anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―

2021年作品、ティラー・ラッセル監督、ジェイソン・クラーク ニック・ロビンソン ジェニファー・ユン ジミ・シンプソン出演。

「世界を変えたい」天才的な頭脳に恵まれたロス(ニック・ロビンソン)は、自由な世界を求め、表では絶対に買えない違法物を匿名で売買できる闇サイトを立ち上げた。〈シルクロード〉と名付けたサイトは、瞬く間に熱狂的なブームを巻き起こし、栄華を極める。 ハデな動きですぐに警察にマークされるが、ロスは絶対に身元がバレない強固なシステムを創り上げていた。 そんなロスを追う捜査官の中に、一人のはぐれ者がいた。リック・ボーデン(ジェイソン・クラーク)、問題行動を起こし、麻薬捜査課からサイバー犯罪課へ左遷された男だ。 アナログ全開で足手まといのリックだったが、独自の捜査でロスとの接触に成功する。  リックが考えた驚愕の捜査方法とは?そして二人を待つ運命とは──?

監督はティラー・ラッセル、作品を見るのは初めての監督でした。
ボーデン刑事役はジェイソン・クラーク、「悪魔はいつもそこに」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/01/24/060000 に出演していました。
ニック・ロビンソンは、「フィフス・ウェイブ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14085629 に出演していました。

なんでも簡単に買えるAmazonその他のネット販売ですが、もちろん変えないものはあります。 法的にNGなものは言うまでもありませんが、その規制を掻い潜って販売できるのなら、めちゃくちゃ儲かるし、人と接触しないで買えるなら、怖いところに行く必要もなく、これは盲点なのかもしれませんね。
このロスが考えたやり方はある意味天才的なことであり、時代がちょうど合っていたという奇跡的な巡り合わせもありますね。 でもそれを突破したのがアナログ男だったのが皮肉ですね。 一応実話ベースであり、人間のドラマの側面もあり、あの少女が可愛かったですね。


f:id:anttiorb:20220126194354j:plain

f:id:anttiorb:20220126194357j:plain

f:id:anttiorb:20220126194406j:plain

f:id:anttiorb:20220126194409j:plain

f:id:anttiorb:20220126194422j:plain

f:id:anttiorb:20220126194424j:plain

f:id:anttiorb:20220126194433j:plain

f:id:anttiorb:20220126194436j:plain

 

見える子ちゃん ⑥

2021年作品、小川優樹監督、雨宮天 本渡楓 佐倉綾音 中村悠一声の出演。

第十一話 見る?

現実世界でヤバそうな『人間』を尾行する。  それは、とてもとても危険な行為。 相手は同じ世界で生きる『人間』。  時には現実に危害を加えられることも…。  それでもみこ(雨宮天)は、善の後をつけることを決意する。  善を取り巻くヤバいやつらが、ハナ(本渡楓)を弱らせているであろうことは明白。  向こう見ずな勇気を振り絞り、みこは単身、ヤバそうな『人間』と対峙することに――

第十二話 見える子ちゃん

みこの勇気に端を発した行動により、善(中村悠一)への誤解は氷解、
更に善に取り憑いた異形の存在たちも消え去った。  怖がるだけでなく向き合うことで現状が変わる――
みこの心にも少し変化が訪れた模様で……。  見えないだけでヤバいやつらはどこにでもいる――ほら、貴方の隣にも。  しかし、正しく向き合い対処すれば、どうにかなる……かもしれない。

善の友達の獣医のサトル役は興津和幸、「アイの歌声を聴かせて」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/11/10/060000 でゴッちゃん役をしていました。

さて第1シーズンのエンドですが、実は善がいいやつだったことがわかります。 でもそんな前は幼少期の辛い体験が、いまだに引きずっている、それもどうしようもなく切ないものが彼に付き纏っていたんですね。 もちろん善の性格も気になりますが、もしかしたらここから彼が少しずつ変わっていくのかもしれませんが、それはあってほしい第2シーズンでの話なのかもしれませんね。


f:id:anttiorb:20220125194849j:plain

f:id:anttiorb:20220125194851j:plain

f:id:anttiorb:20220125194856j:plain

f:id:anttiorb:20220125194859j:plain

f:id:anttiorb:20220125194907j:plain

f:id:anttiorb:20220125194909j:plain

 

傲慢な花

2022年作品、モニカ・ミッチェル監督、アリッサ・ミラノ サム・ペイジ エミリー・ウラアップ マシュー・アーロン・フィンラン出演。

グレイス・ミラー(アリッサ・ミラノ)は人気ミステリー作家。 洞察力には定評があり、ファンも大勢いる。
グレイスは久しぶりにワシントンの実家に帰った。 妹のキャスリーン(エミリー・ウラアップ)に呼ばれたのだ。 キャスリーンに会うのは5年ぶり。
キャスリーンがグレイスを呼んだのは、息子のケビンのことで力になって欲しかったからだった。 一時期、キャスリーンは薬物依存症になったが、今では立ち直り、高校の教師をしている。 けれど夫のジョナサン(David Lewis)とは離婚し、親権は彼に取られてしまったので、何とか息子を取り返したいということだった。
妹のことが心配なグレイスは、数日実家にとどまることにした。 翌日、グレイスは隣人のエド・ジェニングス(サム・ペイジ)と知り合う。 エドは気さくで親切な男で、殺人課の刑事だった。
グレイスの小説の愛読者だったエド、2人はすぐに意気投合した。 その夜、グレイスはエドと食事を共にした。 楽しい時間を過ごし、グレイスは家に帰った。
しかし、呼んでもキャスリーンの返事はない。 部屋に入ると、床にキャスリーンが横たわっていた。キャスリーンはすでに息をしていなかった。

監督はモニカ・ミッチェル、見ようと思っていたクリスマス作品がありましたが、来年回しになりました。
主演はアリッサ・ミラノ、「コマンドー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/7967289 にまで遡ってしまうんですね(^^)
サム・ペイジは、「セルフレス/覚醒した記憶」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14396971 を記事にしています。

典型的な推理サスペンスですね。 というのも、妹を殺されたグレイス自身がミステリー作家で、警察に対しても顔が効きますし、読者が多い様ですね。 また警察の想像よりも深い推理をすることで、女性の上司も彼女をあてにし始めるところはちょっとフィクション感が強いですね。
犯人はすぐにわかってしまいますが、オーソドックスな刑事ドラマ、殺人事件という感じでした。


f:id:anttiorb:20220125193250j:plain

f:id:anttiorb:20220125193254j:plain

f:id:anttiorb:20220125193303j:plain

f:id:anttiorb:20220125193305j:plain

f:id:anttiorb:20220125193311j:plain

f:id:anttiorb:20220125193313j:plain

f:id:anttiorb:20220125193319j:plain

 

真夜中乙女戦争

2022年作品、二宮健監督、永瀬廉 池田エライザ 篠原悠伸 安藤彰則出演。

4月。上京し東京で一人暮らしを始めた大学生の“私”(永瀬廉)。  友達はいない。 恋人もいない。 大学の講義は恐ろしく退屈で、やりたいこともなりたいものもなく鬱屈とした日々の中、日雇いバイトの帰り道にいつも東京タワーを眺めていた。  「かくれんぼサークル」で出会った冷酷で凛々しく聡明な“先輩”(池田エライザ)に惹かれつつも、人の心を一瞬で掌握してしまう不思議な男“黒服”(柄本 佑)と出会ったことで、“私”の退屈だった日々は一変。

廃墟に作った映画館で映画を見ては、他愛のない悪戯を繰り返す二人だったが、ささやかだった叛逆は徐々に過激さを増していき、全ての退屈を破壊する“真夜中乙女戦争=東京破壊計画”に着手する。  12月25日未明。痛々しくも眩しい物語は、予測不可能なラストへと加速していく。

監督は二宮健、「とんかつDJアゲ太郎」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/11/11/060000 に出演していました。
主演は永瀬廉、「弱虫ペダル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/08/23/060000 で主演をしていました。 King & Princeのメンバーですね。
先輩役は池田エライザ、「映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/06/11/060000 に出演していました。
黒服薬は柄本佑、「先生、私の隣に座っていただけませんか?」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/09/19/060000 に出演が近作です。

一回この世界をぶっ壊したくなる衝動って、誰しも多少はあるのかもしれませんね。 この世界は今よりも少し暗い世界の様な感じがしますが、だからこの黒服と私の2人だけの空間に集ってくるんでしょう。
今作で興味深いのは、ラスト近くに、「もし〜だったら?」という世界がチラッと描かれるんですが、これがコロナ禍の世界なんですね。 そこが逆にこの世界と真逆の、でも感染症蔓延の世界との対比になっていて、どちらに転んでもどうなのかな? と思わせますね。

 

f:id:anttiorb:20220125192607j:plain

f:id:anttiorb:20220125192610j:plain

f:id:anttiorb:20220125192614j:plain

f:id:anttiorb:20220125192617j:plain

f:id:anttiorb:20220125192624j:plain

f:id:anttiorb:20220125192628j:plain

f:id:anttiorb:20220125192633j:plain

f:id:anttiorb:20220125192635j:plain

 

見える子ちゃん ⑤

2021年作品、小川優樹監督、雨宮天 本渡楓 佐倉綾音 中村悠一声の出演。

第九話 見たことある

ヤバイやつは特定の『人間』の側にもいる。  それが偶然なのか、目をつけられたのかは分からない…… ただ、ヤバいやつらを引き連れるように彼らは常に一緒にいる。  産休の担任に代わって、新たに赴任してきた教師・遠野善(中村悠一)。  彼はかつてみこ(雨宮天)たちに仔猫の里親として名乗り出た人物だった。  そして、そのときと変わらず、善の周囲にはヤバそうな猫の化け物の姿が……

第十話 見るな

現実世界にだってヤバそうな『人間』はいる…… 猫の化け物を引き連れた新担任の遠野善。  善の周りで日々増えていく猫の姿をした異形…… 相まって街の野良猫は次第に減り、善の手に付着した赤黒い血――。  更には猫の化け物だけでなく、善の側には見るからにヤバいやつまで現れて……。  本当にヤバいのは異形の存在の方か、それとも……

いよいよ本格的に登場する遠野先生、一体彼の周りにいる猫の霊たちはなんなのか? みこの目に見える霊たちはどれも恐ろしい形相ですね。
そして前回に現れた謎の狐の巫女たち、3回は守ってくれると思い込んでいるみこですが。


f:id:anttiorb:20220124202424j:plain

f:id:anttiorb:20220124202426j:plain

f:id:anttiorb:20220124202429j:plain

f:id:anttiorb:20220124202434j:plain

f:id:anttiorb:20220124202438j:plain

f:id:anttiorb:20220124202441j:plain

 

ドント・レット・ゴー -過去からの叫び-

2019年作品、ヤコブ・アーロン・エステス監督、デヴィッド・オイェロウォ ストーム・リード ミケルティ・ウィリアムソン アルフレッド・モリナ出演。

ある日の夜、ジャック・レッドクリフデヴィッド・オイェロウォ)の元に姪のアシュリー(ストーム・リード)から電話がかかってきた。 そのただならぬ様子から緊急事態が発生したのは明らかだったが、ジャックが詳細を聞き出す前に電話が切れてしまった。 不安になったジャックが弟夫婦の家を訪ねると、一家は皆殺しにされていた。 悲しみに暮れるジャックが酒を飲んでいると、アシュリーの携帯から電話がかかってきた。 ジャックは「これは心霊現象か、それとも、ついに俺は正気を失ったのか」と思ったが、真実はそのどちらでもなかった。 何らかの理由で、ジャックの携帯は過去の世界にいるアシュリーの携帯と繋がったのである。 アシュリーのいる世界はジャックのいる世界の2週間前の世界であった。
ジャックは過去の世界のアシュリーと協力して、事件の発生を未然に食い止めることにしたが、そのためには事件の真相を解明する必要があった。 つまり、ジャックは2週間弱で真実を突き止める必要に迫られたのである。

監督はヤコブ・アーロン・エステス、記事にした作品は初めてです。
主演のジャック役はデヴィッド・オイェロウォ、「カオス・ウォーキング」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/11/24/060000 に出演していました。
アシュリー役はストーム・リード、「透明人間」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/07/21/060000 に出演していました。

タイムパラドックス作品ですね。 ただこの設定は被害者が過去にいて、生存している刑事のジャックが未来にいるという設定。 普通は武器を持ってなんとか未来を変えるという存在が過去にもいるということが、未来を変える大前提なんですが、今作はちょっとその逆設定がもどかしい展開になっています。 さらに運命を変えられない人間は、やはり過去に大きな罪を犯しているということも、なんか因果を感じますね。
ただ、変わった未来には、死んだはずの人間が何人か生存しているということもあるかもしれないなあと思って見ていましたが。


f:id:anttiorb:20220124201810j:plain

f:id:anttiorb:20220124201808j:plain

f:id:anttiorb:20220124201826j:plain

f:id:anttiorb:20220124201829j:plain

f:id:anttiorb:20220124201837j:plain

f:id:anttiorb:20220124201840j:plain

f:id:anttiorb:20220124201844j:plain

f:id:anttiorb:20220124201849j:plain

 

でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード

2021年作品、ウォルト・ベッカー監督、ダービー・キャンプ ジャック・ホワイトホール アイザック・ワン トニー・ヘイル出演。

僕の名前は、クリフォード。 実は、大きな問題を抱えてまして…。 僕まだ正直右も左もわからない子犬なんですけど、朝起きたら、でっかくなっちゃってたんです。 どうやら僕をニューヨーク・マンハッタンの公園で拾ってくれた寂しがり屋のシティガール・エミリー(ダービー・キャンプ)の愛情の分だけでっかくなっちゃったらしいのです。 それだけでも僕の人生、大問題なんですが、さらになぜか大企業の社長さんが僕のことをさらおうとするんです…。

しかもかなり手荒く。 でも、エミリーも、友達のオーウェンアイザック・ワン)も、そしてエミリーのおじさんケイシー(ジャック・ホワイトホール)も、さらに変わりものの近所の人たちも僕を守るのに大奔走してくれて。 果たして、これからどうなっちゃうんでしょうか、僕…。

監督はウォルト・ベッカー、記事にした作品はまだありませんでした。
エミリー役はダービー・キャンプ、「クリスマス・クロニクル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/12/21/180000 と続編 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/12/22/180000 に出演していました。
ケイシーおじさん役はジャック・ホワイトホール、「ジャングル・クルーズ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/08/06/060000 に出演していました。

邦題から、一気に大人になったのか?と思いましたが、ただ単にデカくなる、そういう作品でしたね。 もちろん遺伝子操作でもなく、人工的にではなく、魔法の力なんですね。 じゃあ一体誰が魔法をかけたのか?
そもそも魔法って本当は人間の強い願いからくるものですよね。 主人公が何かを強く願った時、魔法使いがその願いを叶えるのが定番、じゃあエミリーはどうしてこの願いをしたのか? それがこの作品のテーマであり、クリフォードも最後どうなるのかも予想を超えていました。


f:id:anttiorb:20220124201409j:plain

f:id:anttiorb:20220124201412j:plain

f:id:anttiorb:20220124201420j:plain

f:id:anttiorb:20220124201422j:plain

f:id:anttiorb:20220124201428j:plain

f:id:anttiorb:20220124201430j:plain

f:id:anttiorb:20220124201435j:plain