anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ウォーターボーイズ

2001年作品、矢口史靖監督、妻夫木聡主演。

弱小水泳部の部員・鈴木智妻夫木聡)。 ただ一人しかいない水泳部はもう廃部寸前だった。 一応大会に参加しているが、ヘマばかりしている。
たまたまやっていたシンクロの演技にみとれる鈴木。 部室もなく、壊れたロッカーがあるだけの水泳部。 プールも汚れ放題。
そこに水泳部の顧問に美人新任教師の佐久間先生(眞鍋かをり)が就任した。 不届きな男子生徒がやたら入部してきた。 明らかに佐久間先生目当てだった。
佐久間先生は住みついていた野良犬が気に入り綺麗に洗っていたが、急に佐久間先生は悲しそうな表情を見せる。 彼女の専門はなんと、シンクロナイズドスイミング部だったのだ。 男子校に赴任するとは思っても見なかった彼女だった。
ビデオを見せられ、唖然とするにわか部員たち。 残ったのは、鈴木と、いい加減な性格の元バスケ部の佐藤(玉木宏)、ガリガリのダンス少年・太田(三浦哲郁)、秀才だがカナヅチの金沢(近藤公園)、なよっちい早乙女(金子貴俊)の5人。
何とか5人でシンクロを始めようとした矢先に、なんと佐久間先生は妊娠に今まで気が付いておらず、妊娠8か月で産休に入ってしまった。
でも文化祭で5人は消極的にシンクロを申請したが、毎年バスケ部が釣堀をプールでしていたので、そういう方向になりつつあった。 しかしみんなのばかにした言動にだんだんと奮起する5人。
そしてバスケ部からプールの使用権を奪い取るためにまず動き出す5人だった・・・

今から11年前ということで、妻夫木、玉木という今ならこんな役なんて、と思うキャストですよね。 特に玉木が最初アフロなので、誰だかわかりづらかったですね。
また鈴木の彼女役に、平山あやが充てられており、今はちょっとお水っぽい役の多い彼女なので凄い違和感がありますね。
この後に矢口監督は 「スィングガールズ」 を撮るんですね。 私はそちらはDVDBOXまで持っていてスピンオフまで見ているんですが、こちらは初見でした。
だって男のシンクロなんで…そんな趣味は…でも、矢口節炸裂の楽しい映画でした。
眞鍋かをりがとんでもなく若いですね。 もうちょっと出番があってよかったかもしれませんね。


イメージ 1
新任の美人教師現る

イメージ 2
しかし産休になり残った5人

イメージ 3
さらに文化祭のピンチ

イメージ 4
そして5人はシンクロに

イメージ 5
はたして成果は


イメージ 6