anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

みをつくし料理帖

2020年作品、角川春樹監督、松本穂香 奈緒 中村獅童 若村麻由美出演。

享和2年(1802年)の大坂。 8歳の澪と野江は身分の違いはあるがまるで姉妹のように仲が良かった。 そんな二人が大坂の新町遊郭で遊んでいた時のこと。 澪は花の井に下駄を落としてしまう。 野江はつかさず自分の下駄を落として澪にこう言う。「泣きみそやなぁ、澪ちゃん。狐はコンコン、涙はこん、こん。 怒られるも、罰当たるんも一緒や」 お互いに忘れられない思い出となった。
そんな二人の仲を引き裂くように大坂の街を大洪水が襲う。 澪はその洪水により両親を失い野江とも離れ離れになってしまう。 そこに偶然通りかかった「天満一兆庵」の女将である芳(若村麻由美)に拾われる。
料亭「天満一兆庵」で働くことになった澪(松本穂香)。 そこで澪は主人の嘉兵衛から優れた舌を認められ、調理場で働くことに。 その時代には珍しい女性料理人としての澪の人生が始まる。 しかしここでも不幸は続き、ある日天満一兆庵は火事に遭ってしまう。 さらに天満一兆庵の再興に奮起していた嘉兵衛が亡くなってしまう。
嘉兵衛に天満一兆庵の再興を託された澪は芳と2人、江戸という慣れない土地へ。
その後江戸のそば処「つる家」の店主・種市(石坂浩二)に助けられ、店の料理人として働いていた。 当初は大坂と江戸の味の違いに戸惑っていた澪でしたが、種市や芳、そして周囲の人の温かいアドバイスで徐々に頭角を現し、ついには店の看板料理を生み出し、いつしか江戸中の評判となって行く。
それが澪と野江の、運命の再会のきっかけとなることなど彼女は想像だにしていなかった。


ドラマ版は未見ですが、初めて見てみました。
監督は角川春樹、「天と地と」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/08/05/180000 を記事にしています。
主演は松本穂香、「青くて痛くて脆い」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/09/14/060000 が近作です。
奈緒は、「事故物件 恐い間取り」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/09/09/060000 と立て続けに出演していますね。


物語は、子供時代の澪と野江ちゃんの仲睦まじいシーンから始まります。 お互い励まし合う二人は、これからもずっと一緒と言っていた。 しかし二人の中を引き裂くのは大水でした。 そして澪は芳と出会い、料理人として仕込まれていきますが、そこで今度はその店が家事になり江戸に出てきます。
野江ちゃんの行方は不明、でもどこかで生きていると思っている澪でした。 そして江戸ではつる家でお世話になっていて、でも彼女は上方と江戸の味の違いに苦労していました。 そんな時、彼女はあるヒントから、活気的な味作りを見つけます。そして澪は自分の味を確立していきます。


今作は二度ドラマになっているんですね。 NHK版と民放版、どちらかを見ようと思っています。 角川春樹がこういう作品を撮ること自体、私の中では意外でしたが、原作が強いこともあり、うまくまとまった良い作品に仕上がっていました。

ただ、ドラマで好きなった人の感想はどうなんでしょうか?気になるところですね。


f:id:anttiorb:20201025175659j:plain

水原東西に手相を見てもらう二人

 

f:id:anttiorb:20201025175709j:plain

小松原と会う

 

f:id:anttiorb:20201025175714j:plain

芳が倒れる

 

f:id:anttiorb:20201025175716j:plain

芳が簪を売って上等の鰹節を買い、種市に見せ

 

f:id:anttiorb:20201025175722j:plain

江戸と上方の融合の味を作る

 

f:id:anttiorb:20201025175725j:plain

采女宗馬と戦うことになって行く

 

f:id:anttiorb:20201025175730j:plain