anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

トランスポーター3 アンリミテッド

2008年作品、オリヴィエ・メガトン監督、ジェイソン・ステイサム ロバート・ネッパー フランソワ・ベルレアン ナターリャ・ルドコワ出演。

国際廃棄物管理会社・エココープ社はウクライナで施設を操業する権利を得て、すでに土地も購入していた。 有毒廃棄物をウクライナ国内に持ち込むには、ウクライナ環境大臣・レオニド・ヴァシレフ(ジェローン・クラッベ)が署名した正式書類が必要だった。 しかし環境保護者で知られるレオニドは、エココープ社のような営利をむさぼる企業に自国を汚染させるはずがなかった。
エココープ社はレオニドの署名を得るため、テロ対策のデルタ部隊出身で民間のボディーガードを請け負うジョナス・ジョンソン(ロバート・ネッパー)を雇う。 ジョンソンは、レオニドの娘・ヴァレンティーナ(ナターリア・ルダコワ)を誘拐する。 そして救出されないよう常にヴァレンティーナを動かしておくため、運び屋のフランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)に依頼する。
しかしフランクはそれを断り、友人の名前をジョンソンの手下に告げる。 フランクの友人・マルコム(デビッド・アトラッキ)はその仕事を受け、ヴァレンティーナを乗せて車を走らせる。 しかしジョンソンの手下に撃たれ、車ごとフランクの家に突っ込む。フランクはヴァレンティーナを救出しようとするが、そのとき何者かに殴られ、気を失ってしまう。 気がつくとジョンソンのもとにいたフランクは、むりやりオファーを引き受けさせられる。
フランクとヴァレンティーナは、車から20メートル以上離れると爆発するブレスレットをはめられ、都市から都市へと移動する。 その道中は、常にレオニドが送り込んだ捜査官から追われ、ジョンソンの細かい監視が続く。 フランクはジョンソンの指示通りに、マルセイユ、シュトゥガルト、ブタペスト、オデッサとヴァレンティーナを運ぶが、2人で逃げ出す方法を絶えず画策していた・・・

さて3作目、長閑なシーンから始まります。
監督はオリヴィエ・メガトン、近作は 「96時間 レクイエム」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12603720.html と前作を監督しています。
今回の悪役のゲストキャラはロバート・ネッパー、「プリズン・ブレイク」 でブレイクした俳優でしたし、彼を見たくて劇場まで行きました(^^) 映画出演としては、「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14557003.html となります。
そしてヒロイン役でナターリア・ルダコワ、この作品以外では出演作が見当たりません、個性的な役でしたね。
さらに名前はないですが “巨人” 役でセーム・シュルトが出演しています。 もっと見せ場のシーンで起用したらよかったのに、ちょっと残念なやられ方でした(^^) 何本か映画に出演しているみたいですね。

物語は、寛いでいる時に、いきなり車が壁を突き破りはいってきました。 そしてドライバーは彼の友人だったことで、すぐに救急車を呼ぶんですね。 しかし彼の腕には変なブレスレットが。 そして、救急車で搬送する時に後部座席に女が眠っているんですね。 彼女の腕にも同じものが。
そして彼女があわてだし、フランクの引き止めも間に合わず大爆発が起こります。 そうこのブレスレットは恐ろしいものなんですね。 この後彼は一撃を受け気を失い、同じ目にあっていきます。
さて、今作は環境問題が少し絡んでいます。 恐ろしい廃棄物が輸送されていて、これに触れるとあっという間に死んでしまう、しかしその処理施設で大儲けしようとする会社が絡んでくるんですね。
なかなかハードな話ですが、いたるところに金儲けにつなげようとする人間が大きな事件を起こしていく、そこのところが、絡んでくる嫌な展開をフランクが身を張っていくという、衝撃のラストの展開、これでステイサムはこのシリーズを卒業となるんですね。

イメージ 1
友人の運び屋は大爆発と共に吹っ飛んでしまった

イメージ 2
そして彼も

イメージ 3
同じブレスレットをしたこの女を運ぶことに

イメージ 4
依頼者はこの男

イメージ 5
そして何とか脱出手段を探るが

イメージ 6
いろんな刺客が

イメージ 7