anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ONODA 一万夜を越えて

2021年作品、アルチュール・アラリ監督、遠藤雄弥 津田寛治 仲野太賀 イッセー尾形出演。

1944年、フィリピン・ルバング島陸軍中野学校二俣分校で秘密戦の特殊訓練を受けていた小野田寛郎(遠藤雄弥)は、劣勢のなか、援軍部隊が戻るまでゲリラ戦を指揮するようにと命ぜられる。 「君たちには、死ぬ権利はない」出発前、教官(イッセー尾形)から言い渡された最重要任務は、何が起きても必ず生き延びることであり、玉砕は決して許されなかった。 ところが、ルバング島のジャングルの中では、食料もままならず、仲間たちは飢えや病気で次々と倒れていく。 それでも、小野田は生きるために、あらゆる手段で飢えと戦い、雨風を凌ぎ、必ず援軍が来ると信じて仲間を鼓舞し続けるのだった……。


これは見たかった作品ですね。
監督はアルチュール・アラリ、フランス人監督ですが、作品を見たのは初めてでした。
主演の小野田役で若い頃を遠藤雄弥、「空母いぶき」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15966810 に出演していました。
後年の役を津田寛治、「バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/04/19/060000 に出演していましたね。
そして仲野大賀、「あの頃。」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/03/02/060000 に出演していましたね。

物語は、終戦が近くなり、日本はどんどん劣勢になっていました。 特殊訓練を受ける陸軍中野学校二俣分校の小野田寛郎は、谷口教官から玉砕は禁止され、そんなことがあっても生き残るという教育を受けます。 そして彼が派遣されたのがフィリピンのルバング島でした。 しかし指揮権のなかった小野田は、なかなか自分が受けていた訓練を明かすことはできず、戦況はどんどん悪化、隊員はもう戦う気力も奪われつつありました。
周りの部隊がどんどん駆逐され、とうとう少ない人数しか残らなくなり、世の中は終戦を迎えていましたが、小野田を筆頭に情報が入らなかった四人はただひたすら生き延び、そして日本軍御反撃を期待してジャングルで生活を続けていました。

小野田少尉が発見されたときは、日本で大きな話題になりましたね。 2年前に横井庄一が発見されましたが、佇まいが小野田元少尉が違った印象だったことが、子供心に覚えています。 その後戦後の日本に失望して、ブラジルに渡ったことは伝え聞いていましたが、今作は彼がどうやって約30年ジャングルで生きていたのか? それがしっかりと描かれた、秀作だったと思います。 できれば帰還後の第2の人生にも触れてほしかった気がしました。


f:id:anttiorb:20211023072049j:plain

特殊訓練を受ける

 

f:id:anttiorb:20211023072054j:plain

そしてルバング島

 

f:id:anttiorb:20211023072102j:plain

少ない部下と

 

f:id:anttiorb:20211023072106j:plain

終戦後も戦い続ける

 

f:id:anttiorb:20211023072110j:plain

しかしたった一人に

 

f:id:anttiorb:20211023072115j:plain

そしてこの青年と出会い

 

f:id:anttiorb:20211023072118j:plain

訓練時の上官に会い

 

f:id:anttiorb:20211023072121j:plain

 

お耳に合いましたら。 ③

2021年作品、松本壮史 杉山弘樹 松浦賢志松浦健志監督、伊藤万理華 井桁弘恵 鈴木仁 高岡凜花出演。

第5話

チェンメシ愛を語るポッドキャスト配信を始めた高村美園(伊藤万理華)。 前回の配信では彼への気持ちと向き合った美園。翌朝、寝ぼけながらSNSで自分の配信を検索すると、たくさんの好評なコメントが寄せられていた。 恥ずかしながらも嬉しくてエゴサが止まらない美園だったが、その中で不評なコメントを見つけ落ち込んでしまう。 そこで亜里沙井桁弘恵)は「ネガティブなコメントはミュートすればいい」とアドバイスするが…

第6話

らっきょう子ちゃん(駒井蓮)のラジオ収録の立会いを任された美園(伊藤万理華)たち。 ラジオ局に着くや否や様子のおかしい美園に、亜里沙井桁弘恵)は理由を問い詰めると、就活でギクシャクしてから一度も連絡をとっていない親友・香澄(桜井玲香)が番組スタッフとして働いているという。 そして、ラジオ放送が始まったとたん、らっきょう子ちゃんが体調不良になってしまい、急遽代役として美園が喋ることになる…

隣人の高杉紗江子役で濱田マリ、「コンフィデンスマンJP プリンセス編」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/08/03/060000 に出演していましたね。
経営コンサルタントで変な調子の男・堺道彦役は平子祐希、アルピーの大きい方(^^)ですね。 役者としてもちょいちょい活躍していますが、「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/03/04/060000 ではエグい役をしていましたね。
らっきょう子ちゃんこと大泉凜子役で駒井蓮、「科捜研の女 -劇場版-」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/09/10/060000 に出演していましたね。
同僚の大地涼役で草地稜之、映画出演はまだないようです。

Podcastが軌道に乗ってきた美園。 高評価もありますが、もちろんネガティブなコメントも結構きますよね。 それが気になり始める美園。 しかし、それを気にしていたら配信ができなくなってしまいます。
そして第6話は、ゲストキャラで、乃木坂46の初代キャプテンで、同じく卒業生の桜井玲香が登場します。 なんかこの二人のシーンの後半部分は泣けてきましたね。


f:id:anttiorb:20211022164444j:plain

f:id:anttiorb:20211022164446j:plain

f:id:anttiorb:20211022164449j:plain

f:id:anttiorb:20211022164453j:plain

f:id:anttiorb:20211022164456j:plain

f:id:anttiorb:20211022164458j:plain

 

エンド・オブ・カリフォルニア

2019年作品、H・M・コークリー監督、ジョセフ・マイケル・ハリス クリスティ・ニコルズ リズ・フェニング セーラ・J・バーソロミュー出演。

巨大地震が発生、ロサンゼルスは壊滅的な被害を受けた。 だが一向に地震は収まらず、地震学者ヤン(ジョセフ・マイケル・ハリス)は、12時間後にさらなる超巨大地震“メガ・クエイク”が発生し、カリフォルニアが沈没すると予測する。 ヤンは優秀な地震学者である元妻デボラ(クリスティ・ニコルズ)に連絡、かつて2人で開発した特殊兵器“地震砲”で断層にたまったエネルギーを中和しようと計画する。 

一方、2人の娘で軍人のイングリッド(サラ・J・バーソロミュー)はロスの被災地で救助活動を続けていたが……。


冒頭はすごいんですが(^^)
監督はH・M・コークリー、監督作はこの作品のみでしょうか?
主演のヤン博士はジョセフ・マイケル・ハリス、他の出演者も初めて見る俳優さんばかりでした。
物語は、巨大地震が発生してロサンゼルスが大きな被害を受けました。 しかし、これはまだ序章に過ぎなく、もっと大きな地震が12時間後に起こることが予測されました。そうなるとカリフォルニアが沈没する恐れがあり、これを止めるのは大きなエネルギーをぶつけて解消するしかないという方法が。
そしてその研究をしていたのがヤン教授の元妻デボラでした。


冒頭はなかなかの災害ぶりなんですが、その後どんどんチープになっていきます。まあB級作品なので仕方がないですが、邦題からすると、あの一連の巨編の続編かなを思っちゃいますね。

f:id:anttiorb:20211022163719j:plain

f:id:anttiorb:20211022163723j:plain

f:id:anttiorb:20211022163734j:plain

f:id:anttiorb:20211022163737j:plain

f:id:anttiorb:20211022163740p:plain

f:id:anttiorb:20211022163748j:plain

f:id:anttiorb:20211022163752j:plain

 

神在月のこども

2021年作品、白井孝奈アニメーション監督、蒔田彩珠 坂本真綾 入野自由 井浦新 柴咲コウ声の出演。


都内に住む小学生のカンナ(蒔田彩珠)は母・弥生(柴咲コウ)を亡くした喪失感を拭えずに、好きだった「走ること」からも逃れようとするようになる。 校内マラソン大会でも思うように走れず、父(井浦新)が慰めてくれるが、逆にむかついて、その場から逃げるように走り出し、雨の中を近くの牛島神社に駆け込む。
何かにつまずいて倒れ込み、持っていた母の形見の勾玉の腕輪が地面に投げ出された。その腕輪を拾い上げ、身につけてみると、降っていた雨粒が空中で静止してしまう。 そして、突然現れた大きな黒い牛の姿をした神に驚いていると、今度は鬼の少年・夜叉(入野自由)が現れ、カンナの腕輪を奪い取ろうとする。 その夜叉からカンナを守ろうと、学校の飼育小屋でいつも親しんでいた白兎のシロ(坂本真綾)が姿を現し、やがて自分は「神の使い」だと話し始める。
シロが言うには、旧暦の10月・神無月かんなづきには全国から神々が出雲に集い、「神議かみはかり」という翌年の縁を結ぶ話し合いを行うが、その前日に神在祭が行われるので、各地の神社を巡り神々から食材や料理などの馳走を集めて、今夜の7時までに出雲に届けてほしいとのこと。
カンナは困惑するが、これはもともと母の弥生が「韋駄天いだてん」の末裔として果たしてきた役目だったという。 また、シロから出雲に行き、ご縁があれば母に会えると聞かされ、「韋駄天」の末裔としての役目を引き受けることになる。


ちょっと不思議な和風ファンタジーでしたね。
監督というかアニメーション監督に白井孝奈、初監督となるようですね。そして原作とコミュニケーション監督として四戸俊成がついていて、彼が企画をしているクリティカ・ユニバーサルの代表ということですね。
主演のカンナの声を蒔田彩珠、「朝が来る」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/11/09/060000 に出演していました。まあ今後この業界を背負っていくような女優さんですね。
シロの声を坂本真綾、「サイダーのように言葉が湧き上がる」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/07/28/060000 に出演していました。
夜叉の声を入野自由、「小河ドラマ 徳川☆家康」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/07/16/180000 に出演していました。

物語は、幼い頃は近くの山を母と共に走り回っていたカンナ。 しかし今は母を病気で失い、走ることができなくなってしまいました。 マラソン大会でも、優勝を狙っていましたが、最後に走れなくなりそのまま神社に走っていってしまいます。 そこで母の形見の勾玉を腕につけた時、雨が止まり、目の前に大きな黒牛が現れます。 この神社の神で、そして夜叉が現れ、その勾玉の腕輪を取ろうとしますが、それを止めてくれたのがいつも学校で可愛がっている白いウサギでした。
シロは喋れて、今の状況を説明してくれ、実は彼女の母弥生は、韋駄天という大きな指名を持って走っていたことを告げられます。 母の跡を継ぐのはカンナだと言われ、その使命は神無月に出雲に行き、そのために各地の神様達からご馳走をもらい宴に持っていくというのです。そしてその間は時間がものすごく彼女の周りをゆっくり流れるので、走れば間に合うとのことでした。
そして彼女は母にもしかしたら出雲で会えるかも? と勝手に思い向かうことにしますが。

日本はある意味神の国、そう言われていますね。 いろんな神の宿る国が日本ということですが、そんなことがこの作品を見ると感じられますね。 “神無月“と“神在月“その由来も面白かったですね。

 

f:id:anttiorb:20211022162547j:plain

カンナの母の弥生

 

f:id:anttiorb:20211022162549j:plain

いつも母と走っていた

 

f:id:anttiorb:20211022162558j:plain

しかし母を病気で失う

 

f:id:anttiorb:20211022162555j:plain

そして神無月がやって来る

 

f:id:anttiorb:20211022162602j:plain

神社でシロと

 

f:id:anttiorb:20211022162605j:plain

夜叉と出会い

 

f:id:anttiorb:20211022162610j:plain

 

お耳に合いましたら。 ②

2021年作品、松本壮史 杉山弘樹 松浦賢志松浦健志監督、伊藤万理華 井桁弘恵 鈴木仁 高岡凜花出演。

第3話

チェンメシ愛を語るポッドキャスト配信を始めた高村美園(伊藤万理華)。 最近、隣の部屋から聞こえてくる不思議な音楽が心地よく、病みつきになってしまい配信ができないでいた。 しかし、配信は続けたい気持ちもあるため、佐々木(鈴木仁)からアドバイスをもらい、配信をするときだけマットレスを壁に立て掛け防音対策を試みるが、勢い余って壁にぶつけてしまう! それ以降、静かになってしまった隣人。 誤解を解きたい美園は…

第4話

チェンメシ愛を語るポッドキャスト配信を始めた高村美園(伊藤万理華)。 突然、彼氏の内山郁人(井上想良)から別れ話をされ困惑する美園は、自分の気持ちに整理がつかないでいた。 仕事帰りに亜里沙井桁弘恵)と佐々木(鈴木仁)を誘い、ボウリングや居酒屋、カラオケで発散する美園。 その帰り、隣人の高杉紗江子(濱田マリ)と遭遇し悩みを話したことで少し気が晴れた美園は、配信の力を借りて自分の気持ちを探そうと決め…

桐石航介役は中島歩、「いとみち」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/07/08/060000 に出演していました。
田所貴一役は濱津隆之、「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/07/01/060000 では原田役でしたね。
社長役は伊藤俊介、オズワルドのツッコミで伊藤沙莉のお兄さんですね。 映画出演作は見たことがなかったです。
彼氏の内山郁人役で井上想良、映画はまだ未出演のようですね。

さて美園が始めたPodcast、順調に始めましたが、放送の時に隣から聞こえてくる楽器音が気になり始めます。 でもうるさいのではなく、心地よい感じで、かえって聞いてしまって放送ができなくなってしまいます。
そして美園は思い悩んだ末に。
4話は、いきなり美園がフラれてしまいます。 心が不安定になった美園を亜里沙と佐々木は飲みに誘ってくれ、カラオケも行きますが。 しかしいきなりテンションが急降下、このどん底の思いをどうしたらいいのか? 隣人の高杉の言葉で。

なかなかのキャストですが、要所要所に細かい面白い人材が起用されて、それがいいですね。f:id:anttiorb:20211021203600j:plain

f:id:anttiorb:20211021203603j:plain

f:id:anttiorb:20211021203610j:plain

f:id:anttiorb:20211021203613j:plain

f:id:anttiorb:20211021203622j:plain

f:id:anttiorb:20211021203632j:plain

f:id:anttiorb:20211021203634j:plain

 

憎しみの最果てに

2021年作品、トゥルキャン・デリヤ監督、イルマズ・アルドアン アーメット・ムンターズ・タイラン ジェム・イーツ・ウズモール ルズガル・アクソイ出演。

警察署の最大の賞を受賞した主任警部ハルン(イルマズ・アルドマン)は彼のチームの部下たちが祝いの場を設けてくれる。  ハルンは、受賞後に昇進することを確信したが、その夜帰宅途中に乗ったタクシーに、見知らぬ場所に連れて行かれる。 そしてその運転手が襲いかかってくるが、彼は返り討ちのように運転手の持っていたナイフで刺し殺してしまう。 しかしその件を公開せず、自分の指紋を拭き取り痕跡を消しその場をさってしまい帰宅してしまう。
翌朝、ハルンの殺した男の死体が、警察署の前にクレーンで吊るされ、大事件となる。直ちに、この事件の捜査が開始された。 監視カメラの解析が始まるが、一体誰が運転手の死体を運んだのか? どうやらハルンに恨みを持つ人間だとしかわからなかった。男は、麻薬の前科のある人間で、身元はすぐにわかったが、その後監視カメラで、死体を運んでいる人間が映っているのを発見する。 直ちにその男を各星に彼のチームが向かうが・・・

どこかで見たお話でしたが、これは韓国映画の「悪のクロニクル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/11/19/180000 のリメイクのトルコ版ですね。
監督はトゥルキャン・デリヤ、日本で見れる作品は初めてのようですね。
主演はイルマズ・アルドマン、「サイの季節」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13714827 に出演していましたね。
上司役でアーメット・ムンターズ・タイラン、初めて見るベテラン俳優さんでした。

物語は実直で部下の信頼も厚い警部・ハルンが巻き込まれるミステリーですね。 大きな評価を受け、このままでいくと昇進も約束されたも同然のハルンでしたが、偉ぶることもなく、部下と共にチームで受けた評価だと言い切ります。 チームでお祝いの会を開き、一人タクシーに乗り込んだハルン。 ちょっと微睡んだ時、タクシーはスピードを上げ、どんどん山深い場所に入って行きます。 道が違うことに気がついたハルンでしたが、人気のないところに停められ、運転手が突如襲いかかってきます。 もちろん彼も抵抗する中、運転手の持っていたナイフで間一髪刺し殺してしまいました。
すぐに上司に電話をかけるハルンでしたが、その時昇進はほぼ決まったという声を聞き、彼は今あったことを話すことをやめ、証拠隠滅のため指紋を拭き取り始めます。

今作は多少オリジナルと設定、配役が変わっていますが、悲しい因縁のお話ですね。 ある事件に携わった警察関連の人間が、実は一人一人殺されていた、その部分はサラッとしか触れられていないので、中盤までは多少分かりづらいんですが、クライマックスはやはり見せ場でしたね。


f:id:anttiorb:20211021202128p:plain

f:id:anttiorb:20211021202133j:plain

f:id:anttiorb:20211021202142j:plain

f:id:anttiorb:20211021202147j:plain

f:id:anttiorb:20211021202150j:plain

f:id:anttiorb:20211021202156j:plain

f:id:anttiorb:20211021202158j:plain

f:id:anttiorb:20211021202204j:plain

 

キャッシュトラック

2021年作品、ガイ・リッチー監督、ジェイソン・ステイサム ホルト・マッキャラニー ジェフリー・ドノヴァン ジョシュ・ハートネット出演。

ロサンゼルスにて、現金輸送専門の警備会社「フォーティコ・セキュリティ社」に入ったヒル・パトリック(ジェイソン・ステイサム)。 彼は通称「H」と呼ばれ、入社時の試験にギリギリの及第点だったことから特に注目を集めてはいなかった。 

その後、初任務の警護を滞りなく終えてから強盗に襲われる場面に出くわす。 警備会社の規定では安全のために強盗に応戦しないよう定められていたが、なんとHは強盗たちを返り討ちにした。 その活躍が社内に広まって彼は「HERO(英雄)」と呼ばれ、上司たちからは好評を得た。

しかし、Hが再び強盗事件に巻き込まれた際に、強盗は彼を見た瞬間、引き返してしまったことで警備会社の同僚からは不審に思われた。
引き返した強盗はHが昔、犯罪シンジケートのボス彼らが部下だったから…元々、Hの部下たちは現金輸送車を襲撃する手引きをしていたが、Hが見張りを任された日にとある事件が起きた。 強盗当日、部下は警備員から抵抗を受けたことで彼らを殺し、近くの車で待たせていたHの息子も巻き込まれて死んでしまったのだった。 Hは息子に駆け寄った際に撃たれ、3週間後に病院で目覚めた。 息子の死を知り愕然とする中、妻も彼の元を去る。
そうしてHはFBIから情報を得て、強盗に関わった可能性がある者のリストを入手。 リストの人間を襲撃して回っていく内に、警備会社に強盗事件の手引きをしている者がいると考えて警備会社に入り今に至ルのだった。


これは面白かったですね。 久しぶりにステイサムらしい作品でした。
監督はガイ・リッチー、「ジェントルメン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/05/24/060000 以来の作品ですね。
主演はジェイソン・ステイサム、「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/08/13/060000 に最後にカメオ的に出演していました。
ホルト・マッキャラニーは、「グリーンランド ―地球最後の2日間―」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/06/16/060000 を記事にしています。
ジェフリー・ドノヴァンは、「テッド・バンディ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/07/28/180000 に出演していました。

物語は一人の男がロサンゼルスの警備会社の面接を受けにきました。 基本は人手が欲しいので採用ですが、採用試験を受けさせられ、彼は合格点ギリギリでした。 ブレッドというベテランと組み、初めての仕事につきますが、たまたま銀行強盗に襲われてしまいます。 しかし彼は一人で全員をやっつけてしまいます。 そこから一旦内勤にされますが、社内での評価が一気に上がり、オーナーからも賞賛されます。
しかし次の強盗に遭遇した時、不思議な現象が起きました。 強盗が彼をみた瞬間慌てて逃げ出してしまったのでした。 一体彼は誰なのでしょうか?

実は大物だった! そんなお話ですが、H自身も恐ろしいほどの腕を持っているボスというのがかっこいいですね。 部下もだから彼には全く服従していて、ラストの種明かしもおもしろくゾクゾクしました。 この設定でまた作って欲しいですね。


f:id:anttiorb:20211021200414j:plain

新入りのH

 

f:id:anttiorb:20211021200403j:plain

初仕事で

 

f:id:anttiorb:20211021200408j:plain

襲撃を返り討ち

 

f:id:anttiorb:20211021200401j:plain

いきなりヒーロー

 

f:id:anttiorb:20211021200420j:plain

しかし彼の正体は

 

f:id:anttiorb:20211021200422j:plain

この男に息子を殺された

 

f:id:anttiorb:20211021200427j:plain