anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

四月は君の嘘

2016年作品、新城毅彦監督、広瀬すず山崎賢人石井杏奈中川大志出演。

子供の頃、天才ピアニストであった、有馬公生(山崎賢人)。 母親が自分の命が短いことで公生に厳しくピアノを教えてきた。 お母さんが元気になるためにと頑張ったコンクールで母親から逆に厳しく叱責されてしまった。 そして、母親の死がきっかけで自分が弾くピアノの音だけが聴こえなくなってしまう。 それから、ピアノからも離れてしまう。
高校2年生となった公生は、桜舞う4月のある日、幼馴染の澤部椿(石井杏奈)と渡亮太(中川大志)に誘われ、ヴァイオリニスト宮園かをり(広瀬すず)と出逢う。 そして椿達にかをりのコンクールに連れていかれる。
かをりの演奏を聴き衝撃をうける公生。 それは楽譜などに縛られることなく、自由奔放に楽しんで弾いている姿を目の当たりにしたからだ。 もちろん審査員は複雑な表情を見せるが、そんなかをりに惹かれはじめていく。 だが、かをりは親友の渡のことが好きなことを知っているため自分の気持ちに蓋をしてしまう。
かをりは公生のことを 「少年Aくん」 と呼びながらも、自分が出場するコンクールの伴奏者に公生を任命し、無理やりに音楽の世界へひきこもうとする。
一旦断るが、かをりの音楽に対する気持ちを知ることで伴奏者を引き受け、二人で練習をするようになる。 コンクール当日、緊張している公生にかをりが 「前をむいて私をみて」 「旅の恥はかきすて」 「ひとりじゃないよ」 「一緒に恥をかこうよ」 と声をかける。
舞台にあがる二人。 初めは順調にみえた公生だが、次第にピアノの音が聴こえなくなる。 演奏も途中でやめてしまう。 かをりも途中で演奏をやめる。 でも、公生と弾くことを諦めていなかったかをりは、「アゲイン」 と呟き、また弾き始める。
コンクールとしては失格だったが、二人の演奏は会場の人たちの心に響くのだった・・・

劇場には行かなかった作品でしたが、広瀬すず山崎賢人の黄金コンビの作品ですね。
監督は新城毅彦、若い俳優さんたちの作品を多く撮っていますが、私ははじめて見ました。
主演はダブルで、まずは広瀬すず。 もうヒットメーカーとなった彼女ですが、近作は「三度目の殺人」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15135988.html 「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14796531.html ですが、今後もどんどん新作が公開されますね。
物語は、天才的なピアニストだった主人公:公生が、母親の死から全く弾けなくなってしまったピアノを、かをりとの出会いから再び弾き始めるといったお話ですね。
この宮園かをりは、ヴァイオリンを弾くんですが、コンクール仕様の弾き方をまったくしない、ただ自分がしたい表現をするんですね。 実はこれがこの作品ではいちばん大きいこと、音楽を楽しむことに正直なんですね。
審査員もこれを評価する人と、毛嫌いする人とに別れてしまうんですね。 意外に皮肉が利いている原作ですね。 しかし彼女にも大きな秘密があった、そして物語は彼女にシフトしていくんですね。
健康的な感じのすずちゃん、ちょっとこれは路線が少し違いましたね。

イメージ 1
仲の良い3人だった

イメージ 2
そこに現れたかをり

イメージ 3
ヴァイオリニストの彼女は公生に協力を依頼する

イメージ 4
自由奔放な彼女

イメージ 5
そして迎えた本番だったが

イメージ 6