anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う


ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォールストリートのエリート銀行員。 高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う味気ない日々を過ごしていた。
そんな仕事へ向かういつもの朝、妻の運転でいつものように会社に向かう時、妻のジュリア(ヒース・リント)から、冷蔵庫が水漏れをしているので直してほしいと言われる。 自分が? と思ったが、彼女の父・フィル・イーストマン(クリス・クーパー)からもらった工具があるはずと言われた その時、大きな衝撃が運転席側から襲いかかってくる。 横から追突された彼の車は運転席をまともに直撃、気が付くと病院に居て、フィルからジュリアが死んだことを知らされる。
彼のことを気遣い、彼の両親(マラキー・クリアリー、デブラ・モンク )が駆けつけてくれ、葬儀が行われる。 ところがディヴィスは、一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気付く。
2週間がたち、彼はいきなり会社に復帰する。 もっと休むと思っていた部下たちは一様に驚き、淡々と仕事を始めるデイヴィス。 しかし彼は病院で、腹が減ったので自動販売機からチョコレートを買おうとした時、詰まって出てこなかったことが気になり、その自動販売機メーカーに、不満を手紙に書き始めるのだった。 
それはただ苦情を言うのではなく、その時の彼の状況、精神状態を客観的に書き始め、それも1通でなく、日記のように送り続けはじめるのだった。
そんな時、時間は深夜の午前2時、一本の電話がかかってくる。 それは自動販売機メーカーの苦情処理係からだった。 彼女は一人で担当をしているが、何通も送ってくる手紙に興味が湧き電話をしてきたというのだった。 お詫びというよりは、好奇心だと言い非礼を詫び彼女は電話を切る。
カレン・モレノナオミ・ワッツ)という彼女のところに訪ねていくデイヴィス、しかし彼女は不在でカール(C・J・ウィルソン)がうるさそうに出てきた。 そして夜にレストランで一人で食事をしていると、今度は彼女がそこに来たというのだった。 しかしなかなか姿を見せないカレン。
「心の修理も車の修理の同じことだ。 まず隅々まで点検して組み立て直すんだ」、義父のフィルはデイヴィスのことを心配し、励ますのだったが、デイヴィスは、自分の居所が掴めずに、さらに尾行されているカレンに興味を持ち始めていくのだった。 そしてとうとう彼女の家を探し当てたデイヴィス、そして彼女だけでなく、息子のクリス(ジュダ・ルイス)とも親密になっていくのだった…

ジェイク・ギレンホールの主演の新作、「 エベレスト 3D」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13651318.html 「サウスポー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14204390.html とハードな役が続きましたが、彼ならではのちょっと変わった男役の主演作は 「ナイトクローラー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13880186.html 「複製された男」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13956362.html の匂いを少し感じますね。 ただあそこまでの毒の強さはないですが(^^)
いきなり妻を亡くした男、それも病気ではなく、不慮の事故であり、一緒に事故に遭った彼は全くの無傷なんですね。 しかし彼の今の地位は妻の父親のおかげであり、子供の無い彼は本当は邪魔者になってもおかしくない。 でも義父のフィルははじめは親身になってくれるんですね。
そして彼女の財産を基金として若くて、しかし貧しいチャンスが欲しい若者に投資しようという話を進めようとします。 しかしどうしてもデイヴィスはその話に乗り気になれない。 愛しているはずだった妻に対して、なぜか悲しみの感情が湧かない、しっかり自分を見つめることができない状態なんでしょうか?
そしてこのモレノ親子にどんどん傾斜していき、無軌道な行動を取り始めていくんですね。
ジェイク作品だと、ここからアナーキーな感じなっていくところですが、今作はそうはならないんですね。 この作品では再生譚な方向になっていくんですね。
監督はジャン=マルク・ヴァレ、前作の 「わたしに会うまでの1600キロ」 は見逃していますが、「ダラス・バイヤーズクラブ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12044430.html は良かったです。
ラストのあのお金の使い方は大変良かった。 クリス役のジュダ・ルイスのなかなかでした。

イメージ 1
突然妻を失ったデイヴィス

イメージ 2
妻の父のフィルは親身になってくれる

イメージ 3
妻の最後の言葉にあった工具

イメージ 6
そして何でも分解を始める

イメージ 4
クリスト知り合い

イメージ 5
自宅を破壊始める

イメージ 7