anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

賭ケグルイ双 ⑦

2021年作品、英勉 長野晋也監督、森川葵 佐野勇斗 生田絵梨花 秋田汐梨出演。

葵(佐野優斗)から善咲会への入会を懇願される芽亜里(森川葵)の前に立ち塞がる思わぬ敵、それは三春滝咲良(生田絵梨花)だった。 葵の許嫁でもある彼女は、芽亜里に固執する葵に複雑な感情を抱いている様子だ。 決闘の前日、芽亜里に思わぬ来客が訪れる。 それは、外ならぬ三春滝だった。

「明日、決戦の場に来ないでくれ」そう話す三春滝は、条件として文芸部の賭場使用料、つづらの家畜解放料に十分な額を芽亜里に渡すことを提案する。 さらに、彼女は葵の過去についても語り始める。 三春滝の驚きの行動に翻弄される芽亜里。 要求を受け入れるのか? それとも三春滝との決戦に挑むのか? 芽亜里が下した決断とは?


今回は完全に芽亜里の物語の聞き役に徹している蛇喰夢子役は浜辺美波、「約束のネバーランド」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/12/23/060000 が近作の出演でした。
そして鈴井涼太役は高杉真宙、「バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/04/19/060000 に出演していました。
生徒会ではありませんが皇伊月役は松田るか、「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/11/16/060000_1 に出演していました。


さて、今回なんと戦いになっていくのは三春滝となってしまいます。 生徒会のメンバーである彼女は聚楽からある情報を吹かれます。 今まで鉄の意思を持っていたように振る舞っていた彼女が乱れていき、そして対決になっていきます。


今回はちょっと悲しい戦いになっていくんですね。 今作の主役の1人が生ちゃんなんですが、見せ場であり、女優としてのスキルを見せてくれます。

 

f:id:anttiorb:20210505173525j:plain


f:id:anttiorb:20210505173528p:plain

 

ナンシー・ドリューと秘密の階段

2019年作品、カット・シア監督、ソフィア・リリス ゾーイ・レネー マッケンジー・グレアム アンドレア・アンダース出演。

母が亡くなり弁護士をしている父のカーソン(サム・トラメル)と共に田舎に引っ越してきたナンシー・ドリュー(ソフィア・リリス)。 父は鉄道によって村が開発される事に反対運動している。
ナンシーは洞察力や行動力に優れたスケボー少女。 スクールカーストでは迫害されがちな真面目グループに属している。 化学が得意な親友がいじめられたのでナンシーは頭脳と行動力で地元の名士のバカ息子に仕返しする。
だが少々やりすぎてしまい社会奉仕活動を命じられる。 それで清掃してたらイジメ仕返ししたバカ息子のデレク(Evan Castelloe)の彼女ヘレン(ローラ・ウィッジンズ)その叔母のハンナ(アンドレア・アンダース)と知り合う。
話を聞くと叔母さんの屋敷が、夜になると壁から人の話し声が聞こえたり引き出しが勝手に開いたりロウソクが宙を舞ったり黒い人影が屋内を彷徨ったりと霊障に困っているらしい。 ナンシーはその卓越した推理力で人助けするチャンスそして退屈な奉仕活動から逃れるチャンスだと思い、叔母さんの屋敷に赴き幽霊屋敷事件を解決する事になる。


このナンシー・ドリューは有名なシリーズものなんですね。
監督はカット・シア、作品を見るのは初めての監督です。
主演はソフィア・リリス、「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/12/09/060000 では若い時のベバリー役をしていましたね。
父のカーソン役はサム・トラメル、「リベンジ・リスト」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14995628 でギブソン刑事役をしていました。


物語は母が亡くなりシカゴから引っ越してきた少女ナンシー・ドリューのお話です。 友達が屈辱な動画を挙げられたことで、三人で復讐をしたナンシー。 しかしやりすぎて、色んな方面に迷惑と損害を与えたことで、奉仕活動2週間を命じられます。 しかしその動画を上げた男の彼女のヘレンとその叔母のハンナと出会ったことで、ある事件のことを知ります。
ハンナの家で起る不可思議な現象、彼女はその事象を解き明かそうと、今まで仲の悪かったヘレンと協力しておばさんを救うことを決めます。 しかしその事件が根深く、彼女の父にも魔の手が伸びてきます。


なかなか面白いお話のミステリーなんですが、UーNEXTでもオリジナルドラマが作られたようですね。 配役は違うようですが、ちょっと興味が湧くシリーズです。

 

f:id:anttiorb:20210505172137j:plain

f:id:anttiorb:20210505172141j:plain

f:id:anttiorb:20210505172140j:plain

f:id:anttiorb:20210505172141j:plain

f:id:anttiorb:20210505172145j:plain

f:id:anttiorb:20210505172147j:plain

f:id:anttiorb:20210505172151j:plain

 

SNS-少女たちの10日間-

2020年作品、バルボラ・ハルポヴァー ヴィート・クルサーク監督、テレザ・チェジュカー アネジュカ・ピタルトヴァー サビナ・ドロウハー出演。

巨大な撮影スタジオに3つの子供部屋を造り、幼い顔立ちの18歳以上の3名の女優が“12歳・女子”という設定のもと、部屋に設置されたパソコンを使いSNSで友達を募集した。 すると、2,458名もの成人男性がコンタクトを取り、卑劣な誘いを仕掛けてきた。

精神科医、性科学者、弁護士や警備員など専門家の万全なバックアップやアフターケアを用意し、10日間撮影を続けた。 すると、撮影されているとは気づかず、未成年に対する容赦ない欲望の行動は徐々にエスカレートし、児童への性的搾取者が徐々に本性を現し始める……。


チェコ映画ですが、ショッキングな内容であり、これはチェコだけの問題ではないでしょうね。
監督は二人、バルボラ・ハルポヴァーとヴィート・クルサークですが、そもそもチェコのドキュメンタリーはなかなか見る機会はありませんね。


二人が、SNSでの幼児虐待問題を取り上げるために、12歳くらいに見える女優のオーディションから始まります。 多くの女優さんが、子供っぽい服装で面接を受けますが、選ばれたのはテレザ・チェジュカー アネジュカ・ピタルトヴァー サビナ・ドロウハーの三人でした。
セットを作り、三人の12歳の少女が過ごすだろう部屋を作り、それはSNSをするときに背景が映るからです。 そして、架空の名前でアカウントを作り、2つのツールでSNSに登録します。 そして開設直後からコンタクトが殺到します。
そして会話を始めますが・・・


今作は大きな問題提起をしていますね。 自分の逸物をあからさまに写し、少女に送りつけていく者、そしてこちらもプロのヌードを撮らせてくれるモデルさんを使い、フェイクのセクシー画像を撮って、粘着質な相手に送ると、それを逆手にとって、さらに卑猥な要求をしてくる者、ここまでくると脅迫です。 さらに撮影班は実際に男達と会う設定もしていきます。


ただ、この作品の中で、たった一人だけ、まともな男性が登場し、彼だけはボカシがなくなっていきます。 そして被験者役の女優さんが感動のあまり涙するところ、見ているこちらも泣けてくる誠実さでした。 しかしここで泣けるってことは、いかに下衆な輩が多いってことなんですよ。 こうはなりたくない、そう肝に銘じる作品でした。

f:id:anttiorb:20210505170212j:plain


f:id:anttiorb:20210505165852j:plain

 

 

f:id:anttiorb:20210505165858j:plain

 

f:id:anttiorb:20210505165905j:plain

選ばれた3人

 

f:id:anttiorb:20210505165908j:plain

そして万全のスタッフが

 

f:id:anttiorb:20210505165914j:plain

撮影を開始する

 

f:id:anttiorb:20210505165917j:plain

たった一人まともな男性が

 

f:id:anttiorb:20210505165921j:plain

 

賭ケグルイ双 ⑥

2021年作品、英勉 長野晋也監督、森川葵 佐野勇斗 生田絵梨花 秋田汐梨出演。

凪との激戦を終えた芽亜里(森川葵)は、葵(佐野優斗)にある場所へ連れていかれる。 そこには家畜を含む多くの生徒たち、そして、三春滝(生田絵梨花)、凪(犬飼貴丈)の姿も。

この組織は「善咲会」という名で、ギャンブルで学園を支配する生徒会、そして会長である桃喰綺羅莉(池田エライザ)を打倒するためのものだと葵は宣言する。 ギャンブルが強い人間に金を集め、生徒会を転覆する計画を立てている葵は、芽亜里をこの善咲会に招き入れたいと申し出る。 迷う芽亜里は1日の猶予を持って返事を出すと答えるが、一方で善咲会内部でも様々な思惑が錯綜し、事態は予想もしない方向に向かっていくのだった。


生徒会メンバーでは西洞院百合子役は岡本夏美、「Back Street Girls -ゴクドルズ-」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/04/17/180000 を記事にしています。
五十嵐清華役は中村ゆりか、「ラーメン食いてぇ!」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15421884 を記事にしています。
黄泉月るな役は三戸なつめ、今作以外では出演作を見ていませんが、このシリーズでの女性役者陣では彼女が最年長なんですね。 でも一番幼く見えますが。


さて、姿を表した善咲会。 一連の葵の芽亜里に対する干渉は、ただ彼女のギャンブルの才能でした。 しかし、芽亜里は少し考える時間が欲しいといいます。 しかしそんな勧誘に反対の考えを持っていたのが、三春滝でした。 彼女は葵の許嫁、彼女は芽亜里の参加に反対し、辞退することを条件に1000万円を与えるといい出します。そして芽亜里の選択は?


f:id:anttiorb:20210504081925j:plain

f:id:anttiorb:20210504081927j:plain

f:id:anttiorb:20210504081930j:plain

f:id:anttiorb:20210504081934j:plain

 

業界怪談 スペシャル

2020年作品、原佑基、小林未緒、馬場友佳里ディレクター、三浦翔平出演、小田切千語り。

様々な職業があふれる現代社会。 業界の中の人が物語る「業界怪談」はリアルな恐ろしさにあふれている。 戦時中の空襲で大量の人骨が出てくる建設現場。 夜ごと現れる不思議な女性の正体は?一組の若夫婦が突然消えたアパート。 清掃を始めると赤ちゃんの泣き声が。 番組では、空前の山ブームの「登山業界」、東京五輪で大盛況の建築業界、遺品整理で話題の「清掃業界」。 とっておきの「業界怪談」を再現VTRと当事者の証言で描く。

これは面白かったです。
語り部として三浦翔平が担当しています。「天外者」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/12/18/060000 を記事にしています。
ナレーションとして小田切千NHKのアナウンサーの方ですね。

3つの単独番組、シリーズの総集編のようなスペシャル版で放送されました。
初めは「清掃編」清掃業者のプロが四人集まり、遺品整理の仕事の時に起こった怪異、アパートの清掃の時に起こった怪異。 自殺や、不審死が起こった場所を清掃するときは、事前に教えてもらうのが通常ですが、その開示がなく、隣人、近所の人が教えてくれる場合が多いなど、なかなか興味深い体験談が語られています。
そして次は「建設編」、建設のプロの三人が語る、現場で起こる怪異のお話です。 東京の下町を掘り起こすと、必ずと言っていいほど人骨が出てくるお話、またお稲荷さんを移動すると、いい事が起きない。 さらに井戸を埋めることを嫌う職人が多いなど。
最後は「登山編」、登山の時出会った不思議な男が、ずっとついてくる、さらには巫女に出会うことなど、山の怪異を語ってくれる三人のプロの山に携わる人たち。

レギュラー化になるとこれは面白いと思いますが、なかなか取材が大変でしょうね。 公に語っていいことなのか? そこも気をつけて制作したほうがいいのかもしれませんね。


f:id:anttiorb:20210504081207j:plain

f:id:anttiorb:20210504081210j:plain

f:id:anttiorb:20210504081219j:plain

f:id:anttiorb:20210504081222j:plain

 

サタニックパニック

2019年作品、チェルシー・スターダスト監督、ヘイリー・グリフィス ルビー・モディーン ジェリー・オコンネル レベッカ・ローミン出演。

アメリカの南部の高級住宅地。裕福な住民が住み、白い服の少女が路上でホップスコッチをして遊んでいる。 とある1軒の邸宅。 その家の娘ジュディ(ルビー・モディーン)は男とベットで行為中だった。 母親が怒り、ジュデイに暴力を振るい、自分に迫って来るその姿に、大声で悲鳴を上げた相手の男だった。 そんな人々に縁の無い下町のピザ屋。

配達人の同僚にオーストラリアへの憧れを歌った、自作のダサいフォークソングの動画を見せるサマンサことサム(ヘイリー・グリフィス)がいた。 失笑を買ってサムは動画を見せたことを後悔していた。 そこにピザのデリバリーの注文が入る。 同僚2人はやっかいな地区の配達をサムに任せ、今日が初日の彼女は、何だか判らぬまま引き受けてしまうのだった。
店主から5ドル要求されたサム。 配達用の保温バックの保証金、戻ってくれば返すとの事。 ガソリン代も無いサムには厳しいルールだった。 何かとモーションをかけてくる同僚の勘違い男のダンカン(AJ Bowen)から、配達する地区はチップ代の少ないケチな場所と教えられたサム。 しかも雨の中、ベスパのミニバイクでの配達だった。「Two fuzzy bunnies:2羽のフワフワうさぎちゃん」と繰り返し唱え、心を落ち着かせてサムは出発する。
最初に配達先では、同じサム(Jerry O'Connell)という名の男が受取人。 全米に700万人のサムがいる、サムは互いに助けあうのが「サムの掟」だと、荷物運びを手伝えと頼んできた。 断り切れず手伝うサム。 運び終え渡されたチップは、アップルビーズの期限切れのクーポン券。 他の家でオシッコをかけるプレイに協力すれば12ドル出すと言われ、偏屈そうな婆さんから親切にも、爺さんの遺品の加齢臭付きセーターを渡される。
散々な目に遭い店に戻ったサム。 そこにミルベイシン地区から注文が入ったと告げる店主。 そこは配達エリア外で、面倒な場所のようですがサムは引き受けた。
バイクを走らせミルベイシンに入ると、白いドレスの女の子が手を振ってくれた。 目的の大邸宅に到着するサム。 豪華な屋敷にも関わらず、玄関で受け取った無愛想男はすぐドアを締めた。 レシートを見るとチップ分が加算されていない。 おまけにミニバイクはガス欠で動家内ので、サムは半分キレてチップを頂こうと屋敷に戻る。
ドアをノックしても反応は無く、入れる扉を探すサム。 鍵の開いていた扉から中に入ると、どよめきと拍手が聞こえてきた。 広間に向かうと何やら集会が開かれていました。 中央に立つ女、ダニカ(レベッカ・ローミン)の話を傾聴する男女だちだった。


これも悪魔の儀式ものですが。
監督はチェルシー・スターダスト、日本公開は初めての監督のようです。
ヘンリー・グリフィスは、初めて今作で見る女優さんです。
ダニカ役はレベッカ・ローミン、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/11667902 に出演していました。


物語はピザの配達のバイトを始めたサマンサのお話です。 しかし容姿の駄作、いつもいじられるキャラの彼女、初めての配達もなかなか苦労してやっています。 そしてみんなが嫌がる高級住宅地に配達に行くサム。 しかしチップ分がなくとうとう彼女はチップ代を要求しに入ったところが、怪しい儀式の真っ最中でした。 そして初めは相手にされませんでしたが、彼女が処女だということから逆に狙われていきます。


今作は冒頭に謎ののどかな画像が入っているんですが、実はこれがラストにつながっていきます。 危機一髪のどんでん返しが、ちょっと強引な作品でした。


f:id:anttiorb:20210504075807j:plain

ピザ屋の仕事をし始めたサム

 

f:id:anttiorb:20210504075815j:plain

しかし入った家は

 

f:id:anttiorb:20210504075818j:plain

何かおかしい

 

f:id:anttiorb:20210504075823j:plain

そこで行われていたのは

 

f:id:anttiorb:20210504075826j:plain

友と合流したが

 

f:id:anttiorb:20210504075832j:plain

リーダー格の女

 

f:id:anttiorb:20210504075837j:plain

 

賭ケグルイ双 ⑤

2021年作品、英勉 長野晋也監督、森川葵 佐野勇斗 生田絵梨花 秋田汐梨出演。

文芸部の賭場の強制執行を免れるために生徒会会計、壬生臣葵(佐野勇斗)が指名する相手との勝負を言い渡された芽亜里(森川葵)。 その男は学園でもランキングトップ常連の凄腕ギャンブラー、上下凪(犬飼貴丈)。 人を読み、相手を丸裸にするという。 対戦に挑む芽亜里に対し、横柄な態度をみせる凪。

2人が対戦するゲームは「フルカウント・ブラックジャック」。 13枚のカードを使ったブラックジャックの変則的ゲームで、より高度な心理的駆け引きが要求される。 「心まで折ってやるよ」そう言って、ゲーム序盤から芽亜里を挑発する凪。 平常心を失い、劣勢に立たされる芽亜里だったが、勝負の結末は、思いもかけない展開を迎えるのだった―。

上下凪役は犬飼貴丈、「ぐらんぶる」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/08/18/060000 でダブル主演の一人でしたね。ここでも坂道の与田ちゃんと共演でした。
桃喰綺羅莉生徒会長は池田エライザ、今回は生徒会主流部は脇役なんですが、彼女は存在感はやはりありますね。「騙し絵の牙」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/04/04/060000 でも肝の役をしていました。
新渡戸九役は小野寺晃良、「ひだまりが聴こえる」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15007876 が金策ですが、彼が一方の語り部役をしていますね。


さて、フルカウント・ブラックジャック」で、葵から対決指定を受けたのが上下凪でした。 高圧的で、精神的に揺さぶるという戦いのやり方の凪で、芽亜里はペースを乱されます。 どんどん追い詰められる芽亜里でしたが、彼女はどん底から起死回生の奇策を披露します。 しかしそれはただの通過点、葵は芽亜里にさらなる誘いをかけます。

 

f:id:anttiorb:20210503082411j:plain

f:id:anttiorb:20210503082413j:plain

f:id:anttiorb:20210503082418j:plain

f:id:anttiorb:20210503082420j:plain