anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

茜色に焼かれる

2021年作品、石井裕也監督、尾野真千子 和田庵 片山友希 オダギリジョー 永瀬正敏出演。

田中良子尾野真千子)は小さなカフェを一人で切り盛りしながら、中学生になる一人息子の純平(和田庵)を女手ひとつで育ててきた。 しかし、新型コロナウィルス感染拡大の影響は容赦なく良子に襲いかかり、良子はカフェを畳まざるを得なくなる。 現在では良子はホームセンター内の花屋のバイトと風俗嬢の仕事を掛け持ちしていた。
良子の夫・陽一(オダギリジョー)は7年前に、元政府高官の高齢者・有島が運転する車に撥ねられて死亡していた。 ブレーキとアクセルの踏み間違えによるものだったが、有島はアルツハイマーを患っていたことを理由に罪に問われず、有島側は一応賠償金を用意したが、良子は彼らから謝罪の言葉が一言もないことを理由に受け取りを拒否し続けてきた。
良子は純平との二人分の生活費の他にも、養父の老人ホーム入居費、そして更には陽一が浮気相手に産ませた子供の養育費までも払っており、ただでさえ苦しい家計はさらに圧迫され続けていた。 それでも良子は、口癖のように「まぁ、がんばりましょ」と自分自身に言い聞かせていた。
ある日、良子は陽一を轢き殺した有島が死んだことを知った。 有島は陽一とは違い、天寿を全うしての大往生だった。 良子は有島の葬式に出ようとしたが、有島の葬式は陽一の葬式の時とは比べものにならないほど盛大なもので、良子は有島の息子・耕(鶴見辰吾)や顧問弁護士の成原(嶋田久作)によって冷たく追い払われる。 純平はなぜ葬式に行ったのかと問うと、良子は自分でもわからないと言いつつあの日の事故の意味をずっと考えていると応えるのだった。
純平は学校でいじめに遭っていた。 いじめっ子たちは良子が風俗で働いていることをネタにして純平を強請り、陽一の事故ですらもからかいのネタにしていた。 純平がいじめられていることを知った良子は学校に抗議しに行くが、純平の担任(泉澤祐希)ら学校側の対応はあまりにも杜撰なものでしかなかった。
良子がバイトをしている花屋の雇われ店長(コージ・トクダ)は、ホームセンターの上司・斉木(笠原秀幸)からコロナ禍で働き先のないお得意先の娘を雇ってくれるよう要求される。 店長は良子に何とか辞めてもらえるよう仕向け、それでも辞めない良子に言いがかりをつけて無理やり解雇する。
生前はバンドマンだった陽一は、世の中のあらゆるものに反抗しながら生きてきた。 時には陽一は新興宗教に騙され、持ち金全てを寄付してしまったこともあったが、良子はそれでも陽一のことは深く愛していた。 そんな陽一の命日にはかつてのバンド仲間が集まり、宴会を開いていた。 純平はこの宴会の席で、良子がかつて劇団で芝居をしていたことを知る。
陽一のバンド仲間だった滝(芹澤興人)はかねてから良子に気があったらしく、良子に執拗に迫ってきた。 そんな理不尽な日々に疲れ果てた良子の愚痴を聞いてあげているのが、風俗店の同僚・ケイ(片山友希)だった。


これはリアルなお話でしたし、今まさに現実的に撮られています。 現在進行形のお話でよく撮ったと思います。
監督は石井裕也、「町田くんの世界」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15975755 が近作ですが、石井監督作品はえぐられますね。
主演は尾野真知子、「明日の食卓」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/06/12/060000 でも好演でした。彼女は女優としてどんどん登っていく感じがしますね。難しいけど、いい作品に出会っていてしっかりと演じきっていると思います。
息子の純平役は和田庵、なかなかいい味を出していましたね。順調に成長して欲しい少年ですね。
そしてこの作品でグッとくるのが片山友希、「あの頃。」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/03/02/060000 にチラッと出演していました。


物語は、自転車で横断歩道を渡っていた男が、老人の運転する車にはねられ亡くなります。 老人はブレキーではなく思いっきりアクセルを踏んでいました。 夫を亡くした良子、一人息子の純平と二人暮らしになりましたが、彼女は一切賠償金を受け取りませんでした。 さらには義父が倒れ施設に入ったことでその費用、夫が外で作った子供に対する養育費、それを払うために昼はホームセンター、夜は風俗嬢としてはたらいいていますが、息子には夜の仕事は隠していました。
そんな彼女にまだまだ過酷な運命が待っていました。


これは今のコロナ禍もしっかり描いている貴重な作品ですね。 そしてあの上級国民が起こした悲痛な交通事故も描いている感じですね。 世の中のルールは人を助けるためではなく、都合良く生きている人間のためのものでしかない。 そんな理不尽さに立ち向かっている人間に対して、エールを送りたくなるお話。

でも助けてくれる人間の凄みも感じるところは少し溜飲が下がります。 でも見ていて辛いお話でもありました。


f:id:anttiorb:20210626063914j:plain

夫は‟殺される”

 

f:id:anttiorb:20210626063929j:plain

残された母と息子

 

f:id:anttiorb:20210626064100j:plain

義父は施設に

 

f:id:anttiorb:20210626063855j:plain

昼はホームセンター

 

f:id:anttiorb:20210626063901j:plain

夜は風俗嬢

 

f:id:anttiorb:20210626063904j:plain

しかし出会いもあった

 

f:id:anttiorb:20210626064049j:plain