anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

フィッシャー・キング

1991年作品、テリー・ギリアム監督、ロビン・ウィリアムズ ジェフ・ブリッジス マーセデス・ルール アマンダ・プラマー出演。

過激なトークが売りものの人気DJジャック・ルーカス(ジェフ・ブリッジス)は、幸福の頂点から失意のどん底に落とされた。 孤独なリスナーが、「ヤッピーたちを殺せ!」というジャックの言葉を真に受けて、レストランで銃を乱射、7人の犠牲者を出して自らも死に、一躍ジャックの悪影響が報道されたからだ。

3年後、落ちぶれたジャックは恋人アン(マーセデス・ルール)の経営する下町のビデオショップで、居候のような生活を送っていた。 ある日、泥酔したジャックは暴漢たちに襲われ、危うい所をホームレスの奇妙な男に救われる。 彼、ペリー(ロビン・ウィリアムズ)の寝ぐらになっているボイラー室の壁には中世の城と騎士、馬に乗る悪魔の〈赤い騎士〉が描かれていた。 ペリーは_聖杯_を探しており、それはニューヨークの大富豪の邸宅にあると言う。 そしてジャックこそがその聖杯探しの力になる人物だと興奮して言うのだ。

間もなくジャックは、ペリーが昔、大学教授であり、レストランで食事中に銃の乱射により愛妻を殺された過去があることを知る。 ペリーもまたジャックを失脚させたあの事件の犠牲者だったのだ。 忌わしい罪の意識を思い起こしたジャックは、事件以来すっかり人が変わってしまったというペリーのために何かしてやりたいと考え、ペリーの憧れの女性、リディア・シンクレア(アマンダ・プラマー)との仲をとりもつことにする。

何とか2人を引き会わせ、アンと4人で食事をするまでにこぎつけたジャック。ペリーの一途な気持ちに孤独なリディアも心を動かされた。だがその夜、ペリーの目の前に〈悪い騎士〉の悪夢が現れ、逃げるペリーをいつかの暴漢が再び襲う。


因縁模様と、不思議な妄想のお話ですね。
監督はテリー・ギリアム、「ゼロの未来」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15261208 を記事にしています。
主演はロビン・ウィリアムズ、「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/12848200 を記事にしています。 まだまだ活躍して欲しかった名優でしたね。
ジェフ・ブリッジスは、「さよなら、僕のマンハッタン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15477271 を記事にしています。


物語は挑発的なトークをして人気があったDJ・ジャックのお話です。 しかし彼に触発され、事件が起きてしまい、そこから彼の人生が変わってしまいます。 ヒモのような生活となった彼はある日暴漢たちに襲われますが、奇妙なホームレスに助けられます。それがペリーとの出会いでした。
少しタガが外れている彼は明るく、落ち込んでいたジャックは彼といると少し気が晴れていくようでした。 そんなペリーとの付き合いが始まりますが、実は彼とはある因縁によって結ばれていました。


監督らしい部分がやっぱりありますが、基本的には人間ドラマに視点が置かれているお話ですね。 こういう役をするとロビンは本当の上手いし、彼ならではの演技でした。もったいない個性的な名優でしたね。

f:id:anttiorb:20210808203520j:plain

f:id:anttiorb:20210808203524j:plain

f:id:anttiorb:20210808203529j:plain

f:id:anttiorb:20210808203541j:plain

f:id:anttiorb:20210808203534j:plain

f:id:anttiorb:20210808203545j:plain

f:id:anttiorb:20210808203548j:plain

f:id:anttiorb:20210808203551j:plain