anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

BLISS ブリス

2019年作品、ジョー・ベゴス監督、ドーラ・マディソン トゥルー・コリンズ リース・ウェイクフィールド ジェレミー・ガードナー出演。

自宅アパートで巨大なキャンバスに向き合う画家のデジー(ドーラ・マディソン)。 しかし全く絵筆が進んでいない。 彼女は恋人のクライヴ(ジェレミー・ガードナー)と部屋をるが、顔を合わした大家のランス(Mark Beltzman)から家賃を請求される。これからエージェントのデヴィット(Chris McKenna)に会う、そうすれば金が手に入るとランスに伝えクライヴと外出したデジー。 しかしデヴィットは彼女に、ギャラリーのオーナーであるニッキー(Rachel Avery)が契約を打ち切ったと伝え、いつまで経っても絵が完成しないことが理由だった。 デジーは抗議しエージェントとして手を打てと要求するが、デヴィットの方も彼女との契約を切ろうとしていた。
彼女は帰り道の車の中で電話をかけ、ニッキーと直接話そうと試みますが連絡がつかない。 3ヶ月間絵は売れず金も入らず、スランプ状態が続いて追い詰められたデジー。そこで彼女は馴染のドラッグの売人ヘイドリアン(グラハム・スキッパー)の店を訪れると、そこにはトランプに興じる、馴染みの老人たちがたむろしていた。 気分を紛らわそうと、デジーは彼に何か良いのドラッグがないか訊ね、次々入荷したドラッグを見せるヘイドリアン。
彼が最後に見せたドラッグ“ディアブロ”を選んだデジー。 ヘイドリアンは強力な麻薬なので、慎重に使うよう告げる。 個室を借りて、早速ドラッグを吸引するデジー。麻薬の効果にまどろみ、彼女は意識と時間の感覚を失う。
気付いた時には夜で、ヘイドリアンの店には飲酒目当ての客がたむろしていた。 店を出ようとしたデジーに、友人のコートニー(トゥルー・コリンズ)が飛びついてきた。彼女はしばらく連絡がつかなかった友人だったが。
その夜はコートニーに勧められるまま、デジーは店で酒とドラッグに溺れ、溜まった不満を吐き出すように語り続けるデジー。 またコートニーのパートナーであるロニー(リース・ウェイクフィールド)も店に現れ、個室でデジーとドラッグを服用しながら、ロニーのマネージャーであるダンテ(Jesse Merlin)をぜひ紹介したいと話すコートニー。そこにロニーが入ってくる。
コートニーとキスをするデジー。 そこにロニーも加わります。 酒とドラッグに溺れてゆく3人。 やがて服を脱ぎ捨てた3人は、体を重ね、恍惚の表情を見せるデジーとコートニーの、首から胸へと血が流れているのは幻覚なのだろうか?


ドラッグによる、幻想的な世界がどんどん恐ろしくなっていく作品ですね。
監督はジョー・べゴス、初めて作品を見ます。
主演はドーラ・マディソン、「ダーク・プレイス」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14256625 を記事にしています。
コートニー役はトゥルー・コリンズ、彼女は初めて見る女優さんでした。


物語は画家であるデジーのお話です。 売れない画家のデジーは、スランプに陥っており、エージェントにも見放されつつありました。 ギャラリーのオーナーに直談判をしようとしますが、憂さを晴らそうと、彼女はドラッグに手を出してしまいます。 そこに現れた友人のニッキー。そして誘われるまま、聞いたことのないドラッグに手を出してから、彼女の絵がだんだん進み始めます。


今作はジャンキーのお話のような展開を見せていきますが、そこから別の世界に入っていきますね。 現実なのか幻想なのか? しかしラストは残酷な展開が待っていましたね。


f:id:anttiorb:20210508180004j:plain

家賃が払えず

 

f:id:anttiorb:20210508180007j:plain

行き詰る彼女

 

f:id:anttiorb:20210508180010j:plain

そして彼女は

 

f:id:anttiorb:20210508180015j:plain

ドラッグに

 

f:id:anttiorb:20210508180023j:plain

そして狂ったように

 

f:id:anttiorb:20210508180027j:plain

描きまくり

 

f:id:anttiorb:20210508180030p:plain

そして…

 

f:id:anttiorb:20210508180033j:plain

 

君と世界が終わる日に Season1 ①

2021年作品、菅原伸太郎 中茎強 久保田充 演出、竹内涼真 中条あやみ 笠松将 飯豊まりえ出演。

その日、すべてが奪われた 。
三浦半島の南端に位置する三浦市。 自動車整備工の間宮響(竹内涼真)は人望が厚く、頼りがいのあるまっすぐな男。 同棲中の研修医の恋人・来美(中条あやみ)にプロポーズするつもりだったその日、響はいつものように職場に向かった。 世界が一変してしまうとも知らずに。
通勤途中、響は謎のトンネル崩落事故に巻き込まれ閉じ込められてしまう。 数日後、なんとかトンネルを脱出した響の前に広がっていたのは、不気味に人気のない荒廃した街。 そして、ようやく出会えた“その人”が振り返ると、なんとそれは生き血を求めて人間を食らう恐ろしい化け物だった。

“生ける屍”のような化け物たちに、恐怖でおののきながらも必死で逃げる響。 街はヤツらに占拠されてしまった。 急いで自宅アパートに戻るが、荒らされた部屋から来美の姿は消えていた。
生存者を探す響は近くの消防署に辿り着く。 しかし突然銃口を突きつけられ、銃を構えていたのは、響の同級生で警察官の等々力(笠松将)だった。 化け物に噛み付かれることで伝染する“謎の感染症”がパンデミックを起こし、避難指示が出ていたという信じられない事実を聞く響。 一方の等々力は、響に不穏な目を向ける。 二人の過去にはある“しこり”があった。
陸の孤島となった消防署に身を寄せていたのは警察官の等々力とその上司、本郷(大谷亮平)。女子大生・佳奈恵かなえ(飯豊まりえ)、三原紹子(安藤玉恵)と小学生の娘・結月(横溝菜帆)の親子、屈強なバイク便ライダー・吾妻(鈴之助)、引っ越しアルバイトの韓国人・ミンジュン(キム・ジェヒョン)とその上司の甲本(マキタスポーツ)。そして、壮年の男性・宇和島笹野高史)。 救助に来るはずだった“避難所”とは、昨日から音信不通になっていた。 断絶したライフライン、数を増す化け物、生存者の中に広がる恐怖。 極限状態の中、それでも来美が“避難所”にいると信じる響。
そんな中、夜が訪れると突然、不気味な咆哮が響き渡る。 化け物たちの動きは激しくなり、凶暴化!消防署はヤツらに包囲されてしまった。 響たち生存者は避難所を目指し、生きるか死ぬかの危険な脱出を決める。
『諦めなければ道は開く』 ピンチに次ぐピンチが襲う中、愛する人にもう一度会うため、“世界イチ諦めの悪い男”響の死と隣り合わせの壮絶なサバイバルが始まる。


演出は三人、菅原慎太郎「ブラック校則」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/11/25/060000 を記事にしています。
中茎強は、日本テレビのドラマを多く演出しています。
久保田充も多くの番組の演出を手掛けています。


物語は三浦半島に蔓延した原因不明の感染でした。自動車整備工場で働いている響、そして恋人のくるみ。 響はプロポーズするために指輪を渡すことを決めていました。 しかし世界は一変してしまいます。
日本での本格的なゾンビシリーズにするんでしょうね。日本テレビとHuluの共同制作で、この第1シーズンは日本テレビで放送、全10話ですね。

 

f:id:anttiorb:20210507144324j:plain

f:id:anttiorb:20210507144327j:plain

 

ラスト・バレット

2019年作品、フレデリック・プティジャン監督、ジャン・レノ サラ・リンド ジョー・アンダーソン デヴィッド・ジャーシー出演。

凄腕の殺し屋ヘンリー(ジャン・レノ)は、その日も厳重な警備に守られた大富豪ケスラー(Jean-Luc Olivier)をいとも簡単に始末する。 報酬さえ貰えれば、依頼主が何者かは問わない。 それが彼のスタイルであった。

普段は人里離れた山小屋で、孤独に平穏に暮らしているヘンリー。 そこは、人が訪ねてくることなどありえない場所だったが、ある日、彼は森で倒れている女(サラ・リンド)を保護する。 一方その頃、ケスラー殺しの犯人を追う警察、そして女の行方を追う謎の男たちがヘンリーに迫ってくるのだった……。


昨年の「未体験ゾーン」で公開された作品です。
監督はフレデリック・プティジャン、脚本が主ですが、初監督のようですね。
主演はジャン・レノ、「ローグ・シティ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/11/19/180000 を記事にしています。
サラ・リンドは、「ヒューマン・ハンター」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15418462 を記事にしています。


物語は、大富豪のケスラーが殺されました。 いつも厳重に守られている彼でしたが、サウナで殺されます。 しかし、いったい誰が密室で殺したのかさっぱりつかめません。 反抗を行なったのは凄腕のヘンリー、あっという間に脱出、そして彼は雪深い小屋に引っ込んでいきます。
一方、一人の女性が、身支度をしてひっそりとホテルを脱出します。 彼女はしっかりとお目付役のような男がついていましたが、彼女が向かった先は雪山でした。
さらに警察はケスラー暗殺事件の犯人を追っていました。


3つの視点から、多少時間軸が行ったり来たりするサスペンス。 殺し屋のヘンリーと、警察の二人以外は、何かあやふやな設定なんですが、ラストにも全貌が語られない感じが残ります。 しかし進行のタッチなどはなかなか面白かったですね。


f:id:anttiorb:20210507143227j:plain

f:id:anttiorb:20210507143233j:plain

f:id:anttiorb:20210507143238j:plain

f:id:anttiorb:20210507143241j:plain

f:id:anttiorb:20210507143256j:plain

f:id:anttiorb:20210507143301j:plain

f:id:anttiorb:20210507143307j:plain

 

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告

2020年作品、ティム・ヒル監督、ロバート・デ・ニーロ オークスフェグリクリストファー・ウォーケン  ユマ・サーマン出演。

妻を亡くしたこともあって、エドロバート・デ・ニーロ )は娘夫婦:サリー(ユマ・サーマン)とアーサー(ロブ・リグル)と同居することにした。 当面の間、エドは孫のピーター(オークスフェグリー)の部屋で暮らすことになったが、ピーターは「おじいちゃんに自分だけの部屋を奪われた」と不満を募らせていった。

ほどなくして、我慢の限界に達したピーターはエドを追い出すべく様々な悪戯を仕掛けたが、エドは意地になって部屋に居座ろうとした。 そして、ピーターの悪戯はどんどんエスカレートしていき、ついには大騒動に発展してしまう。


監督はティム・ヒル、作品を見るのは初めてのようです。
最近はこういう役も似合うデ・ニーロですね。「アイリッシュマン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/01/19/180000 は大作でしたが、制作にも入っていましたね。
ピーター役はオークスフェグリー、「ピートと秘密の友達」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14639786 でも主役をしていましたね。
そして久しぶりに見たユマ・サーマン、「二ツ星の料理人」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14211286 が一番新しい作品の記事ですが、近年の作品も見たい作品がありますね。


物語は、妻を亡くし一人暮らしになったエド、ちょっと偏屈なところのあるエドはショッピングモールで暴れてしまい、警察からお叱りを受けたのが娘のサリーでした。 そして同居をしようといいます。 しかしそのために割食ったのが三人の子供の中で唯一一人部屋をもらっていたピーターでした。

エドのために部屋を明け渡し、屋根裏部屋に移ることに。 抵抗しましたが、祖父に階段を何度も登らせることはできないと言われ渋々納得しましたが、そのことを新しく進学をした中学の友達に話すと、戦えと言われます。
そして彼もエドに宣戦布告をします。


今作はなかなか面白い祖父と孫の戦いですね。 多少笑えないところもありますが、一応ルールに沿って戦うことになっていきます。 しかし最後にはちょっと考えさせることをピーターが言うんですね。 大人もハッとする言葉、監督はそこを伝えたかったんでしょうね。

f:id:anttiorb:20210507142124j:plain

両親に説得されるピーターだったが

 

f:id:anttiorb:20210507142127j:plain

やっぱり自分の部屋が

 

f:id:anttiorb:20210507142151j:plain

いもうとはエドが大好き

 

f:id:anttiorb:20210507142158j:plain

友たちとゴルフに興じるエド

 

f:id:anttiorb:20210507142202j:plain

対決はヒートアップしていく

 

f:id:anttiorb:20210507142218j:plain

クリスマスと妹の誕生日は休戦

 

f:id:anttiorb:20210507142230j:plain

 

賭ケグルイ双 ⑧

2021年作品、英勉 長野晋也監督、森川葵 佐野勇斗 生田絵梨花 秋田汐梨出演。

三春滝(生田絵梨花)とのギャンブルを選んだ芽亜里(森川葵)。 謎を解き、宝箱に隠されたヒントを探す初戦の「宝探し」をつづら(秋田しおり)と戸隠(萩原みのり)と協力しながら拮抗した戦いを見せるも、三春滝のあまりの強さに怯んでしまう。

そんな芽亜里を鼓舞するのはつづらだった。 決心を決めた芽亜里に用意されていた2戦目は、1対1のギャンブルバトル。 ゲームの名は「限界ダイス」。 ディーラーを務めるのは壬生臣葵(佐野優斗)。限界まで思考を巡らすことが求められるギャンブルだ。

相手の心理を巧みに読み取れる三春滝によって早々にイカサマを暴かれ、ピンチに陥る芽亜里。 圧倒的な強さを誇る三春滝の前に敗戦必至と思われたが・・・。 JKギャンブラー早乙女芽亜里は、この勝負で新たなステージに駆け上がる―!


さて今回のシリーズの最終回ですね。 対決相手は三春滝咲良、もちろん強敵で、三人まで許される戦いになりますが、咲良は一人で十分といい、芽亜里は二人に協力を依頼します。 しかしこれが戦いの勝敗を決めることになっていきます。


そして勝負は決しますが、最後の芽亜里の啖呵がカッコいいんですよね。 しかしそのあと何があって今の芽亜里になってしまったのか? このシリーズの続編があるんでしょうか?f:id:anttiorb:20210505174036j:plain

f:id:anttiorb:20210505174039j:plain

f:id:anttiorb:20210505174042p:plain

f:id:anttiorb:20210505174044j:plain

 

耳に残るは君の歌声

2000年作品、サリー・ポッター監督、クリスティナ・リッチ ジョニー・デップ ケイト・ブランシェット ジョン・タートゥーロ出演。

1927年、ロシアの寒村。 ユダヤ人の少女フィゲレ(クローディア・ランダー=デューク)は、貧しいながらも父親(オレグ・ヤンコフスキー)と穏やかに暮らしていた。 しかし父は単身アメリカへ出稼ぎに。 祖母(Hana Maria Pravda)に預けられたフィゲレだったが、ある日村が焼き討ちに遭宇。 フィゲレは祖母から父の写真と金貨を持たされ、数人の仲間と共に逃げた。

港に到着するものの一人だけイギリス行きの船に乗せられてしまうフィゲレ。 赤十字に保護され、「スージー」と新しい名前を付けられる。 養家に引き取られたスージーだが、英語の分からない彼女は家にも学校にも馴染めず孤立していた。

ある日、学校のそばをジプシーの一団が通りかかる。 スージーは父がよく歌っていた歌を口ずさむ。 それを聞いた学校の教師(Alan David)がスージーの歌の才能に気づき、レッスンを重ねる。 数年後、美しく成長したスージークリスティナ・リッチ)はアメリカへ向かうため、歌唱力を武器にまずはパリへ移住するのだった。
パリでコーラスガールとして働き始めたスージー。 同じ職場の美しいロシア人女性ローラ(ケイト・ブランシェット)と同居し、意気投合した二人は楽しく暮らす。

ある夜、パーティーで仕事をしていた二人に運命的な出会いが訪れる。 スージーは悲しげな目をしたジプシーの青年チェーザー(ジョニー・デップ)と。 一方ローラはイタリア人オペラ歌手ダンテ(ジョン・タートゥーロ)に目をつけ近づく。 スージーとローラは、チェーザーとダンテが所属するオペラ団のオーディションに合格する。 ローラはダンテの恋人の座に収まり、スージーはチェーザーと惹かれ合うようになるのだった。


ユダヤ人少女の波乱万丈の生涯ですね。
監督はサリー・ポッター、「ジンジャーの朝 ~さよなら、わたしが愛した世界」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/11568813 を記事にしています。
主演はクリスティナ・リッチ、結構記事 https://anttiorb.hatenablog.com/search?q=クリスティーナ・リッチ を書いている女優さんですね。
ジョニー・デップは、「グッバイ、リチャード!」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/10/02/060000 が近作ですね。これは機中で見たので、当時は原題で記事にしていました。


物語はロシアで貧しいながらも父と祖母と暮らしていた少女・フィゲロのお話です。 しかし貧しさから、父はアメリカに出稼ぎに行くことを決心します。 祖母が彼女の面倒を見ますが、村が焼き討ちにあってなくなってしまいます。 そしてなんとか脱出した彼女は、イギリスへ。 そこでたまたま歌を認められ、英語を習い、そしてパリに出ていきます。 そこで出会いがあり、ここでも歌が認められ、コーラスガールで採用されます。しかし第二次大戦の影が忍び寄ってきます。


今作は、ちょっと伝記ドラマになりそうなお話ですね。 意外にコンビが多いリッチとジョニデで、今作ではジプシーのジョニデがちょっと目立たない感じの役でしたね。 なかなか面白い再会シーンは感動するお話でしたね。
f:id:anttiorb:20210505172658j:plain

f:id:anttiorb:20210505172704j:plain

f:id:anttiorb:20210505172707j:plain

f:id:anttiorb:20210505172709j:plain

f:id:anttiorb:20210505172712j:plain

f:id:anttiorb:20210505172715j:plain

 

るろうに剣心 最終章 The Final

2021年作品、大友啓史監督、佐藤健 武井咲 新田真剣佑 青木崇高出演。

かつては“人斬り抜刀斎”と呼ばれ恐れられた緋村剣心佐藤健)は、日本転覆を企てた志々雄真実(藤原竜也)との壮絶な戦いの後、神谷道場で穏やかな生活を送っていた。 しかし、何者かが東京中心部を相次いで攻撃し、剣心と仲間たちにも命の危険が及ぶ。 それからほどなくして剣心は、中国大陸の裏社会を牛耳る謎の武器商人で、剣心に強烈な恨みを持つ雪代縁(新田真剣佑)と相対することになる。


さて公開がこれも大幅に伸びましたね。
監督は今シリーズずっと大友啓史、「影裏」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/03/29/060000 が最近の作品ですね。
主演は佐藤健、「一度死んでみた」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/04/06/060000 に、ほとんどカメオ的に出演していました。
そして武井咲、「テラフォーマーズ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14106983 以来のしっかりした出演ですね。
今回の敵役は新田真剣佑、「ブレイブ -群青戦記- 」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/03/23/060000 に出演していました。もう少し経つと、邦画出演が止まるということですね。


物語はあれから数年が経ち、西南戦争も終わり、日本は新しい秩序ができていっています。 しかし、清国の上海マフィアの男が警察に逮捕され、しかし外国人の不逮捕特権で釈放されます。 そしてそれが合図になったように、東京の街に攻撃が始まります。
緋村剣心は、道場で、薫達と平和に暮らしていましたが、また動乱が戻ってきてしまいます。 そして彼の頬の十字の傷にまふあの雪代縁はなぜかこだわっていたことがが伝えられます。 そしてその話を聞いたことで、何か想いに耽る剣心。さらに剣心を狙ってくる縁の一派、さらに剣心を守るが如く仲間も集い始めます。


今作は一応の物語の決着編ですね。 しかし今作を描くことで、彼の描くの何があったのかが気になります。 それが再来月公開の「beginning」につながっていくんですね。そっちも見応えがありそうですね。


f:id:anttiorb:20210505170706j:plain

つかの間の平和

 

f:id:anttiorb:20210505170709j:plain

しかしそれも

 

f:id:anttiorb:20210505170714j:plain

この男の出現で

 

f:id:anttiorb:20210505170716j:plain

再び動乱が

 

f:id:anttiorb:20210505170724j:plain

巻き起こって行く

 

f:id:anttiorb:20210505170730j:plain

平和を取り戻すために

 

f:id:anttiorb:20210505170734j:plain