anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

汚名

1946年作品、アルフレッド・ヒッチコック監督、ケイリー・グラント イングリッド・バーグマン クロード・レインズ ルイス・カルハーン出演。

ドイツ出身の父親がナチスのスパイであったとして、世間から非難されていたアリシア・ヒューバーマン(イングリッド・バーグマン)に、FBIエージェントのT・R・デヴリン(ケーリー・グラント)が近づく。 デヴリンはアリシアに、第二次世界大戦後にブラジルに逃げたナチ党のグループを見つけるための助力を求める。 当初はデヴリンに反発していたアリシアだったが、母親の生まれた国である米国への愛国心から、デヴリンに協力することにする。 こうして共に行動することになった2人はすぐに愛し合うようになる。 ところが、ブラジルに着いた2人に下された命令は、ナチの有力な支援者であるセバスチャン(クロード・レインズ)にアリシアがハニートラップを仕掛け、情報を引き出すというものであった。 デヴリンは動揺するが、任務と諦める一方、アリシアはデヴリンが明確に反対しないことに失望し、任務を引き受けることにする。
父親の友人で、かねてよりアリシアに想いを寄せていたセバスチャンを籠絡するのは容易だったが、セバスチャンはすぐにアリシアに求婚する。 対応に困ったアリシアはデヴリンの上司プレスコットルイス・カルハーン)らに相談するが、プレスコットらは妻となったほうがより情報を得やすくなると結婚を勧める。 デヴリンは動揺するものの任務と諦めて黙認する。 その姿にアリシアはさらに失望する。

時代ですよね。
監督はアルフレッド・ヒッチコック、今作は大戦後ということもあり、ナチに対する作品となっていますね。
主演はケイリー・グラント、「断崖」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14520569 でも監督とのコンビでした。
アリシア役はイングリッド・バーグマン、「白い恐怖」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/02/02/180000 で監督と撮っています。

ものがtりは父がナチのスパイだったアリシアは、やはり肩身の狭い生活を強いられていました。 今は母の母国のアメリカで生活をしていますが、FBIからナチの残党狩りの依頼を受けます。 エージェントのデヴリンと恋に落ちますが彼女に降った指令は、ターゲットに対するハニートラップでした。 デヴリンは彼女の選択を気にかけますが、アリシアは果敢に挑戦するんですが。


これはクライマックスがなかなか迫力ありますね。 危機一髪に陥った彼女、どう切り抜けるのか? ただ、切り抜けただけでは目的を達成できませんね。 ラストはちょっとかっこいいんですね。 でもこういうナチの残党は世界各国に散らばったと言われ、もしかしたら、生き延びた人間もいたことでしょうね。

 

f:id:anttiorb:20211207210634j:plain

f:id:anttiorb:20211207210643j:plain

f:id:anttiorb:20211207210645j:plain

f:id:anttiorb:20211207210653j:plain

f:id:anttiorb:20211207210656j:plain

f:id:anttiorb:20211207210701j:plain

f:id:anttiorb:20211207210703j:plain