anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

最悪の選択

2018年作品、マット・パーマー監督、ジャック・ロウデン マーティン・マッキャン トニー・カラン イアン・ピリー出演。


スコットランド。 マーカス(マーティン・マッキャン)は旧友のヴォーン(ジャック・ロウデン)と連れだってハイランド地方の田舎町に出かけた。 現地に着いた2人は酒場に向かい、そこで地元の有力者であるローガン・マックレイ(トニー・カラン)に出会った。

その後、2人は若い女性:カラ(キティ・ロヴェット)とイオナ(ケイト・ブラッケン)と意気投合した。 マーカスがカラを連れ出そうとしたところ、ある男が「その女は危険だ」と言ってきたが、マーカスはそれを意に介さなかった。 2人きりになったヴォーンとイオナは良い雰囲気になったが、婚約者の存在を思い出したヴォーンは一線を越えることなく酒を飲み続けた。
翌朝、2人は二日酔いで体調がすぐれない状態にあったが、そのまま狩猟に出かけた。牝鹿を発見したヴォーンはすぐさま銃を構えて発砲したが、鹿に逃げられてしまった。ところが、ここで予期せぬ事態が起こった。 牝鹿の後ろには少年がおり、銃弾が彼に当たってしまったのである。 近くにいた少年の父親は激怒してヴォーンに銃口を向けたが、その様子を見たマーカスによって射殺されてしまった。

ヴォーンは警察に自首しようとしたが、殺人犯として逮捕されることを恐れたマーカスはそれを押しとどめた。 2人は死体を隠した後、直ちにその場から離れた。 道中、2人はガソリンスタンドに立ち寄った。 店員から「狩りをしているのは貴方たちだけです」と言われたマーカスはひどく狼狽した。 他の狩猟者に罪をなすりつけるつもりでいたからである。

2人は闇夜に紛れて死体を埋めるしか罪を逃れる道はないと確信した…


なかなか真に迫るサスペンスでした。
監督はマット・パーマー、初めて作品を見る監督です。
主演はジャック・ロウデン、「ダンメルク」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15133487 ではコリンズ役をしていました。
マーティン・マッキャンは、「ゾンビ・サファリパーク」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15559796 を記事にしています。


物語は、出産前に、二人きりで狩りに出かけるヴォーンのお話です。 マーカスは親友ですが、大体主導権は彼が取っているようです。 あまり経験のないヴォーン、しかしマーカスが一緒ならばということで、地方にやってきましたが、そこで入ったホテルには食事の用意がないようで、酒場に繰り出します。 そこでローガンという地元の有力者のようなしっかりした男に出会います。 しかし二人はそこにいた二人の女性と一晩を過ごします。 ヴォーンはイオナという女性と一緒でしたが、飲んだだけで、ちょっと深酒をしてしまいました。
マーカスはどうやらカラと寝てしまったようで、これが後々面倒なことになって行きます。 そして次の日の狩猟で事故が起きます。


もう二人を殺してしまったヴォーンとマーカス。 鹿がよけたことから子供に当たってしまいましたが、ここまでは事故でしたね。 でも動転したのはヴォーンたちだけでなく、父親も狂乱してどんどん悲劇が広がりましたね。
展開として逃げきれそうもありませんが、だったらどうやって決着をつけるのかが気になる作品でしたね。


f:id:anttiorb:20200703183727j:plain

狩りの前日、深酒をしてしまった二人

 

f:id:anttiorb:20200703183732j:plain

寝坊をしたが森に向かい

 

f:id:anttiorb:20200703183734p:plain

狙いを定めたが

 

f:id:anttiorb:20200703183738j:plain

子供にあたってしまう

 

f:id:anttiorb:20200703183747j:plain

そして父親も殺してしまい

 

f:id:anttiorb:20200703183749j:plain

二人は追い詰められていく

 

f:id:anttiorb:20200703183755j:plain