anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

タイムマシン

2002年作品、サイモン・ウェルズ ゴア・ヴァービンスキー監督、ガイ・ピアース ジェレミー・アイアンズ オーランド・ジョーンズ シエンナ・ギロリー出演。

1890年代のニューヨーク。 大学教授のアレクサンダー(ガイ・ピアース)は親友のデイビッド(マーク・アディ)や家政婦のウォチット(フィリーダ・ロウ)、最愛の恋人エマ(シエンナ・ギロリー)と幸せな日々を送っていたが、エマにプロポーズした直後、強盗に襲われてエマを失ってしまう。
エマを取り戻したいと願ったアレクサンダーは自室に篭り、4年の歳月を費やしてタイムマシンを完成させると、過去を変えることでエマを救おうとする。 しかし、何度時間を遡って行動を変化させても彼女はなんらかの事故に巻き込まれて死亡し、どうしても死を回避することができない。
時間を遡っても過去を変えることはできないと悟ったアレクサンダーは、未来に“答え”を求めてタイムマシンに乗り込む。 移りゆく外の景色を眺める中で「THE FUTURE IS NOW(未来は今)」という広告が気になってマシンを停止させると、時は2030年、月面を爆破することで土地を開拓し、人類は月への移住を始めていた。 アレクサンダーはニューヨーク公共図書館を訪ね、透過型ディスプレイを備えた最新のVOXシステム(オーランド・ジョーンズ)に“答え”を求めるが、タイムトラベルは不可能であると回答されてしまう。
さらに未来へと進むことを決めたアレクサンダーだが、衝撃に驚いてすぐにタイムマシンを停止させる。 2037年、月面爆破の失敗で軌道がずれた月は崩壊寸前、地上も大惨事に見舞われていた。 慌ててタイムマシンに乗り込み時間移動を始めるアレクサンダーだが、衝撃を受けたマシンが大きく揺れたことで頭を打ち、時間移動の速度を最大にした状態で気絶してしまう。

監督は共同でサイモン・ウェルズとゴア・ヴァービンスキー、ゴアの方は「ローン・レンジャー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/9984391 を記事にしています。
主演はガイ・ピアース、「ドミノ 復讐の咆哮」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/03/02/060000 に出演していました。
ジェレミー・アイアンズは「ハウス・オブ・グッチ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/01/18/060000 に出演でした。

これは昔に見ていますが、久しぶりに見ていますね。 リメイクなんですが、この描かれている未来は恐ろしいですね。 月がこうなってしまうと、地球の環境は大きく変わってしまう。 そんな間違った開発を人類はしてしまうのかもしれませんね。