anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

男たちの挽歌

1986年作品、ジョン・ウー監督、チョウ・ユンファ ティ・ロン レスリー・チャン エミリー・チュウ出演。


ホー(ティ・ロン)は香港の紙幣偽造シンジケートに属するヤクザで、相棒のマーク(チョウ・ユンファ)とともに恒達財務有限公司のボス、ユー(シー・イェンズ)の片腕的存在だった。

一方、ホーの弟キット(レスリー・チョン)は、警察官。 兄の悪業は知る由もなく、2人は仲がよく、キットは恋人ジャッキー(エミリー・チュウ)をホーに紹介した。 ある日、組織の仕事で台湾に飛んだホーは、取引きの最中、相手の内紛に巻き込まれて警察に捕まってしまう。 そのころ、香港ではホーを憎む組織の刺客がホーの留守宅を襲い父(ティエン・ファン)を殺す。 号泣するキット。

“ホー逮捕”の記事を読んだマークは復讐を決意し台湾に向かうが、逆に組員の銃弾を受けて右足を傷めてしまう。 

そして3年。 台湾で刑期を終えて香港に戻ったホーは、父の死をホーのせいだと思い込んでホーを許そうとしないキットのためにも足を洗う決意をする。 そんなある日、自分のために負傷し落ちぶれたマークとばったり会ったホーは、弟のためにもニセ札組織壊滅に動き出す。

今、組織を取り仕切っているのは、かつて舎弟扱いをしていたシン(レイ・チーホン)だった。 彼は組織の悪事が外にもれることを恐れてマークを襲う。 シンに対するホーの怒りが爆発する。キットにニセ札組織壊滅の手柄を立てさせ、一方で取り引き場でシンから金を奪ってマークと共に香港からの脱出を企てるホー。 しかし、シンもしたたかだった。

大ボスユーを殺し、すべての罪をホーの仕業とみせかけ、邪魔者を一気に葬って、暗黒街を支配しようとしていた。 夜の波止場を舞台に、ホー、キット兄弟とマークは、シンに挑むのだった。


ようやく見れましたね。以前「ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/9673784 を記事にしていましたが、あれは続編ではないんですね。
監督はジョン・ウー、近作は「マンハント」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15374900 ですね。
主演は二人、まずはチョウ・ユンファ。「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/02/23/060000 が近作ですが、まだまだ若々しいですね。
そしてティ・ロン、1972年版の「水滸伝」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/07/12/180000 くらいしか記事にしていません。


物語は、偽札作りの危ない仕事をしている組織の幹部二人の物語です。 しかしホーは、弟のキットにはそのことは隠していました。 それは弟は警察官を目指し、研修中だったからです。 しかし逮捕され、父も敵対勢力に殺されキットは全てを知ってしまい、兄を憎むようになります。
一方のマークはホー逮捕を受け、単身復讐に向かいますが、足を負傷、そして一気に落ちぶれてしまいます。


今作はまず1作目ということなんですが、ただ続編を作る設定にはあまり見えませんね。 撃ちまくる独特のジョン・ウーのアクション作品ですが、「仁義」という観念が色濃いんですよね。 引き続き2も見ていきたいと思います。


f:id:anttiorb:20201020181239j:plain

ホーとマーク

 

f:id:anttiorb:20201020181241j:plain

鉄壁のコンビだったが

 

f:id:anttiorb:20201020181246j:plain

ホーの弟は若い警察官だった

 

f:id:anttiorb:20201020181249j:plain

そしてホーが捕まり、マークは復讐に

 

f:id:anttiorb:20201020181254j:plain

マークは奮闘するが怪我をした後転落していく

 

f:id:anttiorb:20201020181257j:plain

そしてホーが釈放され

 

f:id:anttiorb:20201020181305j:plain