anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アバウト・ア・ボーイ

2002年作品、ポール・ウェイツ クリス・ワイツ監督、ヒュー・グラント トニ・コレット ニコラス・ホルト ヴィクトリア・スマーフィット出演。


ノース・ロンドンに住む36歳独身のウィル・フリーマン(ヒュー・グラント)は、父親の遺した印税収入により、何もせず気ままに暮らしていた。 人生を謳歌していると自分で語るウィルだが、周りからは精神的に成長していないと見られている。 たくさんの女性とデートはするものの、その関係は2カ月以上持ったためしがない。

たまたまシングルマザーの女性と交際し、その気楽さに味をしめたウィルは、片親が互いに励ましあうグループ:SPATに参加。 うまくスージー(ヴィクトリア・スマーフィット)という女性とデートの約束を取り付けるが、デートには彼女の友人フィオナの息子マーカス(ニコラス・ホルト)も一緒だった。
マーカスは、精神的に不安定かつヒッピー風で奇妙な母:フィオナ(トニ・コレット)の影響で学校に溶け込めずにいたが、フィオナはそれに気づいていない。 マーカスは、フィオナと自分を支えてくれるよう、ウィルを頼り、放課後ウィルの家に遊びに来るようになった。 ウィルは、周りの子供と同じような外見をさせてやろうと、マーカスにアディダスのスニーカーを購入するが、学校でさっそく盗まれてしまう。

これがきっかけで、フィオナにウィルとの交遊がばれ、フィオナとウィルは激しい口論となり、マーカスはウィルに会えなくなる。
マーカスは盗難について校長に呼び出され、そのときに出会った不良風の上級生:エリー(ナタリア・テナ)に一目惚れする。 マーカスは再びウィルの下に出向き、エリーが心酔するカート・コバーンのことを教わる。 カート・コバーンの話題をきっかけに、マーカスはエリーと友達になった。 ウィル、そしてエリーとの交流によって、マーカスは精神的に成長していく…


ちょっと淡い感じも入っているお話です。
監督は共同でまずはクリス・ワイツ。「ライラの冒険 黄金の羅針盤」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/6581604 が単独作品ですね。
ポール・ウェイツは、「ダレン・シャン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/9439626 を記事にしています。
主演はヒュー・グラント、「パディントン2」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15342722 が近作ですね。最近は悪役が多いですが、今作のような役が昔は多かったですね。
そしてトニ・コレット、「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/02/10/060000 が近作ですね。


物語は、36歳にもなって子供のように暮らしているウィルのお話です。 父の印税で暮らしていて、生活に不安のない彼は、何もしないで暮らしているある意味ダメ男。 周りはそんな彼に、何とか女性としっかり付き合って、できれば結婚を勧められます。
しかし長続きしない生活が続いた中、シングルマザーが楽だと気が付きます。 そんな中、マーカスという少年と知り合います。 彼は精神的に病んでいる母が心配でしたが、何とかウィルに母を紹介しようと仕掛けます。


今作は、ウィルの物語であり、マーカスの成長譚ですね。 結婚も、子育てもしたことのないウィルですが、マーカスと知り合ったことで、だんだん父性が芽生えてくるウィル、実は彼の成長譚でもありました。

しかしヒューはこういう役が似合いますね。

 

f:id:anttiorb:20200411191334j:plain

ぎこちなく赤ん坊を

 

f:id:anttiorb:20200411191345j:plain

マーカスと知り合うウィル

 

f:id:anttiorb:20200411191348j:plain

そしてマーカスを通して

 

f:id:anttiorb:20200411191352j:plain

ウィル自身も

 

f:id:anttiorb:20200411191355j:plain

すこしずつ?

 

f:id:anttiorb:20200411191359j:plain

普通の付き合いも学んでいく

 

f:id:anttiorb:20200411191403j:plain