anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

クリスマス・クロニクル

2018年作品、クレイ・ケイティス監督、カート・ラッセル ダービー・キャンプ ジュダ・ルイス キンバリー・ウィリアムズ=ペイズリー出演。

マサチューセッツ州ローウェルに暮らすピアース家ではクリスマスを一家で祝うのが恒例となっていた。 しかし、一家の大黒柱であるダグ(オリヴァー・ハドソン)が殉職してからというもの、長男のテディ(ジュダ・ルイス)が車を盗むようになるなど、秩序は乱れるばかりであった。 末の娘であるケイト(ダービー・キャンプ)は「今年も一家でクリスマスを祝えますように」と願い続けていたが、その願いは到底叶いそうにない状態にあった。
2018年12月24日、看護師の母親が急に仕事場から呼び出されたため、テディが一人でケイトの子守をすることになった。 2人が昔のホームビデオを見ていると、突然暖炉の中から腕が伸びてきた。 サンタクロースがやって来たと信じ込んだケイトはテディに「サンタの存在を証明したいから手伝って」と頼んだが、テディはそれを断った。

ところが、ケイトが「協力しないなら、兄さんが車を盗む瞬間の映像をバラしてやる」と脅しつけてきたため、やむなく協力する羽目になった。 2人は暖炉の前に隠しカメラを設置し、近くのクローゼットに潜んでサンタがやってくるのを待つことにした。
しばらくしてケイトが目を覚ますと、居間にサンタクロース(カート・ラッセル)がいた。 ケイトは慌てて兄を起こしたが、そのときにはサンタの姿はなかった。

しかし、何者かが屋根の上を歩く足音が聞こえたため、テディは外に出た。 2人が空を見上げると、そこにはトナカイが曳くソリが浮かんでいた。 しかも、サンタクロースが屋根から屋根へと飛び移る姿が目に入ってきた。 2人はソリの中に隠れてサンタを待ち構えることにした。 サンタは2人の存在に気が付かないまま、ソリを動かしてしまった。 ケイトが姿を見せると、トナカイとサンタは仰天してしまい、空中でコントロールが取れなくなった。シカゴについた頃には、トナカイともはぐれてしまい、ソリも壊れてしまった。 最悪なことに、プレゼントも散逸してしまった。


ちょっと豪華で、ほっこりするクリスマスNetflixオリジナルでした。
監督はクレイ・ケイティス、「アングリーバード」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14469923 を記事にしています。
サンタ役はカート・ラッセル、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/09/12/060000 が近作ですね。
ケイト役がダービー・キャンプ、他のNetflixオリジナル作品に出演歴がありました。
ジュダ・ルイスは、「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う 」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14763758 に出演していました。


物語は、今まで楽しいクリスマスを4人で過ごしてきましたが、父が亡くなり母との3人家族になった兄妹のお話です。 クリスマスはいつもビデオを撮り、楽しかったんですが、今は父もいないクリスマス。 そして母は仕事で行ってしまいます。 ケイトはサンタを信じています。 そしてサンタがいることを証明しようとビデオを撮ることにします。 もちろん兄のテディはくだらないと思いますが、本当にサンタを撮ることに成功してしまう、ケイトでした。
しかし追いかけてそりに乗ってしまって、トナカイがびっくり、そしてソリが壊れ、トナカイも行方がわからなくなってしまいました。 サンタと一緒にトナカイを探し、そして剃りを直さなくてはいけません。 そうしないと子供たちにプレゼントが配れなくなってしまいますが。


これはクリスマスならではの奇跡と、感動のお話ですね。 二人がサンタと一緒に時間との戦いで奮闘する、なかなか面白い作品でしたが、何と続編ができるとは。


f:id:anttiorb:20201219100433j:plain

サンタがいた!

 

f:id:anttiorb:20201219100437j:plain

驚く二人

 

f:id:anttiorb:20201219100440j:plain

しかしトナカイが逃げてしまい

 

f:id:anttiorb:20201219100444p:plain

サンタもつかまってしまうが

 

f:id:anttiorb:20201219100452j:plain

何とかそりを直し

 

f:id:anttiorb:20201219100455j:plain

時間に間に合うのか?

 

f:id:anttiorb:20201219100459j:plain