブおよび社員寮、三棟の民家だという。 しかし、二次災害の危険があることから、死傷者の数はまだわかっていなかった。
待機を指示された茶子は、その間に他大学の法医や地元の医師、警察・行政関係者らと連携し、遺体安置所の設営を進める。 ほどなく、そこに遺体が運び込まれてくるが……。
 
最終回は時間を大きく延長した力作でした。
朝顔たち法医学部が、現地に赴き現地の医師と協力の下、検視が行われます。 しかしそこに恐るべきことが隠されていました。 泥まみれの遺体に付着した中から、考えられない薬物反応が、それは本来ならあるべきでないものでした。
違法投棄の証拠であり、そしてこの犯人は県警の捜査の対象でした。
さて、一応今回で最終回となりますが、あともう1本特番が放送されました。
 

f:id:anttiorb:20201126195135p:plain

大規模な土砂崩れが起きた

 

f:id:anttiorb:20201126195137j:plain

茶子たちは現地に

 

f:id:anttiorb:20201126195140p:plain

無地帰ってきた朝顔たち

 

f:id:anttiorb:20201126195143j:plain

そして郷里に

 

ザ・シークレット・サービス

1993年作品、ウォルフガング・ペーターゼン監督、クリント・イーストウッド ジョン・マルコヴィッチ レネ・ルッソ ディラン・マクダーモット ジョン・マホーニー出演。

フランク・ホリガン(クリント・イーストウッド)は合衆国所属のシークレット・サービス・エージェント。 一匹狼的な異端児で相棒は臆病なアル・ダンドゥレア(ディラン・マクダーモット)だけである。 

ホリガンは、ケネディ大統領がダラスを訪問した際に護衛を失敗に終わらせたことに深い自責の念を持っていた。 

大統領(ジム・カーリー)の再選キャンペーンがスタートしたところに、大統領暗殺の脅迫が届いた。 やがてホリガンは殺し屋ミッチ・リアリー(ジョン・マルコヴィッチ)が大統領の行動を監視していることを知った。 さらにミッチはJFK警護に失敗したホリガンの過去を知っていて、電話で彼に挑戦してきた。

ホリガンはキャンペーンの護衛に加わるが、女性護衛官のリリー・レインズ(レネ・ルッソ)以外の同僚は快く思わない。 変身術を身につけたミッチはロサンゼルスに飛び銀行に口座を設けると、係の女性とルームメイトを惨殺し、ワシントンに戻った。

大統領の遊説が始まった。 演説会場の安全を確保する忙しい日々の中でホリガンとリリーに特別な感情が芽生える。 やがてミッチの面が割れ、ホリガンは彼のアジトに侵入する。 彼を待ち受けていたのは同じくミッチを追うCIAの局員だった。

ミッチは執拗にホリガンに電話をかけて挑発してくる。 ある日、逆探知に成功し、ホリガンとアルがミッチのアジトを急襲した。 ミッチを追跡するホリガンは、ビルの間を飛びこえようとして失敗。 危機を救ったアルは撃たれて絶命した。 やがて大統領がロサンゼルスにやってきた…


多少若いイーストウッドですが、でもこの頃からもう老齢期になっていましたね。
監督はウォルフガング・ピーターセン、記事にした作品はなんと「ネバーエンディング・ストーリーhttps://anttiorb.hatenablog.com/entry/15982509 でした。
主演はクリント・イーストウッド、近作出演作がまだ来るようで、まだまだ現役ですね。「運び屋」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15905272 でもいい演技でしたね。
ジョン・マルコビッチは、「キラー・ドッグ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15474048 が近作です。


物語はシークレット・サービスのベテラン、フランクのお話です。 彼には苦い思い出がありました。 それはJ・F・ケネディの護衛についていて、彼を死なせてしまったことでした。 あの時、2発目の銃弾からケネディを守れていたら、彼は死なずに済んだことが1番の後悔でした。
今は現職大統領の護衛についていましたが、再選選挙の大詰めで、劣勢の地区に遊説に行くことが必須でした。 しかしそんな彼に挑戦してきた男が現れます。 謎の男ミッチは、機械反応をしない手作りの木製銃を作り、虎視眈々と大統領を狙い、そしてフランクのところに電話をかけ挑発してきます。


今作は、マルコビッチの悪役が秀逸ですね。 だいたい悪役をすることが多い彼ですが、たまに現在は主役の上司役などもするようになっています。 でもこういう頭脳派の悪役がやはりぴったりの気がしますね。 ラストの壮絶な最後もいいですね。


f:id:anttiorb:20201126191739j:plain

ダラスの惨劇

 

f:id:anttiorb:20201126191743j:plain

彼はまだこの仕事にとどまっていた

 

f:id:anttiorb:20201126191748j:plain

そんな彼に一本の電話が

 

f:id:anttiorb:20201126191751j:plain

ミッチからの挑戦、ゲームだった

 

 

f:id:anttiorb:20201126191757j:plain

リリーだけが彼の理解者だった

 

f:id:anttiorb:20201126191802j:plain

そしてミッチは

 

f:id:anttiorb:20201126191805j:plain

いろんな人間に化けて近づいて来る

 

f:id:anttiorb:20201126191809j:plain

 

泣く子はいねぇが

2020年作品、佐藤快磨監督、仲野太賀 吉岡里帆 余貴美子 柳葉敏郎出演。

雪の降る秋田県男鹿市にある寂れた港町。娘が生まれ、現実を見据える妻のことね(吉岡里帆)と違い、たすく(仲野太賀)はいつまでも父親の自覚を持つことができずにいた。

そんなたすくに、すっかり愛想を尽かすことね。 父親らしさを証明できれば、ことねは許してくれるはず。 そう考えるたすくだったが……。

晦日の夜、“悪い子はいないか”とナマハゲたちが男鹿の街を闊歩する。 その最中、全力疾走する全裸のナマハゲが、生中継のニュース番組で全国に放送される事件が起きる。 その正体は、ことねとの約束を守れず、泥酔しきったたすくだった……。


秋田は行ったことがあるのでちょっと懐かしい作品でした。
監督は佐藤快磨、作品を見るのは初めてです。
主演は仲野大賀、改名して苗字を名乗った彼ですが、「#ハンド全力」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/08/11/060000 が近作です。
そして吉岡里帆、「Fukushima 50」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/03/17/060000 が近作です。


物語は、赤ん坊が生まれた若い夫婦から始まります。 でも、母親の方は若い父親のことを信用していない。 夫は自覚ないのは明白だでした。
たすくはナマハゲの手伝いに行こうとするが、ことねはそれも快く思っていなませんでした。 しかし地域の世話役の手前、行かないわけにはいかなかったが、その晩事件が起こってしまいます。 酒は飲まないと思っていたたすくだったが、つい一口ということで飲み始め、その日はナマハゲの取材でテレビ局が生放送をしていたんです。 そして、泥酔したたすくは、素っ裸でお面を被り、カメラの前で狂乱してしまったのだでした。
そしてたすくは、男鹿から逃げるように東京に向います。


今作は、ただただたすくの罪滅ぼしのお話ですね。 できちゃった婚でしたが、女性よりも男性の方が狼狽え、そして責任が湧かないモンだということが色濃く描かれています。 そして、酒に溺れてしまう、飲まれてしまう癖はどうしようもないんですね。
ラストは彼の叫びで終わりますが、見ていて、男としては辛いし、幾分気持ちもわかるところもありますね。


f:id:anttiorb:20201126185756j:plain

出来ちゃった婚をした二人だったが

 

f:id:anttiorb:20201126185759j:plain

すぐに頼りない夫に嫌気がさす

 

f:id:anttiorb:20201126185804j:plain

そしてこの後たすくは、全裸事件を起こしてしまう

 

f:id:anttiorb:20201126185809j:plain

そして東京に行くが

 

f:id:anttiorb:20201126185814j:plain

何とかやり直そうと帰ってくる

 

f:id:anttiorb:20201126185830j:plain

しかし…

 

f:id:anttiorb:20201126185817j:plain

 

監察医 朝顔 ⑩

2019年作品、阿部雅和演出、上野樹里 時任三郎 風間俊介 志田未来出演。

朝顔上野樹里)は、三郎(きづき)の妻・結衣(松長ゆり子)の死因鑑定を手伝わせてほしいと茶子(山口智子)に申し出る。 もしまた手が震えたら、茶子や藤堂(板尾創路)、光子(志田未来)が代わってほしい、と訴える朝顔。 その思いを受け止めた茶子は、朝顔の願いを聞き入れる。
一方、平(時任三郎)も捜査への参加を直訴し、今回の案件に違和感を抱く丸屋(杉本哲太)とともに改めて実況見分に向かう。
警察は、結衣が次男・陽斗(遠藤千空)への授乳中に眠ってしまい、顔を圧迫された陽斗が病院に運び込まれた件で虐待を疑われたことを掴んでいた。 その際、三郎は結衣を叱責したという。 また、1週間前、結衣が自転車で転倒したというケガも、三郎によるDVではないかと疑っていた。
三郎の家を訪れた朝顔と茶子は、階段の高さや角度だけでなく、壁なども丹念に調べていく。 結衣のスマートフォンなどを押収した平と丸屋は、不審者が侵入した可能性も考え、家全体の指紋を採取する。
法医学教室に戻った朝顔たちは、ダミー人形を使って落下実験を行う。 その結果、1階にミルクを取りに行く際に足を滑らせたのではないかという三郎の証言や、三郎が2階から突き落としたとする警察の見立てのどちらも、傷の付き方や倒れていた姿勢と矛盾することが判明する。
一方、桑原(風間俊介)は、県警本部がマークしていた建設会社に関わりがあるらしい刺殺事件を追うことになるが……。
 
三郎の無実を晴らすため、鑑定ができなくなっていた朝顔が、踏ん張ります。 そして平たち、警察も改めて、亡くなったときの状況を再検証します。 そして突き落とされたにしてはおかしなところに死因につながった怪我の部位だということに気がついて行きます。
一方、桑原は県警の事件を担当、そしてある建設会社の不正を調べるために、危険な場所に出向いていました。
今回は最終回に近づく、そして大きな危険が押し寄せる回になっています。
 

f:id:anttiorb:20201125192851p:plain

意を決して死因鑑定をする朝顔

 

f:id:anttiorb:20201125192854j:plain

なかなか突き止められなかったが

 

f:id:anttiorb:20201125192905j:plain

自転車の怪我が

 

f:id:anttiorb:20201125192901j:plain

やっとたどり着いた死因

 

f:id:anttiorb:20201125192857p:plain

そして県警から新たな依頼が

 

デイ・オブ・ザ・ロード

2020年作品、サンティアゴ・アルバラード・イラーリ監督、ジュリ・ファブレガス ヘクター・イリャネス ドロレス・エレディア ヒメナ・ロモ Oscar Gordillo出演。


メネンデス(ジュリ・ファブレガス)はかつて敬虔な神父だった。 だが、少年に取り憑いた悪魔を祓おうとして、彼を死なせてしまった。 メネンデスは殺人罪で刑務所に入れられた。
出所したメネンデスは、酒びたりの生活を送っていた。 そんな彼のところへ、古い友人であるセバスチャン(ヘクター・イリャネス)が訪ねてきた。
娘のラケル(ヒメナ・ロモ)に悪魔が取り憑いた。 メネンデスに祓って欲しいとお願いに来たのだった。
「自分はすでに神父ではない、それにもうあんな思いはしたくない」
メネンデスは断ったが、セバスチャンは諦めなかった。 根負けしたメネンデスは、娘を連れてくるように言った。
翌日、セバスチャンが娘ラケルを連れてきた。 ラケルは今回のことには納得していないようで、不服そうな表情だった。 メネンデスはラケルを預かった。
そして、2人だけの生活が始まった。メネンデスは彼女を注意深く観察した。
反抗的ではあるものの、ラケルにおかしなところはないように見えたが…


これは後半すごいんですね。
監督はサンティアゴ・アルバラード・イラーリ、この作品のみがクレジットされています。なかなかえぐい画を撮りますね。
主演はジュリ・ファブレガス、「レック2」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/12453027 を記事にしています。
ヒナメ・ロモは、今作ともう一作クレジットがありました。


物語は、悪魔祓いに失敗した神父のお話です。 少年は死んでしまい、彼は逮捕されてしまい、出所後すっかり酒に溺れてしまいます。
しかしそんな彼の元に、娘に悪霊がついてしまったとセバスチャンがやってきます。 初めはもう自分にはできないと断っていましたが、必死な友の頼みを断れず、身の回りを片付け酒をやめ、なんとか娘の面倒を見ようと決心します。
彼女はラケルといい、おかしなところは見られませんでしたが、メネンデスは、その中に何かおかしいことを感じ取ります。 そしていよいよ、対決をしようと、一瞬の隙をついて彼女を拘束し、父のセバスチャンを呼び手伝わせます。しかし・・・


今回は後半の怒涛の戦いがすごいんですよね。 途中までは、クライマックスにどうなるのかちょっと心配になる感じでしたが、怒涛の映像でしたね。 そしてしっかりホラーらしいオチもありますが、神父の意地を見せた作品でした。

 

f:id:anttiorb:20201125191433j:plain

幻影に襲われ、悪夢を見るメネンデス

 

f:id:anttiorb:20201125191503p:plain

ラケルを預かることになる

 

f:id:anttiorb:20201125191508p:plain

そして身を清め

 

f:id:anttiorb:20201125191512j:plain

いよいよ対決する

 

f:id:anttiorb:20201125191516p:plain

そしてとうとう

 

f:id:anttiorb:20201125191521p:plain

悪魔が本性を出す

 

f:id:anttiorb:20201125191524j:plain

 

ボルケーノ・パーク

2019年作品、サイモン・ウェスト監督、ワン・シュエチー ハンナ・クィンリヴァン ショーン・ドウ ジェイソン・アイザックス出演。

 “天火島”と呼ばれる火山の島で調査を行っていた火山学者のタオ(ワン・シュエチー)は、突然の噴火に遭遇し、妻が犠牲になってしまう。

20年後、タオが危険性を訴える中、天火島では実業家ハリス(ジェイソン・アイザックス)によって世界初の火山テーマ・パークの建設が進められていた。 母の遺志を継いで火山学者となったタオの娘シャオモン(ハンナ・クィンリヴァン)は、そんなハリスのもとで働いていた。 そして、いよいよオープンが迫る中、マグマの不穏な動きが観測され、ハリスにパークの閉鎖を訴えるシャオモンだったが…。


中国作品ですね。
監督はサイモン・ウェスト、「ワイルドカード」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/12672471 が私の近作記事ですね。
主演はワン・シュエチー、記事にした作品は今のところ無いようです。
娘のシャオモン役は ハンナ・クィンリヴァン、「スカイスクレイパー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15702169 に出演していました。


20年前、タオは妻と娘と一緒に天火島で調査と開発をしていました。 火山島で、正確なデータを取る仕事をしていた妻でしたが、突然の大噴火が起こり、なんとか娘のシャオモンを逃すのが精一杯。 タオも急死に一生で命を取り留め、妻が犠牲になってしまいます。
20年後、成長したシャオモンは、母の意思を継ぎ、この島でできたテーマパークの調査を受け持ち、オーナーのハリスに助言をする役目を持っていました。 しかし巨大な投資をして、第2期拡張工事をして、今までの投資分を取り戻そうとするハリスは、投資家に第2期のプレゼンを妻とともに行っていました。
しかし不気味な兆候が現れ、危険を警告するシャオモン、さらに父のタオも今まで近づきたくなかった島に、娘をなんとかここから連れ出そうとやってきます。
そして予想を大きく超える大規模な噴火が起こります。 それは島全体を襲う大災害でした。


今作は、なんでも金儲けに、それもテーマパークにしてリゾートにしてしまう、危険極まりない欲の塊という実業家の存在が、大きな悲劇を招きます。

ちょっと常識では思いつかない、いや考えられないことに注目するのがギャンブルのようですね。 でも地球規模の制御できないことには、どうしようもないことが思い知らされるお話でしたね。


f:id:anttiorb:20201125190354j:plain

この島の正確なデータを取ろうと

 

f:id:anttiorb:20201125190402j:plain

奮闘する

 

f:id:anttiorb:20201125190404j:plain

しかしタオが危険を感じやって来る

 

f:id:anttiorb:20201125190408j:plain

そして噴火が始まり

 

f:id:anttiorb:20201125190416j:plain

島全体を襲う

 

f:id:anttiorb:20201125190421j:plain

そして村に住む祖父を

 

f:id:anttiorb:20201125190426j:plain

二人は助けに行くが

 

f:id:anttiorb:20201125190429j:plain