anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

携帯彼女

2011年作品、安里麻里監督、鈴木愛理 竹富聖花 馬場徹 平野靖幸出演。

若い男性が携帯彼女で遊んでいた。 相手はエリカ(竹富聖花)。 そしてラブゲージが99%まで行ったとき、最後のお願いを頼まれた。 男は通行人の女性を路面に叩きつけ殺害してしまう。 するとラブゲージが100%になり、男は死んでしまう。

彼の携帯が突然切れ、近くにいた男の携帯に『あい・すくりーむ』からダウンロードの要請が入る。 事件を捜査する八木(史朗)と井上(平野靖幸)は連続殺人事件に頭を痛めていた。 その時八木が、半年前に収束した『携帯彼氏』の話をした。 それは同僚刑事の五十嵐(小木茂光)に極秘に聞いた情報だった。 オカルトめいた話に、井上は軽く流す。
高校生の絵里香(鈴木愛理)はシホ(新実菜々子)の誘いで買い物に付き合っていた。その時一人の若い男が金属の棒で襲い掛かっているのを見かけた。 ヘッドフォンで音楽を聴くシオに声は届かず、シホは殴られ意識不明になってしまう。 そこに携帯彼女のエリカを探す一人の男性がいた。

彼はエリカの兄でタカシ(馬場徹)といい、失踪したエリカをずっと探していた。 一方、絵里香には携帯彼女で遊んでいる男性を見ると、後ろに血まみれのエリカが立っているのが見えた。 そして少しでも眠り込むと、暗い廃墟で何者かに襲われる夢を見るようになる。 やがてタカシと絵里香は知り合い、タカシは絵里香が名前が同じだという事で、妹のエリカの霊が絵里香に何かを言いたがっていると感じ協力してもらう事になるのだった。

続編ですね。ただOV作品になって劇場スルーとなっています。
監督は安里麻里、「氷菓」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15226787 を記事にしています。 好きなホラー系が得意な監督ですね。
主演は鈴木愛理、「ゴメンナサイ Buono!」 でメンバーとして出演していますが、ここで監督と組んでいますね。
竹富聖花は、今は春花という芸名となっています。「いつも月夜に米の飯」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15679260 に出演していました。


物語は数年前に“携帯彼氏“事件のあった後、最近は携帯彼女という携帯ゲームが流行っていました。 一方、女性が連続して殺されるという事件が起き、そして殺した男はその場で怪死してしまうというパターンが続いています。 どうもその中なの女の子はエリカということらしいのです。
女子高校生の絵里香は友達のシホと一緒のところに、その事件位遭遇してしまい、シホが巻き込まれてしまいます。 そして意識不明となったシホ、さらにその時に携帯に映っていた女の子が原因では? そう思い調べ始めますが。

完璧な続編ですね。 「携帯彼氏」はなかなかの設定でしたから、その設定を少し繋げた感じでしたね。 ただ、中盤で怪しい人物がわかり、1作目ほどのインパクトは少し弱かったのが残念でしたが。

 

f:id:anttiorb:20210930185634j:plain

f:id:anttiorb:20210930185636j:plain

f:id:anttiorb:20210930185640j:plain

f:id:anttiorb:20210930185643j:plain

f:id:anttiorb:20210930185646j:plain