anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

コマンドー

1985年作品、マーク・L・レスター監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演。

普通に暮らしている夫婦がいる。 主人がゴミ捨てに行くと、突然清掃車の作業員がその男を打ち殺した。
カーショップでもその店のオーナーが轢き殺された。 港では自分の船に乗り込んだ男が爆破された。 いずれも犯人は同一人物で黒人だ。
ジョン・メイトリックス(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、11歳の娘ジェニー(アリッサ・ミラノ)と山荘にひき込もり静かな生活をおくっていた。 彼は優秀なコマンドーだったが、リタイヤしていた。
しかしそこに来たのは元の上官のカービー将軍(ジェームズ・オルスン)だった。 最近メイトリックスの部下だった者が次々に殺されていることを告げ、2人の兵を護衛として残して去った。 しかし魔の手はジョンのところにも来たのだった。
あっさりと護衛は打ち殺され、娘が武器を取りに行っている間にさらわれてしまった。 車はかからないように壊されていたが、斜面まで持っていき坂を直線に降りて娘を追った。
しかし娘を取られていたので捕まってしまった。 麻酔銃を撃たれ連れてこられたのは、南米バル・ベルデの元大統領アリアス(ダン・ヘダヤ)のところだった。
そこにはベネット(ヴァーノン・ウェルズ)がいた。 彼もコマンドー隊員だったが、あまりに人を殺しすぎるので、メイトリックスに追放され、復讐の機会を狙っていたのだ。彼はなぜ生かされたのか? それはジェニーの生命と引き換えに、現大統領の暗殺をやらせるためだった。 娘を人質に取られおとなしくバル・ベルデに向かうジョンだったが、そこからジョンの愛娘救出作戦開始だった。 バル・ベルデに飛行機が着く11時間が勝負だった…

シュワちゃん全盛期の作品で、これは「ターミネーター」シリーズと並び代表作ですね。 なぜ続編ができなかったのか不思議なくらいです。
子役時代のアリッサ・ミラノが出て可愛いですね。 ストーリーは単純ですが、元グリーンベレーで殺人鬼役でビル・デュークが出ていて、このころのちょっと骨太の悪役で数多く出演していますね。
もちろん地上波で何度もやっていますが、息抜きに全長版もいいですね。

イメージ 1
娘がさらわれた

イメージ 2
そして奪回作戦開始

イメージ 3
無敵の戦士

イメージ 4
そして決戦

イメージ 5
たった一人で敵を壊滅、娘も救出

イメージ 6