anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アポロ13

1995年作品、ロン・ハワード監督、トム・ハンクス ケヴィン・ベーコン ゲイリー・シニーズ ビル・パクストン エド・ハリス出演。

アポロ11号、12号が無事月に着陸した。 ベテラン宇宙飛行士のジム(トム・ハンクス)は14号に乗る予定だったが、計画自体が政治家や国民から飽きられて来ていた。 13号のクルーが病気になり、急遽ジムのチームが13号を任される。 だが着陸船操縦士ケン(ゲイリー・シニーズ)は風疹の疑いで降板させられ、ジムとフレッド(ビル・パクストン)は断腸の思いで代替要員のジャック(ケヴィン・ベーコン)を受入れる。 そして70年 4月11日、アポロ13号は出発した。 ジムたちは恒例のテレビ中継にサービス満点で出演するが、全国ネットがどれも彼らを無視しているとは知る由もなかった。中継の直後、ジャックが酸素タンクの攪拌スイッチを押すと、突然爆発が起こった。 酸素が流出して燃料電池の出力も低下してゆく。 研究者たちの予測は絶望的だが、フライトディレクターのジーン(エド・ハリス)は絶対に彼らを生還させると決意する。船上の回路で使用できる電流はわずか20アンペア。 地上ではケンがこの電力内でいかに船をコントロールできるかシミュレーションに没頭する。 三人が二人乗りの着陸船に退避したため、二人分の二酸化炭素処理能力しかない着陸船の限界を越えてしまった。

監督はロン・ハワード、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15584641 他、記事にしています。
主人公・ジム・ラヴェル役はトム・ハンクス、「幸せへのまわり道」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/09/12/060000 に出演していました。
ケヴィン・ベーコンは、「パトリオット・デイ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14981476 に出演でした。

まだ子供だった私はアポロ計画は知っていましたが、この13号の苦難は知りませんでしたし、この映画よりも都市伝説的な「アポロ18」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13374738 の方に興味があり先に見てしまったくらいでした。
絶体絶命の中奇跡的、そしてNASAの威信にかけた帰還劇でしたが、もし今の科学力だったらどうしていたのかが大いに気になりますね。 そしてもう一度月探査に乗り出すようなアメリカ、今度のトライは、どこまで踏み込むんでしょうか?(10時)