anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

バックドラフト

1991年作品、ロン・ハワード監督、カート・ラッセル ウィリアム・ボールドウィン ロバート・デ・ニーロ スコット・グレン出演。

1971年。幼いブライアン少年(ライアン・トッド)はシカゴ消防局の第17分署に務める消防士の父デニス・マカフレイ(カート・ラッセル)の出動に同行するが、父はその目の前で部下アドコックス(スコット・グレン)を庇って殉職する。
現在。 ブライアン(ウィリアム・ボールドウィン)は一度は逃げ出した消防学校を卒業し、消防士になる事が決まった。 ブライアンの兄スティーブン(カート・ラッセル2役)もまた父に憧れて消防士の道を進み、父と同じ第17分署に隊長として務め活躍していた。

ティーブンは弟を快く招くように振る舞い、自らの第17分署へ配属させるが、消防士としてエリートである兄と落ちこぼれの弟には確執があった。 しかしやがてブライアンは、完璧に見える兄にも悩みがあることを知る。 スティーブンはその強情な性格によって妻子と別居状態で父のオンボロ船に寝泊まりしており、また消防士としても強引なやり方が出世を妨げていた。 そんな兄弟たちを、今や最年長の消防士であるアドコックスが時に助言しながら見守る。
この頃、シカゴでは爆発的に火が回るバックドラフトによって死人が出る火災が起こっていた。 元消防士でベテランの火災調査官であるドナルド・リムゲイル(ロバート・デ・ニーロ)は、これが巧妙な放火事件であると見抜く。 有力市議会議員で、予算合理化の一貫として消防署や消防士の削減を進めるスウェイザク(J・T・ウォルシュ)は、事件捜査の進捗を気にしており、慎重なリムゲイルに痺れを切らし、リムゲイルに助手を宛がおうと考える。

スウェイザクの秘書のジェニファー(ジェニファー・ジェイソン・リー)はブライアンの元恋人であり、ブライアンの出世になればと推薦するが、ブライアンは検討もせずスウェイザクの勧誘を断る。兄のシゴキにも耐え消防士としての日々を重ねるブライアンであったが、しかしある日の現場で兄との消防士としての決定的な差を痛感した敗北感から、消防士を辞め調査官助手へ転属する。


なぜか今まで見ていなかった作品ですね。
監督はロン・ハワード、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15584641 が近作ですね。
主演はカート・ラッセル、「クリスマス・クロニクル PART2」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/12/22/180000 が近作です。
そしてウィリアム・ボールドウィン、記事にしている作品は、「硝子の塔」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15220613 ですね。


物語は消防士一家の2代にわたるお話です。 第17分署の消防士だった父は優秀な消防士でしたが、部下を庇って殉職してしまいます。 そしてその瞬間を次男坊が見てしまいます。 それがブライアンでした。 成長したブライアンでしたが、一旦はドロップアウトした消防士になんとか合格しました。 兄は父の後を継ぐようにいち早く消防士になっていて、活躍をしていました。そして同じ配属になりますが。


今作では「バックドラフト現象」というのが有名になりましたね。 このアトラクションもテーマパークではできたほどで、私はアトラクションも経験はしていませんが、実は恐ろしい現象なことが、当時映画宣伝と一緒になされていました。
続編もできたようですが、見れるんでしょうかね?

 

f:id:anttiorb:20210213192658j:plain

f:id:anttiorb:20210213192701j:plain

f:id:anttiorb:20210213192705j:plain

f:id:anttiorb:20210213192714j:plain

f:id:anttiorb:20210213192717j:plain

f:id:anttiorb:20210213192729j:plain

f:id:anttiorb:20210213192734j:plain