anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

マザーレス・ブルックリン

2019年作品、エドワード・ノートン監督・出演、ブルース・ウィリス ググ・バサ=ロー アレック・ボールドウィン出演。

1957年、ニューヨーク。 孤児院で暮らしていたライオネル・エスログ(エドワード・ノートンはフランク・ミナ(ブルース・ウィリス)に、引き取られることになった。
フランクの庇護下にいた、他の3人の孤児と同様、ライオネルは、フランクのお使いをこなすようになっていく。 それを通して、生きる力を身に付けて行った。
しばらくして、ライオネルは、フランクの下で、私立探偵として活動するようになる。ライオネルは『トゥレット症候群』を抱えていた。 仕事では、発作に苦しみながら、苦労することが多かった。 しかし、人並外れた驚異の記憶力をフル活用して、職務に当たっていた。
そんなある日、恩人であるフランクが、トラブルに巻き込まれて銃殺されるという事件が発生してしまう。 人生の恩人であり、唯一の友人でもあるボスのフランクが殺害された事件の真相を追い始める。
ウイスキーの香りが漂う、ハーレムのジャズ・クラブ。マイノリティの人々が集う、ブルックリンのスラム街。
犯人を突き止めようとするが、手掛かりの少なさ故に、捜査は難航していく。 それでも、ライオネルは諦めようとはしなかった。
僅かな手掛かりを頼りに、天性の勘と抜群の行動力を駆使して、大都会の固く閉ざされた闇に迫っていく。必死に真相を追い求めるうちに、ライオルは、ニューヨークの闇の奥深くにまで入り込んで行く。
やがて、腐敗した街で最も危険な黒幕に辿り着くが・・・
 
結構シリアスで、個性的なキャラでしたね。
監督・主演はエドワード・ノートン、「素晴らしきかな、人生」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14778390 が出演近作でしょうか。
そしてブルース・ウィリス、「ミスター・ガラス」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15847136 が近作記事ですね。 なかなか出番の多い作品が少ない彼ですね。
 
物語は代表のフランクの下で働く、孤児院出身の4人、その中でチック症のライオネルをフランクは一番買っていました。 発作が起きると、いきなり叫んでしまい、“if” と言うのが口癖になっています。 また、人を罵るようなせりふがとっさに出てきてしまうことも。 しかし彼は記憶力が常人とは違うものを持っていて、あらゆることを記憶できる能力がありました。
そしてあるちょっと危ない仕事にフランクはライオネルと大柄の同僚と、なにかあったらこうしろと指示をもらいますが、フランクは拉致され、そして持っていた銃を奪われ撃たれて死んでしまいます。 悲しみにくれる4人でしたが、ライオネルはフランクがやろうとしたこと、そしてどうして彼が殺されたのかを一人で調べ始めます。 そこには街ぐるみの政治も絡んでいました。
 
今作は、なかなかの大作ですね。 謎がどんどん大きく、深くなっていきますし、巨大な悪とどう決着を付けるのかが、結構最後までわからないんですね。
差別意識、そして兄弟の確執、複雑に絡んだ末の結末が、なかなか面白いですね。
 

f:id:anttiorb:20200118204107j:plain

フランクはこの後

 

f:id:anttiorb:20200118204121j:plain

そして追求していくとこのふたりに行き着く

 

f:id:anttiorb:20200118204132j:plain

そして野次を飛ばしていた男

 

f:id:anttiorb:20200118204139j:plain

そしてローラを知る

 

f:id:anttiorb:20200118204148j:plain

そして彼女と一緒に動くが

 

f:id:anttiorb:20200118204200j:plain

この男に呼ばれる

 

f:id:anttiorb:20200118204207j:plain