anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ひだまりが聴こえる

2017年作品、上條大輔監督、多和田秀弥、小野寺晃良、高島礼子出演。

中学時代、推薦で高校が決まった直後、高熱を発してしまった杉原航平(多和田秀弥)は、そのためか難聴を患ってしまった。 そして彼は大学に進学をする。
佐川太一(小野寺晃良)はいつも腹をすかしている1回生。 同じ学部の横山智紀(三津谷亮)と仲が良くつるんでいるが、学食で食べる金もない。
腹をすかしてキャンパスを歩いていると、一人で弁当を食べている航平と会う。 物欲しそうに近づいて行くと、なんと航平はその弁当をくれ、行ってしまう。 しかし太一は航平のことは知らずただ弁当を頬張るだけだった。
航平は誰とも馴染まず、笑う事もない。 航平が難聴なのを知っている手話サークルの先輩女史が勧誘をしてくるが、まったく興味を示さない。  彼は手話をしないし、まったく聞こえないのではなかった。 ゆっくり大きな声で話してくれれば聞こえる、そして唇を読む方を選んでいた。
弁当箱を返そうと航平を探していた太一は、横山から航平の事を聞く。 彼は授業内容をしっかり把握するためにノートテイカーを募集していた。 授業に出て、教師の話をしっかりノートに取り彼に渡す役目だった。
そして航平は、その日の昼の弁当をあげることで、太一にノートテイカ―を頼み、それは太一にとっても嬉しい事だった。 実は太一の声は人一倍通る声で、航平は太一の声だけははっきり聞こえていたのだった。
航平の母・涼子(高島礼子)は料理学校をしていて、お弁当は彼女が作っていた。 そして太一の好物がハンバーグだと知ると、航平はあることを考え着く。
一方、太一にのところに、横山から頼まれごとが来る。 それは自分の従妹の女の子と会ってほしいという事だった。 彼女のいない太一は喜んで待ち合わせの喫茶店に行くと、その子は航平を紹介して欲しいというのだった。 仕方がないかと諦める太一だったが、その子は航平のことを自分とは違う目線で見ていた。 太一は思わずその子を怒鳴ってしまう。
しかしこの件から二人の間に誤解が生じていくのだった…

原作はコミックスなんですね。 文乃ゆき原作でデビュー作、続編も出ているようです。
監督は上條大輔、前作 「KABUKI DROP」 は未見です。 主演は多和田秀弥、本格的なドラマ作品の映画は初めてのようですね。 そしてもう一人が小野寺晃良、私は初めてでした。
そして久しぶりに高島礼子をスクリーンで観た気がしました。 近作はでも昨年の「ボクの妻と結婚してください。」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14548572.html なんですがね(^^)
物語はこの二人の大学生が、ちょっともどかしい間になっていくんですね。 天真爛漫で、誰とでも打ち解ける佐川太一、一方難聴になってから、他人と違う扱いを受けることによって、どんどん心を閉ざしていってしまった杉原航平。 そんな二人がキャンパスで出会い、そしてどんどん近づいて行くんですが、見ながら???という感情を持って行くんですね。
予備知識なく飛び込んで鑑賞したこの作品、表現はきつくないんですがほのかなBL作品ということが、じわじわわかってくるんですよね。 でもドロドロ感が無く、ちょっと修正すれば男の友情という範疇に入るとも言えますが。
見終ったあとはBL映画だった! という感情に支配されますが、難聴者に対するちょっとした健常者の方向性のずれた気遣い、非常に難しい問題を含んだ作品でした。

イメージ 1
いつもは横山とつるんでいる太一

イメージ 2
航平はいつも一人だった

イメージ 3
弁当がきっかけで航平のノートテイカーをすることになる

イメージ 4
太一の声は人一倍通る

イメージ 5
二人はどんどん近くなっていく

イメージ 6