anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

浅田家!

2020年作品、中野量太監督、二宮和也 妻夫木聡 黒木華 菅田将暉出演。

幼いころ、写真好きの父からカメラを譲ってもらった政志(二宮和也)は、昔から写真を撮るのが大好きだった。 そんな彼が、家族全員を巻き込んで、消防士、レーサー、ヒーロー、大食い選手権……。 それぞれが“なりたかった職業”“やってみたかったこと”をテーマにコスプレし、その姿を撮影したユニークすぎる《家族写真》が、なんと写真界の芥川賞木村伊兵衛写真賞を受賞! 受賞をきっかけに日本中の家族から撮影依頼を受け、写真家としてようやく軌道に乗り始めたとき、東日本大震災が起こる―― 。
かつて撮影した家族の安否を確かめるために向かった被災地で、政志が目にしたのは、家族や家を失った人々の姿だった。
「家族ってなんだろう?」「写真家の自分にできることは何だろう?」
シャッターを切ることができず、自問自答をくり返す政志だったが、ある時、津波で泥だらけになった写真を一枚一枚洗って、家族の元に返すボランティア活動に励む人々と出会う。 彼らと共に《写真洗浄》を続け、そこで写真を見つけ嬉しそうに帰っていく人々の笑顔に触れることで、次第に《写真の持つチカラ》を信じられるようになる。そんな時、一人の少女が現れる。
「私も家族写真を撮って欲しい!」それは、津波で父親を失った少女の願いだった―― 。
 
面白くもあり感動できる作品、そして最後はやられました(^^)
監督は中野量太、「湯を沸かすほどの熱い愛」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14528883 はインパクトがありましたね。
 
物語は、父からもらったカメラから、写真を撮るのが一層好きになった政志のお話です。 撮りたいものは何なのか? それが家族だということに気が付いた彼は、家族のいろんな写真を撮り始めます。 それをひっさげて東京に出ましたが、どこに持ち込んでも、なかなか認められません。
そんな時思い切って個展を幼馴染の若菜が資金を出してくれ開いた中、ある人物が名刺をくれます。 彼女こそ姫野希美という小さな出版社の女社長でした。 そこから写真集を出しましたが、さっぱり売れませんでした。
しかし木村伊兵衛写真賞を受賞してようやく彼の写真家としての活動が軌道に乗ったある日、東日本大震災が起きます。 そして彼の運命を変えていきます。
 
今作は写真家・浅田政志の自伝映画ですね。 若いころはちょっと変わり者の政志は入れ墨をしてしまいます。 そして務めて長袖を切ることになる政志。 そんな彼は、震災後に家族写真を依頼してくれた家族を探しに被災地に行ったとき運命的な活動に参加していきます。 ある女の子が、家族写真を撮ってくれと言いに来るんですね。
その父親はもう震災で亡くなっていますが、家族写真をどう撮るか思い悩むところが、肝ですね。 実在の浅井さん、家族がいたらお願いしたいくらいなユニークな発想の人物のようです。
 

f:id:anttiorb:20201020180134j:plain

彫り物を入れて帰って来た彼は

 

f:id:anttiorb:20201020180140j:plain

家族との写真を

 

f:id:anttiorb:20201020180142j:plain

賞を取った家族

 

f:id:anttiorb:20201020180147j:plain

しかし震災の復興活動をするとき彼と出会う

 

f:id:anttiorb:20201020180151j:plain

いろんな人間がいる中、だんだんと写真を返していく

 

f:id:anttiorb:20201020180154j:plain

そして若奈と結婚

 

 

f:id:anttiorb:20201020180158j:plain