anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ネメシス ⑨

2021年作品、入江悠監督、広瀬すず 櫻井翔 江口洋介 勝地涼 中村蒼 富田望生出演。

第9話 女神たちの決戦

ついに判明した菅研究所=カンケン最大の黒幕。
その正体は美神アンナ(広瀬すず)が親友だと思い込んでいた大学生=四葉朋美(橋本環奈)。 朋美の本名は”菅朋美”で、カンケンを立ち上げた菅容子(今村美乃)の娘だったのだ。
20年前、アンナの父=立花始(仲村トオル)と共にゲノム研究に取り組んでいた大和猛流(石黒賢)も、いまやカンケンの中心的存在。 菅容子に誘われるままカンケンに参加し、世界初の≪ゲノム編集ベイビー≫=GE10.6の受精卵を始の研究所から盗み出したのも大和だった。 しかしGE10.6を着床させた代理母=美馬芽衣子(山崎紘菜)が出産直前でカンケンから逃亡し、始に救いを求めてきたことからあの【19年前の交通事故】が起こる。 この事故により、GE10.6の受精卵の提供者でもある神田水帆(真木よう子)と、芽衣子は死亡。 だが芽衣子は死の直前に、最後の力を振り絞って赤ん坊(=アンナ)この世に生み落としていった。
【探偵事務所ネメシス】の探偵=風真尚希(櫻井翔)と、社長の栗田一秋(江口洋介)からすべてを聞かされ、その残酷な真実の姿に耐えきれず事務所を飛び出すアンナ。 その際、怒りに任せて引きちぎったネックレス、始からもらった大事なキューブ型のネックレスの中には、アンナにまつわる膨大な量のデータが保存されていた。 風真はネックレスを大事に保管するが、カンケンの手先である屈強なボディガード=志葉(板橋駿谷)の手によって力ずくで奪われてしまう。
傷心のアンナは朋美の正体に気付くのが遅れ、そのままカンケンに拉致監禁。 あらゆる細胞、血液を採取される。 そして隣の監禁部屋にはやつれ切った父=始の姿があった。
あれほど探し求めていた父との対面のはずが、すべてを知った今、父の愛情も信じられなくなっているアンナは素直に再会を喜ぶことはできない。 そんな2人を、今までとは別人のような冷酷な表情で見つめる朋美。 彼女の真の目的は何のか?
その頃【探偵事務所ネメシス】ではアンナを救い出すため、風真が“七人の侍”ならぬ“八人の侍”を招集しようとしていた。 あぶな“過ぎる”刑事=タカ&ユージ(勝地涼中村蒼)コンビ、スピード狂で実は腕のいい医者=上原黄以子(大島優子)、孤高の道具屋=星憲章(上田竜也)、天才AI開発者=姫川烝位(奥平大兼)、自称・中国の雑技団5軍出身の料理人=リュウ楊一(加藤諒)、美しきコンフィデンスマン=緋邑晶(南野陽子)、【19年前の事故】で姉を失ったジャーナリスト=神田凪沙(真木よう子)。すべてはアンナのために。

いよいよクライマックスですね。
第7話から登場する烏丸司役は宇野祥平、「いとみち」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/07/08/060000 に出演していましたね。宇野氏といえば白石晃士監督作品の常連で際物的な存在でしたが、今や売れっ子俳優ですね。 喜ばしいことです。
そして手強い殺し屋的存在の志葉雄平役で板橋駿谷、「ライアー×ライアー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/02/27/060000 に出演していましたね。
亀田医師役で大石吾朗、「燃えよデブゴン TOKYO MISSION」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/01/08/060000 に出演していましたね。

さて真の敵は朋美だったことがわかり、アンナは捉えられてしまいます。 自分の出生の秘密を知り精神的なダメージが大きいアンナ、しかし皮肉なことにそこで始と再会します。 そしてネメシスではなかなかアンナの行方が掴めません。 絶体絶命の中、ここで風真が動きます。 何をやってもうまくいかない彼がどうするのか? それは彼が今まで培ってきた人脈、それがチームネメシスでした。 アンナ救出のために集合した八人、救出作戦が始まります。


f:id:anttiorb:20210808204336j:plain

f:id:anttiorb:20210808204339j:plain

f:id:anttiorb:20210808204344j:plain