anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

イチケイのカラス ⑥

2021年作品、田中亮 星野和成 森脇智延 並木道子演出、竹野内豊 黒木華 新田真剣佑 小日向文世 草刈民代 中村梅雀 桜井ユキ 水谷果穂 山崎育三郎 升毅出演。

第6話 令和の大泥棒が法廷に登場!

草野球の試合を終えたみちお(竹野内豊)たちは、相手の井出(山崎育三郎)ら地検チームと一緒に石倉(新田真剣佑)の実家『そば処いしくら』に集まって飲んでいた。 そこに、坂間(黒木華)が日高(草刈民代)を連れてやってくる。 坂間は、女性裁判官の会に出席し、日高の最高裁長官内定のお祝いをしていたという。  するとみちおは、志摩総一郎(羽場裕一)という男の名前を出し、彼が被害に遭った窃盗事件を担当することになったと日高に告げる。 志摩は、弁護士時代のみちおが最後に担当したある事件に関係する人物だった。
みちおが裁判長を務める窃盗事件とは、前科6犯の窃盗犯・岸田(バカリズム)が、会計事務所所長の志摩の自宅に忍び込み、現金113万円を盗んだ事件だった。 岸田は犯行後、盗んだ自転車で逃走を図ったが、その途中で新聞配達員と自転車同士の衝突事故を起こして顔を見られたため自首していた。  第1回公判で、岸田はエリート人生から転落して窃盗を繰り返したという井出の言葉に反発し、泥棒がいかに魅力的な仕事であるか、どんな金庫も開けられる優れた耳を持つ自分がその個性を生かすためにいかに努力をしているかを力説し始める。 また岸田には、金が余っている家しか狙わず、人は絶対に傷つけない、というポリシーがあるらしい。

みちおのファンクラブ「みちおを見守る会」の会長・富樫浩二役で明樂哲典、「修羅の世界」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/02/08/060000 に出演でした。
みちおと同じ法律事務所の同僚だった弁護士・青山瑞希役で板谷由夏、「百花」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/09/13/060000 に出演でした。
自信家の窃盗犯の岸田茂役でバカリズム、「地獄の花園」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/06/04/060000カメオ出演をしていました。
次長検事の中森雅和役で矢島健一、「線は、僕を描く」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2022/10/24/060000 に出演していました。

12年前の事件に迫る展開の回でした。自信家の窃盗犯がなぜか自首をしてきました。 そして大金を盗んだかと思われていましたがそうではなことに不信感を持ち、岸田を攻めることになっていきますが。
しかしみちおが岸田を落とす方法はなかなかうまかったですね。