anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ヒメアノ~ル

2016年作品、吉田恵輔監督、森田剛濱田岳佐津川愛美ムロツヨシ出演。

岡田進(濱田岳)は清掃会社で働きながらも、漫然と過ぎていく時間に不安と孤独を募らせていた。 今日もなんとなく仕事をしていたら、建設中のビルの内装の床を汚してしまった。 そんな中、岡田は同じ清掃会社で働く、更に冴えない先輩の安藤勇次(ムロツヨシ)に旨くとりなして貰い、彼が意外に良いことを言ったのに驚いてしまう。 そして二人は結構仲良くなる。
安藤は岡田にあることを言い始める。 それは、コーヒーショップ店員の阿部ユカ(佐津川愛美)に恋をするようになっており、岡田はそれはそれは本気だったのだった。しかし自分で告白するなんて無理で、ただ運命の人と位置づけているのだった。 それはまったくそのとおりで、安藤には高嶺の花だった。
安藤はその店でよく見る金髪の男が気になっていた。 しかし岡田はその男を知っていた。 それは同じ高校の同じクラスにいた森田正一(森田剛)だった。 知り合いなら、この店にどうしてくるのかを聞いてほしいと安藤に言われ、森田に確かめるが、彼は初めて来たと言うのだ。
さらに安藤は、ユカに彼氏がいるのかを岡田に確かめさせる。 しかしユカから、実は金髪の男がよく来て、近頃ストーカーに付きまとわれていて、それが森田じゃないかと疑っていることを聞く。
仕方なく携帯番号を教えあった森田を誘い、呑みに行くが、森田からうまくはぐらかされてしまう。 しかしそのとき森田は気になることを言うのだった。 「自分たちはもう最底辺にいて、もう一生ここにいるしかない。 つまらない夢なんて見てもだめ」 そうちょっと強い口調で、ひねくれたことを言い切るのだった。
親のホテルで働いている和草(駒木根隆介)は、たびたび会社の金を使い込んでいた。 恋人で事務をしている久美子(山田真歩)に、ごまかして調達させているが、だんだん度が過ぎていて、彼女は心配を始めていた。 実は彼はある男に脅されているのだった。 なんとそれが森田だった。
そして恐ろしい事件がこの後起こり始めるのだった・・・

古谷実原作の漫画の実写映画化ですね。 彼の原作の映画化は、「ヒミズ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/7400684.html を園子音監督で作られていますが、園監督は、だいぶ自分の色に染めてしまうので、今作の方が忠実なんでしょうね。
監督は吉田恵輔、「麦子さんと」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13615399.html 「銀の匙Silver Spoon」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11222442.html を見ていますが、さらに旧作も見たいと思っている監督です。
前半はゆるいさえない男の恋路から始まり、岡田にユカがなびいてしまう皮肉なコメディの様相なんですが、タイトルカットが入るところから、お話は一変します。 これはしっかりR15ですから、怒涛の展開、グロさ全開となっていくんですね。
なんといっても森田役の森田剛がめちゃくちゃ良いですね。 V6のメンバーだと岡田准一が俳優として一本立ちをしていますが、今回の森田君はすさまじく良いですね。ただ、この“森田”役が凄いというだけでなく、開き直りと、弱さが同居している感じが秀逸なんですね。
この作品、どんどん最悪の展開になっていきますが、ラストシーンがものすごく切なく悲しい。 思わず涙が出るんですが、私の後ろの席の女の子が号泣していました。その気持ち、痛いほどわかりましたから。 あのラストで、ただのグロいサスペンスの雰囲気が一変します。 なかなか引き込まれる作品でした。

イメージ 1
なんとなく仲良くなった二人

イメージ 2
安藤の意中の人は岡田が

イメージ 3
壊れる安藤

イメージ 4
一方森田は

イメージ 5
彼を脅していた

イメージ 6