anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

冷たい月を抱く女

1993年作品、ハロルド・ベッカー監督、ニコール・キッドマン アレック・ボールドウィン ビル・プルマン ビービー・ニューワース出演。

大学の学長補佐アンディ(ビル・プルマン)は、大学付属病院の小児科でボランティアとして働く妻トレイシー(ニコール・キッドマン)と、甘い新婚生活を送っていた。 彼は今、女子大生を狙う連続レイプ殺人事件に頭を悩ませていた。 夫妻は、家の多額の修理費捻出のため、アンディの高校の同級生で天才的な医師ジェッド(アレック・ボールドウィン)に部屋を貸した。 トレイシーは原因不明の腹痛に悩まされており、ボストンのリリアン・フィールド医師の診察を受けていた。

ある日、ポーラという女子学生の部屋を訪ねたアンディは、裏庭で彼女の死体を発見する。 警察の容疑を晴らすため、彼は精子のサンプル・テストに応じた。 ちょうどその頃、激しい腹痛で倒れたトレイシーが病院に運ばれ、アンディが駆けつけるとジェッドの執刀で手術が始まっていた。 卵巣の1つが破裂し、もう1つもねじれて壊死しており、その上、妊娠している事が判明した。 命の危険を感じたジェッドはアンディの許可を得て、2つの卵巣を除去し、トレイシーは子供を産めない体となる。

翌日、病理検査の結果が出たが、壊死は表面上だけで正常だった。 トレイシーは怒りと悲しみのあまり、アンデイの元を去る。 示談の交渉が進められ、トレイシーの弁護士、デニス(ピーター・ギャラガー)とジェッドの師、ケスラー博士(ジョージ・C・スコット)が呼ばれた。 ジェッドは、技術に長けた医師が自分を神のように思い込み、通常では考えられない行動に出る″神錯覚=ゴッド・コンプレックス″にあったことを認める。 結果的に、病院側はトレイシーに2万ドルの保険金を支払った。

監督はハロルド・ベッカー、「マーキュリー・ライジング」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/10208563 を記事にしています。
主演はビル・プルマンになると思いますが、「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/12/22/060000 に出演していました。
そしてニコール・キッドマン、「ザ・プロム」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/01/16/060000 に出演していました。
アレック・ボールドウィンは、「マザーレス・ブルックリン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/01/19/060000 に出演していました。

今から30年前になっている作品となります。 サスペンスミステリーですが、今ならなかなかこういう役柄は回ってこないニコール、ある意味1周回ってもうちょっとスケールが大きく悪女ならわかりますが。
途中まではなかなか読めない展開かもしれませんが、からくりがわかると一気でしたね。