anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

男たちの挽歌 II

1987年作品、ジョン・ウー監督、チョウ・ユンファ レスリー・チャン ティ・ロン ディーン・セキ出演。

かつて香港の巨大な紙幣偽造組織を牛耳っていたホー(ティ・ロン)は、服役中のある日、香港警察のウー特捜部長(ラウ・シウミン)から、東南アジアの紙幣偽造シンジケートを支配するルン(ディーン・セキ)のもとに潜り込み、その証拠を握るように命じられる。

彼は弟の刑事キット(レスリー・チョン)がこの捜査に加わっていることを察知し、身を案じて組織潜入を承諾するが、パーティの席でルンの部下コー(シャン・クァン)が、彼に殺人の濡れ衣をきせ会社を乗っ取ろうと企み、敵対するボスを銃殺、茫然とするルンをホーたちはニューヨークにいる彼の昔の仲間で、今は神父となっているサム(Peter Wang)のもとへ高飛びさせる。

しかしコー一味は、香港に残った彼の一人娘ペギー(レジーナ・ケント)を殺害し、ニューヨークへも殺し屋を送る。 巻き添えとなってサムたちは犠牲となるが、何とか一命をとりとめたルンは、やがてホーのかつての相棒である亡きマイクの双子の弟ケン(チョウ・ユンファ)の世話になることになったが、深い精神的ショックから彼は何に対しても反応を示さなくなってしまう。

一方、ホーに続いてキットもコー一味に潜り込もうとするが、一味は彼が刑事であることに気づき、ホーに彼を殺すように命じるが、幸い命はとりとめた。ニューヨークでも殺し屋はルンとケンに襲いかかり、そのさ中正気を取り戻したルンは、報復を果たすためにケンと共に香港に帰国する。


続編はマーク亡き世界ですね。
監督はジョン・ウーが引き続きです。
キット役も引き続きレスリー・チャン、「さらば、わが愛/覇王別姫」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/04/10/180000 を記事にしています。彼は2003年に投身自殺をしてしまいました。
ルン役はディーン・セキ、「おじいちゃんはデブゴン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14950524 が近作です。
マーク亡き後、服役中のホーでしたが、潜入操作をしないかという話が来ます。危険な依頼でしたが、この計画にマークの弟・キットがいることから、この依頼を受けます。しかしルンの部下の計略にかかってしまい、ルンは失脚し、ニューヨークに逃がされます。
しかし、コーの企みに終わりはなくニューヨクにまで魔の手が伸びてきます。そしてルンは娘を失ったことから正気を失ってしまいます。そこでケンというマークの双子弟と出会うんですが。


今作は、ホーとキットが段々と信頼を取り戻し始め、紙幣偽造組織壊滅を目指していきますが、もちろん派手な撃ち合い満載ですね。 ただ、なかなかルンが正気に戻らないのが焦ったいところでしたが。
一応これが完結編であり、次作は時間軸が遡ることになります。


f:id:anttiorb:20201021183215j:plain

ケンはマークの双子の弟

 

f:id:anttiorb:20201021183224j:plain

しかしキットは

 

f:id:anttiorb:20201021183219j:plain

ケンはキットをため

 

f:id:anttiorb:20201021183545j:plain

ルンも立ち直り

 

f:id:anttiorb:20201021183229j:plain

3人で最後の勝負

 

f:id:anttiorb:20201021183230j:plain