anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

君と世界が終わる日に Season1 ③

2021年作品、菅原伸太郎 中茎強 久保田充 演出、竹内涼真 中条あやみ 笠松将 飯豊まりえ出演。

避難所であるはずの自衛隊駐屯地に辿り着いた響(竹内涼真)たちを、突如襲った銃撃、銃弾に倒れた本郷(大谷亮平)を残し、響たちは命からがらその場を後にする。 さらに自衛隊内部では、響たちが先に発砲したという虚偽の報告がなされ、テロ集団とみなされていた。
3日後、夜ごと凶暴化する化け物達の群れから身を隠しながら疲労と寝不足でボロボロになった響たちは、化け物が占拠する封鎖区域の外・横浜を目指していた。 夕闇が迫る中、響たちはあるショッピングモールに逃げ込む。 警戒する中、出てきたのは化け物ではなく助けを求める一人の美女、それは人気女優の中越美亜(芳根京子)だった。
一方、自衛隊駐屯地では研究者・首藤(滝藤賢一)がある血液検査の結果を見ていた。そこには来美(中条あやみ)の情報が載っているのだが。 そして来美は、まもなく上層部から射殺命令の下るという“テロ集団”の中に響がいることを確信。 響を見つけ出すため、危険な化け物たちのサンプル採取に同行し、駐屯地の外に出ることを願い出る。

そんな中、来美は首藤に連れられ、施設の一室で信じられない光景を目にするのだった。 彼らは化け物たちを“ゴーレム”と呼んでいて。
その頃、気を失った美亜を保護し、一時の休息を得る響たち。 そんな中、響は化け物が一体もいないことをどこか不気味に感じていた。 さらに、仲間の中では今後どうするかを巡って仲間割れが発してしまう。 助けを待つべきだという佳奈恵(飯豊まりえ)に、苛立ちを隠せない等々力(笠松将)。
しかし、そこに日本刀を手にした謎の集団が現れる。 人質に取った佳奈恵と引き換えに、警官である等々力の銃を渡せと迫る一団。究極の選択を迫られた響たちを、さらなる罠が待ち構える。


ヒロインの一人で佳奈恵役で飯豊まりえ、「シライサン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/01/18/060000 に出演していました。
マキタスポーツは、「さんかく窓の外側は夜」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/01/28/060000 が近作ですね、映画としては。
そしてゲスト的な出演で笹野高史、「「スパイの妻」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/10/28/060000 に出演していました。


さて、なんとか宇和島の犠牲のもと逃げ切れた響たち。 しかし逃げ込んだショッピングモールに意外な人物が隠れていました。 人気女優の中越でした。 横浜は安全という噂がありましたが、そこまでいくのか? 響は皆と違い、くるみとの再会を求めていることから、行動に多少ずれが出てきます。
今回面白いのはショッピングモールというゾンビならではの設定が盛り込まれたいるところですね。
f:id:anttiorb:20210509081458j:plain

f:id:anttiorb:20210509081508j:plain

f:id:anttiorb:20210509081515j:plain