anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

仮面の男 

1998年作品、ランダル・ウォレス監督、レオナルド・ディカプリオ ジェレミー・アイアンズ ジョン・マルコヴィッチ ジェラール・ドパルデュー出演。


ルイ13世に仕えた親衛隊の面々であるアラミス(ジェレミー・アイアンズ)、ポルトス(ジェラール・ドパルデュー)、アトス(ジョン・マルコヴィッチ)もすっかり年老いた。 その中でただひとり、ダルタニアン(ガブリエル・バーン)だけが銃士隊長として若きルイ14世レオナルド・ディカプリオ)の下に仕えていた。

度重なる戦争によってフランスの国民は極度の飢えに苦しめられていたが、宴にうつつを抜かす日々。 そんな国王に恋人クリスティーヌ(ジュディット・ゴドレーシュ)を奪われたアトスのひとり息子のラウル(ピーター・サースガード)は戦地に送られ死に、アトスは国王に復讐を誓う。

一方、イエズス会の首領アラミスは、かつての盟友を集め、バスティーユ牢獄に幽閉されている仮面の男と国王をすり替える計画を提案。 アトスとポルトスが協力を申し出るが、ダルタニアンだけは協力を拒んだ。 彼はルイ14世の母・皇太后アン(アンヌ・パリロー)と密通していたのだ。

アラミスら三人は仮面の男の救出に成功し、彼の仮面を脱がせた。 すると、中からルイ14世に瓜ふたつの顔が現われた。彼 の正体は現国王の双子の弟フィリップ(ディカプリオ=二役)だったのだ。 政変を恐れた先王によって秘かにパリの田舎で育てられたが、その事実を知ったルイ14世によって牢獄に幽閉されたのだ…


近世の大河ドラマという感じのお話ですね。
監督はランダル・ウォレス、「天国は、ほんとうにある」https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13445898 を記事にしています。
主演はレオナルド・ディカプリオ、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/09/12/060000 が近作です。今作では二役ですね。
ジェレミー・アイアンズは渋い俳優さんですね。「ある天文学者の恋文」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14450200 が印象的でした。
ジョン・マルコヴィッチは、「マイル22」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15840681 が近作ですが、変幻自在の俳優さんですね。


物語は、ルイ13世の時のフランスです。 しかし時代は14世に移り変わり、引き続き親衛隊がいましたが、新しい時代とともに、彼らは第一線からだんだんと遠ざかっていきます。 しかし14世は、わがままいっぱいのボンボンで、欲しいものはどうしても手に入れたくなる性格でした。 そして、美しいクリスティーヌを手に入れるため、恋人を戦地に追いやってしまう。 そんな時14世にうり二つの人間が現れる。


ディカプリオが二役に挑戦、20年以上前ということで、彼が若いんですが、こういう役は嵌りますよね。 ただ二役ということで、そこは別に似ているにこだわらなくてもいいと思いますが、仮面をかぶせられるというところがみそなんですね。

ずっとかぶっているのかと思いましたが、しっかりとしたドラマになっているので、勧善懲悪の交代劇となっています。


f:id:anttiorb:20200304195938j:plain

13世の親衛隊だった4人

 

f:id:anttiorb:20200304195950j:plain

しかし14世はわがままで

 

f:id:anttiorb:20200304195957j:plain

何でも手に入れる男

 

f:id:anttiorb:20200304200008j:plain

そして彼女の婚約者を排除する

 

f:id:anttiorb:20200304200015j:plain

そしてこの男が

 

f:id:anttiorb:20200304200023j:plain

仮面をつけられる

 

f:id:anttiorb:20200304200034j:plain