anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

死霊のしたたり2

1989年作品、ブライアン・ユズナ監督、ジェフリー・コムズ ブルース・アボット クロード・アール・ジョーンズ ファビアナ・ウーデニオ デヴィッド・ゲイル キャスリーン・キンモント出演。

アメリカのマサチューセッツ州にある、ミスカトニック医学校で起きた、陰惨な虐殺事件から8か月後。ミスカトニック医学生だったダン・ケイン(ブルース・アボット)とハーバート・ウェスト(ジェフリー・コムズ)は、アメリカから遠く離れた南米はペルーの地に来ていた。 ペルーの現地は内戦が続く混乱状態の真っ只中で、2人は野戦病院の医師として働いていた。 テントのような野戦病院に、新たに血まみれの兵士が運びこまれるが、懸命の治療もむなしく、兵士は息を引き取る。 そこでウェストは、カバンの中から緑色に光る液体の入った注射器を取り出す。
この緑色の液体こそ、狂気の天才科学者・ウェストが作り出した、「生物蘇生薬」で、死んだ生き物の細胞を活性化させ、蘇らせることの出来る画期的な発明だったが、蘇った生物はみな凶暴化してしまうという副作用があった。 この副作用が、医学校での惨劇に繋がった。
ウェストはペルーの地で、この副作用を減少させる研究をしていた。 そしてウェストはダンの制止を聞かず、死んだばかりの兵士に蘇生薬を注射すると、やはり、兵士は蘇ったものの、唸り声と共に暴れ出し、ウェストは銃で兵士の頭を撃ちぬく。
それから数か月後、ダンとウェストはミスカトニック医院に医師として復帰していた。そしてある日、医院で遺体の保管・検査を担当しているグレイブス医師(メル・スチュワート)の元に、警部補のチャパム(クロード・アール・ジョーンズ)が訪ねてきて、チャパムは「これを見てくれ」と、持参した袋の中から、男の生首を取り出す。
それはミスカトニックの惨劇で犠牲者となった、ヒル医師の頭部で、事件から半年以上経過しているのに、頭部が腐敗していないことにチャパムは疑問を抱いていた。加えてヒル医師の頭部には、「食われたような跡」があった。
医学校で起きた惨劇では、ヒル医師の他、学長や学長の娘でありダンの恋人だったメグなど、多くの犠牲者が出ていた。 その惨劇は、精神病患者が引き起こしたものだということで捜査は終了していたが、チャパムだけは未だにその事件の「真相」を追い続けていた。

監督は前回製作参加だったブライアン・ユズナ、「バタリアン リターンズ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/559145バタリアンシリーズの名作の呼び声高いですね。
ヒロイン役はファビアナ・ウーデニオ、出演作の記事はありませんでした。
チャパム刑事役はクロード・アル・ジョーンズ、記事はありませんでした。

この続編はよくできていますね。 まず死体を手に入れるために内戦地に来て、死体が楽に手に入るというそれだけで危険な場所にいる、そして欠点だった副作用を抑える研究をしていましたがうまくいかず、結局元の病院に戻ってくるんですが、そこには前回の惨劇の生き残りがいるんですね。 生き残りというかもう一回死んでいるんで“死に残り“とでも言いますか(^^)
そして不思議なのはヒル医師なんですね。 頭部だけでなぜ知能もあって感情もあるのか? そこがこの研究の鍵になりそうなんですがね?