anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

エルヴィス

2022年作品、バズ・ラーマン監督、オースティン・バトラー トム・ハンクスリビア・デヨング コディ・スミット=マクフィー出演。

白人らしからぬスタイルで登場し、誰も聴いたことのないロックとセンセーショナルなダンスを披露した無名歌手のエルヴィス・プレスリー(オースティン・バトラー)。 彼のスタイルは人々を魅了し、熱狂させ、大きなムーブメントを引き起こす。 その才能を見いだしたマネージャーのトム・パーカー(トム・ハンクス)により、スターダムを駆け上っていくエルヴィスだったが、熱狂が全米へ広がるとともに、社会の大きな反発も生んでゆく

監督はバズ・ラーマン、監督の記事はなかったです。 書いたと思ったんですが。
エルヴィス役はオースティン・バトラー、「デッド・ドント・ダイ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/04/11/060000 に出演していました。
そしてトム・ハンクス、「幸せへのまわり道」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/09/12/060000 が近作記事ですね。

あまり全盛期に触れていなかったエルヴィス・プレスリー、そのわけはあまりにも早い亡くなり方だったからですね。 生前の熱狂的な映像は多々見たことがありますが、だからと言って全長のライブ映像を見たことはありません。 この伝記映画は、彼と、その敵役であり、父代りであり、腐れ縁のようなパーカー大佐の二人にスポットを当てています。


彼の独白から始まりますが、彼だけでなく世界的なスーパースターには、彼に張り付いておこぼれを頂戴する取り巻きがやはりいるんでしょうね。 その煩わしい存在で、類い稀な才能が早く亡くなってしまっていく、それは芸能の世界でも、スポーツの世界でも多くあったんでしょうね。