anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

硝子の塔


カーリー・ノリス(シャロン・ストーン)は、ニューヨークの出版社で働く35歳の編集者。最近、7年間の不幸な結婚生活を解消した彼女は生活を変えるため、マンハッタンのガラス張りの超高層マンションに引っ越した。
カーリーは越して来てすぐに、住人で大学教授のホール(キーン・カーティス)から、最近マンションに住んでいたナオミ・シンガー(アリソン・マッキ ー)という若い女性が不審な死を遂げたことを聞かされる。 彼女は住人で作家のジャック(トム・ベレンジャー)や、同じく住人でゲームデザイナーのジーク(ウィリアム・ボールドウィン)らと知り合う。 ジャックは死んだナオミがカーリーにとてもよく似ていたと言い、彼女は次第に不安を感じる。
一方、カーリー はリッチでハンサムなジークに心惹かれ、2人は結ばれていく。 ジークはカーリーに、実は自分は父の遺産を継いだマンションのオーナーであることを話し、秘密のモニター室を見せる。 そこにはマンションの住人たちの生活が映し出されていた。 そしてカーリーとジークのセックスシーンも録画されていた。 カーリーはショックを受け、ジークの覗き趣味に不安を感じた。
そんなある日、ホールがバスルームで死んでいるのが発見された。 カーリーはマンション内で起こる一連の殺人事件の謎をさぐり始めるが、ある日、カーリーが部屋に帰るとそこにはジャックが居て、ナオミが死んだのはこの部屋だと忠告した。
ところがジークは 「彼女のことは知らない、付き合っていたのはジャックの方だ」 と言うの だった。
半信半疑のカーリーは、隣人ヴァイダ(ポリー・ウォーカー)が殺され、現場にいたジャックが容疑者として逮捕されても、まだジークに対する不信感を拭えなかった・・・

監督はフィリップ・ノイス、「ギヴァー 記憶を注ぐ者」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14979731.html が近作ですが、「ソルト」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/10064687.html 「今そこにある危機」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12357639.html も見ています。
主演はシャロン・ストーン、主演作としては1999年版の 「グロリア」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13313381.html を見ていますが、「ジゴロ・イン・ニューヨーク」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12629407.html が最新出演作ですね。
物語はサイコサスペンスですね。 引っ越してきた高層マンションで起こる連続殺人事件、そして彼女の部屋でも前の住人が無残に殺されているというお話ですね。  しかしそれ以上に、彼女のエロさのほうが有名で、どうしても彼女の官能的なシーンが強くなってしまうんですね。
やはり、何度見ても彼女のエロさに目を奪われてしまいます。

イメージ 1
高層マンションに越してきたカーリー

イメージ 2
程なく彼女はジーくとジムで出会う

イメージ 3
そしてだんだん肉体関係に

イメージ 4
激しくなっていく

イメージ 5
しかしジークは各部屋を監視していた

イメージ 6