anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

シチリアーノ 裏切りの美学

2019年作品、マルコ・ベロッキオ監督、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ ルイジ・ロ・カーショ マリア・フェルナンダ・カンディド ファブリツィオ・フェラカーネ出演。

1980年代初頭、シチリアでマフィアの全面戦争が激化。 抗争の仲裁に失敗したパレルモ派の大物ブシェッタ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)はブラジルに逃れたものの、残された家族や仲間達が報復を狙うコルレオーネ派により抹殺された。
ブシェッタはブラジルで逮捕され、イタリアに引き渡されることに。 そしてマフィア撲滅に執念を燃やすファルコーネ判事(ファウスト・ルッソ・アレシ)から捜査協力を求められる。
ブシェッタは麻薬と殺人に明け暮れ堕落した犯罪組織コーザ・ノストラに失望しており、コーザ・ノストラの血の掟に背き、固い信頼関係で結ばれたファルコーネに組織の罪を告白する決意をするが……。
 
これは大作でした。
主演はピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、近作は「ラッシュ/プライドと友情」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13530460 ですが、「家の鍵」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/6036795 が秀作でした。
ファウスト・ルッソ・アレシは、記事にした作品はありませんでした。 でも今作の判事役は良かったですね。
 
物語は、シチリアの抗争が激しくなった時、ブシェッタは抗争の仲裁に失敗し、身を引くことにし、ブラジルに行ってしまいます。 ブラジルで新しい家庭を作り、イタリアでの抗争から離れたブシェッタでしたが、ある日いきなり地元警察に逮捕されます。 名前を変えていましたが、もう周到に調べられていました。 しかし、イタリアでのブシェッタの家族が皆殺しにされ、その背後に裏切り者がいること。 自分がいたコーザ・ノストラがすっかり変わってしまったことから、今までの実態を暴露することにします。
 
今作は実録物のようですね。 昔の仲間、抗争相手は、彼の証言は全て嘘だと、抵抗していきますが、その中で彼の息子を殺した人間がわかり、そして唯一生き残った仲間とともに、アメリカで暮らしていき、しかし彼は転々と居所を変えて、落ち着いた生活ができなくなっていき、またイタリアでの証言のため、家族はアメリカに残し、危険なイタリアに残ることになります。
多くのマフィアが逮捕され、おそらく抗争の組織は大きな打撃を受けたんでしょうけど。
 

f:id:anttiorb:20200910190004j:plain

彼の組織

 

f:id:anttiorb:20200910190008j:plain

しかしブラジルへ

 

f:id:anttiorb:20200910190015j:plain

しかしイタリアの噂が入ってくると

 

f:id:anttiorb:20200910190021j:plain

逮捕され、説得を受け

 

f:id:anttiorb:20200910190023j:plain

実態を暴露することに

 

f:id:anttiorb:20200910190043j:plain

組織は揺らぐ

 

f:id:anttiorb:20200910190047j:plain