anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ナイト・オブ・シャドー 魔法拳

2019年作品、ヴァッシュ・ヤン監督、ジャッキー・チェン イーサン・ルアン エレイン・チョン リン・ボーホン出演。

妖怪ハンターで小説家のプウ・スンリン(ジャッキー・チェン)は、人々を苦しめていた東方の海の極悪な妖怪を、陰陽の筆で教典に封印した物語を子供達に読み聞かせ、自分の本を売ろうとしていた。 金華県の衛士ヤンフェイ(リン・ボーホン)は、チェン隊長(チャオ・シャン)やチン三兄弟(ランス・リュー、マーク・リュー、チャールズ・リュー)と共に骨董屋で起きた密室の盗難事件を捜査していた。 そして町の南で起きた2件の宝石泥棒と同一犯と推理したが、チェン隊長に一蹴される。 帰り際にプウの妖怪の話で脅かされた子供達の母親達からプウの逮捕を依頼され、ヤンフェイはプウの家へ向かう。 母子達は妖怪ワンヤオの術で記憶を消され、プウの新作本を買わされてしまう。
ヤンフェイはプウを宝石泥棒と疑い捕縛するが、逆にウサギ結びにされて妖怪ピピの屁で気絶する。 夜になると、妖怪シンショウに乗ってプウはヤンフェイと宝石泥棒を捕まえに行く。 泥棒の正体は元々プウに使役されていた豚の妖怪チューヤオが、ロバのルメイと結婚したいがために、飼い主にそそのかされて盗みを働いていたのだ。 プウはヤンフェイの天眼を開き、チューヤオを瓶に封印し、黒幕のロバの飼い主を捕まえる。
一方、知事(パン・チャンジアン)の娘ププ(姜嫄)が、鏡屋に夜に見ると美しくなる鏡を買いにきた。 鏡の妖魔チンヤオ(リン・ポン)はププを操り輿に乗せて飛ばすが、途中で謎の男イエン・チュイシャ(イーサン・ルアン)が阻み、現れた美しい女妖怪シャオチン(エレイン・チョン)と術で戦う。 チュイシャはシャオチンをお札で捕らえ、妖怪の霊:オーブを取り出そうとするが、シャオチンに吹き飛ばされ、ププを連れ去られてしまう。 ヤンフェイはプウに一方的に弟子入りを請い、共にププ失踪事件の捜査に乗り出す。 そしてワンヤオとププの痕跡を辿り、蘭若寺でシャオチンを見つける。

面白い妖怪ファンタジーですが、儚いラブストーリーでもありました。
監督はヴァッシュ・ヤン、この作品で初めて見ました。
主演はジャッキー・チェン、「プロジェクトV」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/05/23/060000 が近作ですね。
そしてチュイシャ役はイーサン・ルアン、「王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15848153 に出演していました。
シャオチン役はエレイン・チョン、「芳華-Youth-」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15939169 に出演していました。今回も美しさが際立っています。


物語は、妖怪ハンターのプウと、あるカップルのお話です。 プウは妖怪ハンターですが、普段は小説を書き、それを巧みに売り捌いていました。 しかし彼が陰陽の筆で描いた経典に妖怪を封じ込める力を持っています。
そんな時、金華県では少女誘拐事件が多発していました。 そしてこの背景には女の妖怪が絡んでいました。 鏡の妖怪と、もう一人元人間の妖怪でした。 しかし元人間の妖怪を止めようと、ある男が立ちはだかります。


今作はラブストーリーなんですね。 元人間と、元妖怪、蛇の妖怪のようですが、人間と妖怪の恋を描いたお話になっています。 ジャッキーの面白おかしさと、映像の面白さは言うまでもありませんが、恋物語もまた見せてくれるんですよね。 秀作でした。

 

f:id:anttiorb:20210610172415j:plain

f:id:anttiorb:20210610172420j:plain

f:id:anttiorb:20210610172424j:plain

f:id:anttiorb:20210610172428j:plain

f:id:anttiorb:20210610172432j:plain

f:id:anttiorb:20210610172436j:plain

f:id:anttiorb:20210610172438j:plain