anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

明日の食卓

2021年作品、瀬々敬久監督、菅野美穂 高畑充希 尾野真千子出演。

とある母親が、息子の「ユウ」に怒りをぶつけていた。 母親が「ユウ」を壁に叩きつけると、「ユウ」は倒れ込み、動かなくなってしまう。
静岡在住の専業主婦の石橋あすみ(尾野真千子)は、小学五年生の息子の優(柴崎楓雅)、家族思いの夫・太一(大東俊介)と、幸せな家庭を築いていた。 優は聞き分けがよく、利発で、あすみにとって天使のような存在。 同じ敷地の別宅に義母(真行寺君枝)も住んでいるが、お互い干渉しあわず、適切な距離で接していた。 あすみは、通っている書道教室で、菜々(山口紗弥加)という女性と親しくなり、彼女とのランチやティータイムを楽しむようになる。
東京に住むフリーライター留美子(菅野美穂)は、小学5年生の長男・悠宇(外川燎)と、次男の巧巳(齋藤勇真)という、やんちゃ盛りのふたりの息子の子育てにてんてこ舞い。 夫の豊(和田聰宏)はカメラマンとして仕事が忙しく、家事や育児には協力せず、まるで3人目の息子のよう。 留美子は育児のドタバタをブログに書き留めていた。 そこには「静岡に住むユウくんママ」からのコメントがあり、同い年の男児を育てているのに、穏やかに暮らしている様子が書かれていた。 ブログの人気もあり、少しずつライターの仕事も増えてきた留美子とは対照的に、豊は雑誌の仕事を失い、昼間から家で酒を飲み、怠惰に過ごすように。
大阪に住むシングルマザーの加奈(高畑充希)。 若き日に夫と別れた彼女は、朝と夜はコンビニ、昼はクリーニング工場で働いている。 コツコツと返済してきた借金もまもなく完済。 加奈は、息子の勇(阿久津慶人)のため、がむしゃらに働き、勇の前ではいつも笑顔で元気に過ごしていた。 だが、勇は、母が本当は無理をしていることを知っており、素直に甘えられなくなってしまっていた。 ある日、勇の担任の先生から呼び出しを受ける加奈。 クラスメイトの西山の給食費が無くなって、それが勇の机から出てきたんだそう。

前半と後半の色の違いがすごいですね。
監督は瀬々敬久、「糸」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/08/31/060000 が近作ですが、新作も公開されていくようです。
主演は三人、菅野美穂は「恋妻家宮本」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14714319 以来の劇場版出演ですね。
尾野真知子は、「ヤクザと家族 The Family」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/02/04/060000 が近作ですね。
高畑充希は、「ヲタクに恋は難しい」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/02/14/060000 以来の主役ですね。

物語は三人の石橋家のお話です。 それぞれ“ゆう“という同い年の息子がいますが、もちろんそれぞれ環境が違います。 そして一見それなりにうまくいっているように見えた家庭が、表裏一体で何かどす黒い部分を抱えていました。


今作はなかなか衝撃的な部分を色々はらんでいますね。 三人は留美子のブログで薄くつながっていますが、実はこのブログを読んでいるもう一人がいるんですね。 テーマも色々散りばめられていて、現実感を盛り上げています。

しかし後半は見ていて苦しい現実が迫ってきます。 一体どの息子が命を落としてしまうのか? そこはこう来るかという感じでしたが。


f:id:anttiorb:20210611211957j:plain

留美子と

 

f:id:anttiorb:20210611212000j:plain

兄のゆうと弟と

 

f:id:anttiorb:20210611212004j:plain

あすみと

 

f:id:anttiorb:20210611212008j:plain

息子のゆう

 

f:id:anttiorb:20210611212013j:plain

加奈と

 

f:id:anttiorb:20210611212017j:plain

息子のゆう

 

f:id:anttiorb:20210611212021j:plain