anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

小説の神様 君としか描けない物語

2020年作品、久保茂昭監督、佐藤大樹 橋本環奈 佐藤流司 杏花出演。

クラスに転校してきた詩凪(橋本環奈)は、一也(佐藤大樹)は隣同士の席になった。詩凪は、すぐにクラスの人気者になって、友人に囲まれていて、友人が九ノ里正樹(佐藤流司)しかいない一也とは対照的だった。
ある日、文芸部の部長をしている九ノ里正樹は、一也に部員を増やすために詩凪を文芸部に誘って欲しいと言う。 一也が誘うと、詩凪は文芸部に入部してきた。
しかも編集者の河埜(山本未來)に呼ばれると、売れっ子作家の詩凪と一緒に小説を書くことになるのだった。
すべてが真逆の2人が協力して、喧嘩しあいながらも大ベストセラーを目指して、小説を書くことになる。

‟~の神様”というフレーズに惹かれますね。
監督は久保茂昭、「HiGH&LOW」シリーズの監督をしていますね。
主演は佐藤大樹、「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15709473 に出演していました。
橋本環奈は、「弱虫ペダル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/08/23/060000 が近作です。
今作で一番いい役の九ノ里役は佐藤流司、「初恋 ~お父さん、チビがいなくなりました」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15957965 が近作です。 彼は今作の肝でしたね。
 
物語は、父が若くして急死した一也、でも彼の小説が売れて、高校生ながら、収入を上げることができて、次のヒット作を生み出そうとしています。 しかし、なかなか次作が出ず苦悩しています。 彼が高校生作家ということはあまり知られてはいませんが、唯一の友、文芸部部長の九ノ里だけは知っています。
そんな時に転校してきた美少女の小余綾詩凪、実は彼女は不動詩凪という人気高校生作家でした。 彼女も文芸部に入部してきますが、同じ時期に彼の編集者の河埜からある提案が来ます。 それはある作家と組んで共著をしないかということでした。 その相手がなんと彼女でした。 どうして彼女が自分で書かないのか? プロットは彼女が、文章表現を一也がということになって行くんですが。
 
今作はいきなり編集者から共著をしないかと言われた一也のお話です。 行き詰っている一也にしたら渡りに船ですが、次々とヒット作を飛ばしている不動との共著の理由がわかりませんし、彼女はあくまでも高圧的な強気の女の子でした。 実は一也はずっと入院している妹がいて、一家の生計を何とかしたいという責任感があり、父も売れない小説家でした。 彼の仕事場は父の所在がそのまま使われています。
 
ヒット作をどんどん生み出す作家というのはある種天才だと思います。 やはり自身が創作するプロットをしっかりつくれるか? 漫画で言えば原作、シナリオを構築できるかですよね。
彼女の抱えた秘密、それを乗り越えたところで二人がようやく前に進む、白黒で始まる作品ですがコントラストが面白かったですね。
 

f:id:anttiorb:20201014192700j:plain

デビューはできたものの次が出ない一也

 

f:id:anttiorb:20201014192707j:plain

父も作家だったがあまり売れなかった

 

f:id:anttiorb:20201014192712j:plain

河埜編集者に呼ばれ、共著を言われる二人

 

f:id:anttiorb:20201014192721j:plain

同じ文芸部の、部長の九ノ里と新入部員の成瀬

 

f:id:anttiorb:20201014192729j:plain

二人の創作は進み

 

f:id:anttiorb:20201014192734j:plain

だんだんと信頼感が出てくるが

 

f:id:anttiorb:20201014192736j:plain

そして4人となった文芸部

 

f:id:anttiorb:20201014192742j:plain