anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

空白

2021年作品、吉田恵輔監督、古田新太 松坂桃李 田畑智子 藤原季節 寺島しのぶ出演。

港町で働く漁師の添田充(古田新太)は、無骨ですぐ怒鳴る短気な男。 添田のもとで働く若者の野木(藤原季節)の失敗も、容赦なくののしり罵倒する。 また、シングルファーザーでもある添田は、一人娘の中学生の花音(伊東蒼)にも厳しい父親だった。別れた妻・翔子(田畑智子)から与えられた携帯電話を持つ花音にも、「携帯はまだ早い」と怒鳴り、おかげで添田に学校のことを相談しようとした花音は何も言えなくなってしまった。
ある日、花音は町の小さなスーパーで万引きをしてしまう。 スーパーの店長・青柳(松坂桃李)にその現場を見られ、追いかけられた末に、悲惨な事故がおこってしまった。
花音は追いかけられて車道に飛び出し、女性が運転する乗用車に轢かれ、起き上がろうとしたところを後ろから来たトラックにまた轢かれて引きずられた。
娘のことなど無関心だった花音の父親でしたが、ふためと見られない程損傷の激しい娘の遺体を見て号泣する。
そして、せめて花音の万引きの汚名を晴らそうと、青柳を激しく追及。 そのうちに、その姿も言動もストーカーを脱した恐るべきモンスターと化し、青柳の人生を握りつぶしていく。

悲しみと切なさと、憤りを感じる強烈な作品でしたね。
監督は吉田恵輔、「愛しのアイリーン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15684641 「ヒメアノ~ル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14181600 と、心が抉られる作品を作る監督ですね。 前作は見逃してしまったので、配信に乗れば見ようと思います。
主演は古田新太、「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/07/01/060000 に出演していました。
松坂桃李は、「孤狼の血 LEVEL2」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/08/27/060000 がまだ公開中ですね。
田畑智子は、「おらおらでひとりいぐも」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/11/14/060000 に出演していました。

物語はある気の荒い漁師のお話です。 短気な彼は妻と別れ、でも娘は彼が育てています。 しかし高圧的な添田は、唯一の部下にも、娘にも、周りの人間にも全て威張り散らしている感じで生きていました。 娘の花音は、学校でも存在感がなく、いじめというよりも誰からも相手にされない空気みたいな存在でした。 ただ母親とは定期的に会い、母の翔子だけが理解者でした。
しかし携帯を父に見つかり捨てられた次の日、花音は万引きをしてしまい、それを店長の青柳に見つかり、逃げ出した後事故に遭いそして死んでしまいます。 父から譲り受けたスーパーの店長の青柳は、呆然としてしまいます。 そして初めに轢いてしまった乗用車の運転をしていた女性も取り乱し、そしてやり場のない怒りと悲しみを添田は青柳にぶつけていきます。

今作は、本当に不幸が重なったお話ですね。 誰も得をしないお話がどんどん深みに転がっていく、そんな感じですね。 ただ言えるのは、添田にもう少し思いやりがあれば、青柳にもう少しやる気があったら、学校にもう少し配慮があったら、こんなことは起きなかった。 かもしれないなあと思いました。 辛いお話でした。

 

f:id:anttiorb:20211002070027j:plain

漁師の添田

 

f:id:anttiorb:20211002070134j:plain

担任教師もただ厳しくするだけだった

 

f:id:anttiorb:20211002070100j:plain

事故現場で泣き崩れる母

 

f:id:anttiorb:20211002070056j:plain

添田の怒りは店長に

 

f:id:anttiorb:20211002070141j:plain

現場に連れて行き土下座させる

 

f:id:anttiorb:20211002070259j:plain

初めに轢いてしまった女性とその母

 

f:id:anttiorb:20211002070156j:plain

そして群がるマスコミ

 

f:id:anttiorb:20211002070205j:plain