anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

(ハル)

1996年作品、森田芳光監督、深津絵里 内野聖陽 山崎直子 竹下宏太郎出演。

(ハル)というハンドル名でパソコン通信を始めたばかりの速見昇(内野聖陽)は、映画フォーラムで知り合った(ほし)と名乗る男と、メールのやり取りをするようになった。 ふたりは、お互いの顔も名前も知らない気安さから、悩みごとなどを相談するようになっていく。

盛岡に住んでいるほしは、実は自分を男と偽っているOL・藤間美津江(深津絵里)だった。 メールを重ねるうち、ほしは自分が女であることをハルに告白するが、ふたりの関係は崩れることはなかった。

ある日、ハルは(ローズ)というハンドル名の女性(戸田菜穂)と知り合い、実際に会って何度かデートするようになっていた。 ところが、ローズは恋人というよりも妹という感じで、ハルは今ひとつ深い関係まで踏み切れない。 

一方、転職を繰り返していたほしは、仕事先で知り合った山上(宮沢和史)という男に結婚を申し込まれたが、山上にはほし同様に恋人を亡くしたという過去があり、そのことを忘れないために愛情のない結婚をしようという彼の申し出を、ほしは受け入れられなかった。

ある日、ハルは出張で青森に行くことになり、ほしは新幹線のハルに向けてハンカチを振る約束をする。 当日、線路沿いの田んぼに立つほしと新幹線の車中のハルは、互いにハンカチを振る相手の姿をビデオに収めながら、一瞬だけの対面を果たすのだった。しかし、ほしの妹・由花が帰省して部屋を訪ねて来た時に、妹がローズというハンドル名でパソコン通信をやっていることがわかり、ほしはショックを受けた。 ハルは、ローズと会ったその日にホテルへ行ったと、ほしに嘘を教えていたのだった。


ちょっと予想とは違うお話でした。
監督は森田芳光、「の・ようなもの」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15076710 他記事にしています。
主演は深津絵里、「サバイバルファミリー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14748297 が近作ですね。
そして内野聖陽、「ホムンクルス」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/04/14/060000 に出演していて、公開中作品にも。

物語はパソコン通信で知り合ったハルとほしのお話です。 初めは男同士だと思っていたハルでしたが、途中でほしが自分は女性とカミングアウトします。 そしてそれぞれの生活がパソコン画面と共に進行していきます。

今作は顔の見えない交際が、ある偶然を呼び込んで、一旦は遠ざかる二人の関係、しかし逆それがハッピーエンド? につながっていく、ラブストーリーですね。

今でも同じようなシチュエーションはあるでしょうが、今はスマホでLINE、もっとコンパクトでスピーディなんでしょうね。 でも時代を先取りしたような作品でもありました。


f:id:anttiorb:20211110205656j:plain

f:id:anttiorb:20211110205700j:plain

f:id:anttiorb:20211110205703p:plain

f:id:anttiorb:20211110205707j:plain

f:id:anttiorb:20211110205712p:plain

f:id:anttiorb:20211110205714j:plain