anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

RE-ANIMATOR 死霊のしたたり3

2003年作品、ブライアン・ユズナ監督、ジェフリー・コムズ ジェイソン・バリー エルサ・パタキー エンリケ・アーゼニコ・パクサス トミー・ディーン・ムゼ出演。

テントの中でハワード少年(Tommy Dean Musset)と友達が怖い話をしていた。 そしてハワードが姉のエミリー(Bárbara Elorrieta)を脅かそうと自宅に戻った時一体のゾンビが現れエミリーを殺してしまった。 警察が到着しゾンビを始末したあとパトカーに一人の男が乗せられていた。 ハーバード・ウエスト(ジェフリー・コムズ)で、彼が死体を蘇生させゾンビにしていたため逮捕された。それを見ていたハワードにウエストはパトカーの下の方を合図する。 そこにはウエストの蘇生薬が落ちていた。 ハワードはその薬を拾うのだった。
刑務所に収監されて13年、ウエストに刑務所内の診療所の助手の仕事が舞い込んできた。依頼したのは新任の若い医師ハワード(ジェイソン・バリー)で、彼は13年前ゾンビに姉のエミリーを殺されウエストの蘇生薬を拾った少年だった。 着任早々早速患者がやって来て、ハワードはウエストに助けを求めるがすでに死んでいるとウエストは言う。 その後ハワードはウエストに自分はあの時の少年だと教え拾った蘇生薬を見せた。 早速ウエストはハワードに教えながら蘇生薬を注射した。 やがて死体は蘇り暴れ始め、収まった頃所長(シモン・アンドルー)が来てゾンビは所長に襲い掛かる。 この騒動にウエストは懲役の上乗せをされた。 そして刑務所の取材をしていたローラ(エルサ・パタキー)とハワードは恋仲になっていく。

ハワード役はジェイソン・バリー、初めて見る役者さんでした。
ローラ役はエルサ・パタキー、「ワイルド・スピード EURO MISSION」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/9786583 で主人公の妻役で出演でした。のちの亡くなるんですが重要な役でしたね。
所長役でシモン・アンドルー、「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14513195 に出演していました。

さて一応完結編ですが、再び起こった病院での惨劇でウェストは、とうとう刑務所に。しかしここでもまだ彼は諦めていませんでした。 そこにやってきたのは、姉をゾンビに殺され、ウェストが捕まったところを目撃、その時に薬を拾った少年が成長したハワードでした。
ダンの代わりというか、やはり助手が必要で、さらに恋人を復活させるという殺し文句にハワードも傾倒していきます。 シリーズ通して出続けるのはやっぱりハーバート・ウェストなんですが、彼は死んではいないので、作ろうと思えばまだいける気がしますが。