anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

おらおらでひとりいぐも

2020年作品、沖田修一監督、田中裕子 蒼井 優 東出昌大 濱田 岳出演。

昭和、平成、令和をかけぬけてきた75歳、ひとり暮らしの桃子さん(田中裕子)
ジャズセッションのように湧き上がる“寂しさ”たちとともに、賑やかな孤独を生きる――
1964年、日本中に響き渡るファンファーレに押し出されるように故郷を飛び出し、上京した桃子さん(蒼井 優)。 
あれから55年。 結婚し子供を育て、夫と2人の平穏な日常になると思っていた矢先…突然夫(東出昌大に先立たれ、ひとり孤独な日々を送ることに。 図書館で本を借り、病院へ行き、46億年の歴史ノートを作る毎日。
しかし、ある時、桃子さんの“心の声=寂しさたち”(濱田岳青木崇高宮藤官九郎が、音楽に乗せて内から外から湧き上がってきた!孤独の先で新しい世界を見つけた桃子さんの、ささやかで壮大な1年の物語。
 
ファンタジーというんでしょうか?
監督は沖田修一、「モリのいる場所」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15529556 を記事にしています。
主演は田中裕子、「ひとよ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/11/30/060000 が近作ですね。
そして蒼井優、「スパイの妻<劇場版> 」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/10/28/060000 が公開中です。
 
物語は、夫に先立たれた桃子さん、最近変な自分と同じ格好をした男3人が現れるようになってきた。 「誰だ?」と聞くと「おらだばおめだ」と言う。 それは自分の心の声の‟寂しさたち”だという。 かかりつけの医師に相談しても、それは大きな都会の病院に相談してほしいとさらりと言われてしまいます。
そして桃子さんは、自分の生涯を振り返ますが、そうすると昔の自分や、若かったころの夫も出てきます。 しかしもちろん今の生活もしっかりと営んでいるんですが。
 
今作は最近の沖田監督の傾向が現れていますね。 前作も実際の人物の伝記的作品でしたが、ちょっと幻想的なファンやジー要素も入っていました。 今作はより内面的な部分でのファンタジーで、より濃く描かれていましたね。 私はもう少し昔の作品のテイストが好きなんですがね。
 

f:id:anttiorb:20201112191806j:plain

桃子さんと寂しさたち

 

f:id:anttiorb:20201112191816j:plain

そして幻想

 

f:id:anttiorb:20201112191822j:plain

病院にも現れる

 

 

f:id:anttiorb:20201112191828j:plain

そして若き日の二人

 

f:id:anttiorb:20201112191833j:plain

さらに息子の小さい頃も

 

f:id:anttiorb:20201112191838j:plain

そして若き日の夫も

 

f:id:anttiorb:20201112191843j:plain