anttiorbの映画、映像の世界

不定期で、旅ブログも立ち上げます!

デアデビル シーズン3 ⑨

2018年作品、ジェニファー・リンチ監督、チャーリー・コックス デボラ・アン・ウォール エルデン・ヘンソン ヴィンセント・ドノフリオ ジョアンヌ・ウォーリー ジェイ・アリ ウィルソン・ベセル スティーヴン・ライダー出演。

第9話 非情な真実

マット(チャーリー・コックス)は自分の母親が、シスターのマギー(ジョアンヌ・ウォーリー)だった事を知り愕然とする。 神父(ピーター・マクロビー)に何故秘密にしていたのか? 問いただすが、神父はマギーがいずれ自分の口からマットに伝える事を願って秘密にしていたと伝える。
若い頃のマギーは、ボクシングの試合を初めて観に行った時に、マットの父親・ジャック(ジョン・パトリック・ヘイデン)にセコンドにつくように頼まれる。 興味本位のマギーはセコンドにつき、マウスピースや水の補給をし、タオルで汗を拭く。 そして間近で試合を観戦する。 これが、マギーとマットの父親の初めての出会いだった。 そして二人は恋に落ち、マットが生まれた。 だが、マギーは産後の鬱で、心ここにあらずで育児放棄をし、教会へ連れて行かれる。 マギーがマードック家を最後にした瞬間である。
ナディーム捜査官(ジェイ・アリ)は、上司の自宅で聞き取り調査を受ける。 その中で、管理官へフィスク(ヴィンセント・ドノフリオ)とデックス(ウィルソン・べセル)の内部調査を依頼する。
上司の自宅で、衝撃的な事実が発覚し、ナディーム捜査官はフィスクに従わざるを得ない状況になるのだが、フィスクの力をまざまざと見せつけられる。

中盤お恐ろしい展開がまさにこの回でした。 ナディームが段々と自分の行動に疑問を感じ始め、デックスを怪しみ始めます。 しかしもうそれは遅かったんですね。
フィスクのやり方は、ただ力で押さえつけるのではなく、詳細に自分に不利な発言をしそうな人間を調査し、弱みを掴んで、さらに危険をちらつかせ、気がついたらがんじがらめになっているということですね。 これがFBIを牛耳っている、作品はある地域に限定されていますが、これがアメリカ全土に行き渡ったら、恐ろしいことですね。

 

 

ザ・ギフト

2015年作品、ジョエル・エドガートン監督、ジェイソン・ベイトマン レベッカ・ホール ジョエル・エドガートン アリソン・トルマン ティム・グリフィン ビジー・フィリップス デヴィッド・デンマン出演。

新天地で幸せな家庭を築く夫婦サイモン(ジェイソン・べイトマン)とロビン(レベッカ・ホール)の前に、夫の高校時代の同級生ゴード(ジョエル・エドガートン)が現れる。 ゴードは25年ぶりの再会を喜び、2人にプレゼントを贈り始める。 だが、徐々にエスカレートしていく贈り物に2人は違和感を覚えるように。 そして、2人の周りで異変が起き始め、ゴードが仕掛けた恐ろしい“ギフト”の真相を知ることになる。

監督そしてゴード役でジョエル・エドガートン、「ある少年の告白」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15943950 でも監督、出演をしていました。
サイモン役がジェイソン・ベイトマン、「AIR/エア」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2023/04/10/060000 に出演でした。
ロビン役がレベッカ・ホール、「ゴジラxコング 新たなる帝国」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2024/05/03/060000 に出演でした。

今は妻の方が経済的にしっかりしていますが、夫もやっと地位を確保しつつある、そんな夫婦ですが、二人が選んだ新居は夫のサイモンの育った近くの土地でした。 まあこれがサイモンの失敗でしたね。
冒頭の二人の再会なんですが、ここでは彼が本当に忘れていたのか? それとも惚けていたのか? もしかしたら、もうここでとんでもない男だということがわかってしまいます。
ラストは色々ゾッとする展開でしたが、まず間違い無くあの男は破滅でしょうね。

 

ハロルド・フライのまさかの旅立ち

2023年作品、ヘッティ・マクドナルド監督、ジム・ブロードベント ペネロープ・ウィルトン アール・ケーブ リンダ・バセット ダニエル・フログソン Naomi Wirthner ポール・ソーンリー ジョイ・リチャードソン クレア・ラッシュブルック イアン・ポーター アンドリュー・レオン Tigger Blaize出演。

定年退職したハロルド・フライ(ジム・ブロードベント)は、妻モーリーン(ペネロープ・ウィルトン)と共に平凡な生活を送っていた。 

そんなある日、北の果てから思いがけない手紙が届く。 差出人は、かつて働いていたビール工場の同僚クイーニー(リンダ・バセット)で、ホスピスに入院中の彼女の命はまもなく尽きるという。 返事を出そうと家を出たハロルドだったが、クイーニーにどうしても伝えたい思いがあった彼は手ぶらのまま歩き始める。

監督はヘッティ・マクドナルド、監督作は2作目のようですが、前作は未見でした。
ハロルド役をジム・ブロードベント、「クリスマスとよばれた男の子」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/12/25/180000 に出演でした。
妻のモーリーン役はペネロープ・ウィルトン、「オペレーション・ミンスミート ―ナチを欺いた死体―」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/02/28/060000 に出演でした。
息子のデヴィッド役はアール・ケーブ、初めての俳優さんでした。

初老の男がいきなりイングランドを南から北に歩いて移動するという決心をして歩き出す、ロードムービーです。 発端はある一通の手紙でした。 返事を出しに行こうと初めは近くのポストに、そして郵便局に、しかしある人の言葉から、実際に手紙を渡しに行く、いや言葉をかけようと決めます。 妻に途中電話を入れますが、妻は冷たく、呆れて切ってしまいます。
驚くのは途中で余計なものはいらないと言って、キャッシュカード、クレジットカードを家に送り返してしまうんですね。
お金を持たず歩き出すハロルドですが、普通なら途中で倒れてしまって最悪死んでしまうと思いますが。


どうして、この元同僚のクイーニーに会いにかなきゃならないほどのことなのかは、旅をしながらだんだんわかってきて、途中まではおかしな人物に会ったり、親身に助けてくれる人間が出たりで、心温まる雰囲気なんです。 しかしクライマックスはちょっときつい過去が描かれます。
でも秀作でしたね。

 

デアデビル シーズン3 ⑧

2018年作品、トア・フレイザー監督、チャーリー・コックス デボラ・アン・ウォール エルデン・ヘンソン ヴィンセント・ドノフリオ ジョアンヌ・ウォーリー ジェイ・アリ ウィルソン・ベセル スティーヴン・ライダー出演。

第8話 降り止まぬ衝撃

ナディーム捜査官(ジェイ・アリ)はデアデビルから聞いた、偽デアデビルFBI捜査官との話しから、同僚のデックス(ウィルソン・べセル)を疑い始める。 ナディーム捜査官はデアデビルと落ち合い、デックスが怪しいと告げ、彼の部屋を捜索して証拠が見つかれば火災報知器をならして消防車を呼ぶように指示する。 なぜなら、消防車が来れば捜査令状がいらないからだ。
夜、ナディーム捜査官はデックスをFBI本部に呼び寄せ、その隙に2人で部屋を捜索する。 デックスの部屋の隠し金庫から偽デアデビルのスーツの臭いを感じ取ったデアデビルは、デックスが偽デアデビルだと確信する。 デックスは、自分の事がわからなくなり不安にさいなまれていた。
デックスはジュリー(Holly Cinnamon)を怖がらせた事を詫び、ただ君のことを尊敬していて、君のようになりたかったんだと、今自分は不安で君のような人が必要なんだと切実に語る。 ジュリーは、デックスを助けるけど、失望させないでねと言い、デックスは勿論と、ほっとした顔でうなずく。
ジュリーが自宅に帰ると、部屋に塗装業者がおり、壁を塗り変えているところだった。ジュリーが大家さんにいれてもらった? と聞いた所、作業員に銃で頭を打ち抜かれる。 そんな場面を、フィスク(ヴィンセント・ドノフリオ)は監視カメラで一部始終見ていた。
夜、デックスはジュリーに連絡をとろうとするが繋がらない。昼間は助けると言っていたのに、電話にも出ない。

この回もフィスクの怖さが出る回ですね。 もうデックスを完全に取り込んでいますが、念には念の入れようが凄まじいですね。 彼が引っ張られる恐れのある人間も消していきますが、後々にこれが・・・
ナディームに関してもデアデビルとの出会いが転機になっていきます。 しかし徹底的にマットはあのコスチュームを着ませんね。


 

13の選択

2014年作品、ダニエル・スタム監督、マーク・ウェバー デヴォン・グレイ ダニエル・スタム トム・バウアー ルティナ・ウェスリー ロン・パールマン プルイット・テイラー・ヴィンス出演。

シェルビー(ルティナ・ウェスリー)との結婚を控えるエリオット(マーク・ウェバー)は、病気を持つ弟・マイケル(デヴォン・グレイ)とわがままな父(トム・バウアー)の介護で借金が10万ドルに膨らみ、真面目に働いていた会社にも理不尽な扱いを受けクビになってしまう。 

身も心も限界に近づいていたある晩、車に一人乗っていたエリオットの携帯が鳴る。 それは、車内にいるハエを殺せば1千ドル入金するというもので、エリオットは疑いつつもハエを潰してみると、携帯に入金の知らせが入る。 驚くエリオットに、さらに電話の主は13のゲームをクリアしたら6百万ドルが得られるというゲームへの参加を誘ってくる。 本気にできないエリオットだったが、次の“殺したハエを食べなさい”という指令を実行、再び入金されると彼の中に小さな興奮が生まれるのを実感するのだった。ゲームをすべてクリアしなければ賞金は没収されるという条件を聞かされたエリオットは、ゲームの続行を決意。やがて彼は過激化する不条理なゲームを次々とクリアしていくが。

監督はダニエル・スタム、初めての監督でした。
エリオット役がマーク・ウェバー、「グリーンルーム」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14742797 に出演でした。
マイケル役がデヴォン・グレイ、「この世に私の居場所なんてない」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/09/10/060000 に出演です。

これはタイ映画のリメイクでした。 「レベル・サーティーン」という作品ですが、今のところ見れる環境にはないようです。 でもなかなか面白い作品ですね。
経済的に追い込まれた主人公、でも結婚を控えなんとか金を工面しなくてはなりませんが、偏屈な父親、障害を持っている弟、追い詰められた時に一本の電話が、これが悪魔の誘いなんですね。


なんか、日頃は怪しい勧誘には乗らない人間も、ある環境におあかれるとその誘いに乗ってしまうのかも知れませんね。 ラストはひやっとしますね。

 

ドライブアウェイ・ドールズ

2024年作品、イーサン・コーエン監督、マーガレット・クアリー ジェラルディン・ヴィスワナサン ビーニー・フェルドスタイン コールマン・ドミンゴ ペドロ・パスカル ビル・キャンプ マット・デイモン マイリー・サイラス アニー・ゴンザレス ジョーイ・スロトニック アビー・ヒルデン ヘイリー・ホームズ コニー・ジャクソン出演。

ガールフレンドと破局した自由奔放なジェイミー(マーガレット・クアリー)と、堅物で自分の殻を破れずにいる友人のマリアン(ジェラルディン・ヴィスワナサン)。 そんなふたりは日々の生活に行き詰まりを感じ、気分転換に車の配送=ドライブアウェイをしながらドライブ旅行へ出発する。 だが、運転中のアクシデントがきっかけで車のトランクから謎のスーツケースを発見。

一方、そのスーツケースを取り戻したいギャングたちは、ふたりを追って車を走らせるのだった。 ジェイミーとマリアンは、危険が迫る状況にも関わらずこのドライブ旅行をエンジョイしようと、目的地のフロリダ州タラハシーへと向かうのだが……。

監督はイーサン・コーエン、「サバービコン 仮面を被った街」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15508491 を記事にしています。
マーガレット・クアリーは、「哀れなるものたち」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2024/01/30/060000 に出演です。
ジェラルディン・ヴィスワナサンは、初めての女優さんでした。

一応ロードムービーですが、こういう車の配送という仕事が、アルバイト感覚であるんですね。 さすが広いアメリカならではですが、もちろん劇中のような落書きは禁止だと思います。
結構コーエン作品なんで、ゲストキャストが豪華ですが、結構大胆な作品ですね、冒頭から。
適当にギャグも散りばめた基本コメディタッチのお話でしたが。

 

デアデビル シーズン3 ⑦

2018年作品、トア・フレイザー監督、チャーリー・コックス デボラ・アン・ウォール エルデン・ヘンソン ヴィンセント・ドノフリオ ジョアンヌ・ウォーリー ジェイ・アリ ウィルソン・ベセル スティーヴン・ライダー出演。

第7話 爪痕

マスコミ各社はブレティン襲撃の犯人はデアデビルだと一斉に報道。 フィスク(ヴィンセント・ドノフリオ)はペントハウスに隠し部屋を作っており、監視のFBIの動きやニュースを掌握していた。 尋問されたカレン(デボラ・アン・ウォール)はあれはデアデビルではない、別人だと主張する。 ナディーム捜査官(ジェイ・アリ)は、フィスクとの取引の代償は大き過ぎたのではと懸念を抱く。
マット(チャーリー・コックス)はデビルスーツを作ったメルビン(マット・ジェラルド)に会いに行き、フィスクに強要されスーツを作らされたと知る。 そして新しい工房に案内されるとメルビンはマットを閉じ込めようとする。 それはFBIに突入させ、マットを偽のデアデビルに仕立て上げるワナだった。 メルビンは恋人ベッツィを殺すとフィスクに脅されていた。 メルビンはFBIに捕まる前に、マットに偽者はFBIだと明かす。

確かにあのデアデビルのスーツを作れるのは一人ですね。 ということは正体を知っている、寸法を測っているということですから。 やはりフィスクに脅されているということが判明、しかしメルビンも意外に強いことはわかります。 まあそれくらいじゃないと、裏の仕事は受けることはできませんからね。