anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

日本沈没 1973年版

1973年作品、森谷司郎監督、藤岡弘、 いしだあゆみ 小林桂樹 滝田裕介出演。

海底開発KKに勤める深海潜水艇の操艇者・小野寺俊夫(藤岡弘、は、小笠原諸島北方の島が一夜にして消えた原因を突きとめようと、海底火山の権威、田所博士(小林桂樹、幸長助教授(滝田裕介)らとともに日本海溝にもぐった。
潜水艇“わだつみ”が八千メートルの海底にもぐった時、彼等は異様な海底異変を発見した。 深海には、巾ひろい溝が果てしなく延び、乱泥流がもくもくと噴出していた。この巨大な暗黒の中で、いま、何かが起りつつあった……東京に帰った小野寺は、自由奔放に生きる伊豆の名家の令嬢・阿部玲子いしだあゆみと会った。 そして、湘南の海岸で二人が激しく抱擁中、突如、白い閃光が夜空を走った。 伊豆天城山が爆発したのだ。
そして、それを追うように、三原山と大室山が噴火を始めた。小野寺と幸長助教授は、ふたたび田所博士に呼び出された。 田所はなぜか、日本海溝の徹底した調査を急いでいた。 
内閣では、山本総理(丹波哲郎)を中心に、極秘のうちに地震問題に関する学者と閣僚との懇談会が開かれた。 出席した学者たちは楽天的な観測をしたが、一人、田所博士だけが列島の異常を警告した。 しかし、この意見は他の学者に一笑に付されてしまった。
懇談会から十日ほどたったある日、田所博士は渡(島田正吾)という高齢の老人に会った。渡は政財界の黒幕として君臨し、今もなお政治の中枢になんらかの影響力を持つという人物だった。 別れぎわ、老人は田所に、科学者にとって一番大切なことは何か、と尋ねた。「直感とイマジネーションです」と田所は即座に答えた。
それから一週間後、内閣調査室の邦枝(中丸忠雄)という男が田所博士を訪れ、列島の異変への調査を依頼してきた。 田所博士は、幸長、小野田、邦枝、そして、情報科学専門の中田(二谷英明らを加えてプロジェクト・チームを結成し、D計画を設置して、異変調査の“D1計画”を秘密裡に始動させた。
 
これは幼いころ親と一緒に行きました。
監督は森谷司郎、「小説吉田学校」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/9376737 を記事にしています。
主演は藤岡弘、、「ユメ十夜」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2316789 くらいですね記事にしているのは。 ただ今作のパロディにも出演していて、いつか記事にしたいですね。
そしていしだあゆみ、「なくもんか」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/10773051 に出演していました。
田所博士役は小林桂樹、「マルサの女」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/7759253 まで遡ってしまいました。
 
海底探査機、「わだつみ」は8000メートル級の深海まで行ける、日本の優秀な探査船。しかし日本海溝の底では異変を見つけてしまいます。 田所博士は、何かが起こっていると感じ危機感を強めます。 そしていきなりの天城山の噴火、そして三原山、大室山も立て続けに噴火してしまいます。 首相官邸に学者がが集められ、田所博士だけは大きな危機を訴えますが、この時点では、ほかの学者はのんきに構えていました。
 
今作は、地震によって破壊される東京、そして火山活動の噴火シーンなどが、当時は特撮怪獣映画でしか見れないものが、何か物凄くリアルなものとして、子供心に感じました。 そして本当に地震国日本が沈没するのでは? そう思って幼心にいろんな本を読みましたが、日本に巨大地震が来ること、それを予知することは難しいけれど、日本が沈没することはないという、映画では一ひねりあることがわかりました。
しかし、眠れる預言者エドガー・ケイシーの預言では日本は沈むと言っており、何か不気味な気がしたのを覚えています。
別の意味で、日本人がチリジリになることはもしかしたらとも思えますが、そうならないように、日本人自身がまずはしっかりしないといけません。
 

f:id:anttiorb:20201025181317j:plain

海溝で何かが起こっていた

f:id:anttiorb:20201025181323j:plain

そして噴火

 

f:id:anttiorb:20201025181327j:plain

二人が遭遇する

 

f:id:anttiorb:20201025181332j:plain

政府は水面下で動く

 

f:id:anttiorb:20201025181339p:plain

そして田所は予言していた

 

f:id:anttiorb:20201025181342j:plain

山本総理も危機を感じていた

 

f:id:anttiorb:20201025181349j:plain

小野寺も瓦礫の中で

 

f:id:anttiorb:20201025181357p:plain