anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ライアー×ライアー

2021年作品、耶雲哉治監督、松村北斗 森七菜 小関裕太 堀田真由出演。

恋愛経験ゼロの地味系女子大生・湊(森七菜)は、両親の再婚で義理の弟になった同い年の透(松村北斗)と同居中。 超無愛想だがイケメンで女癖の悪い透が原因で、2人の仲はギクシャクし、お互いに冷たい態度を取り合っていた。

そんなある日、親友・真樹(堀田真由)の頼みで、高校の制服を着てギャルメイクで街に出た湊は偶然、透に遭遇してしまう。 とっさに別人“JK・みな”だとウソをつく湊。 ところが、それを信じた透が、“みな”にまさかの猛アプロ―チをかけてきた。すぐに正体を明かすつもりだったが、専用のスマホをプレゼントしたり、女関係を清算したりと、ウソのように健気で一途な透の姿に、真実を言いづらくなった湊は、“みな”として付き合うことに……。

そんな時、湊は大学のサークル交流会で再会した幼馴染の烏丸(小関裕太)からも告白され……。


七菜ちゃんがしばらく見れなくなりそうで。
監督は耶雲哉治、「暗黒少女」https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14851279 を記事にしています。
主演は松村北斗、「坂道のアポロン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15427793 に出演していたんですね。
そして森七菜、独立問題で注目されていますが、「461個のおべんとう」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/11/16/060000 が近作ですね。


物語は両親同士が再婚したことで、同い年で姉弟になってしまった二人のお話です。 弟の透はモテモテでいつも何股もかけながら女の子と付き合っています。 しかし、湊は全くモテず、ヲタクっぽい研究会に参加していて、城が大好きな大学生でした。 しかし何故か同じ大学に通っています。
そんなある日、真樹という親友の頼みで、金髪JKの姿をする仕事を引き受けます。 そんな時にばったり義弟に会ってしまいます。 もちろん姉だと思い、不思議そうにどうしてそんなかっっこうをしているのか?と言われますが、咄嗟に別人のふりをします。似ているなあと思ったような透ですが、すぐに謝り、何か惹かれたような表情を見せます。 そこで湊は、あることを思いつきます。 JKのかっっこうをして弟を懲らしめようとするということでした。 それは弟のおかげで、いつも他の女子生徒から苦情を言われ、嫌がらせを受けていたからでした。


今作はちょっと期待していました。 まあ、七菜ちゃん独立報道が大きくなってしまい、今後の出演予定がなかなか難しくなりそうな気配があったからです。 演技の幅が広がり、これからという若手女優さんなんで、周りはしっかりと彼女を育てる環境作りをしてほしいところですね。
今作はまあ気軽に見れる恋愛作品ですが、二役のような彼女が見れる楽しさがありますね。


f:id:anttiorb:20210226204726j:plain

持てない馴染めな高校生で、弟の苦情も受けていた

 

f:id:anttiorb:20210226204732j:plain

そんな時ギャルの姿に

 

f:id:anttiorb:20210226204736j:plain

そして弟と遭遇してしまう

 

f:id:anttiorb:20210226204756j:plain

そして告白され

 

f:id:anttiorb:20210226204759j:plain

懲らしめようとするが

 

f:id:anttiorb:20210226204816j:plain

小学生の時の塾の同級生と再会もしてしまう

 

f:id:anttiorb:20210226204820j:plain