anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

エリザベス∞エクスペリメント

2018年作品、セバスチャン・グティエレス監督、アビー・リー キーラン・ハインズ カーラ・グギーノ マシュー・ビアード出演。

ノーベル賞を受賞した天才生物学者ヘンリー(キアラン・ハインズ)は、ひと目惚れした女性エリザベス(アビー・リー)を花嫁に迎え、郊外の邸宅で一緒に暮らし始める。
完璧な美しさと肉体を備えたエリザベスは、ヘンリーとの甘い生活を満喫するが、ある日、ヘンリーから “絶対に入ってはいけない” と言われていた部屋の扉を開けてしまう。 そこには、自分と全く同じ姿をした人間が、裸のまま管につながれた状態で保管されていた。
そして、秘密を知る使用人オリバーから、信じ難い事実を告げられる。 エリザベスは、5番目のクローンだというのだ。
己の欲望を満たすため、常に若く美しい “エリザベス” を創り出すヘンリーの計画を知り、邸宅を抜け出そうとするエリザベスだったが……。
 
公開は未体験ゾーンだったようですね。
監督はセバスチャン・グティエレス、「人喰い人魚伝説」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14295162 を記事にしています。
主演はアビー・リー、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/13179139 で注目された女優さんですね。
そしてキーラン・ハインズ、「ファースト・マン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15872783 が近作です。
 
物語は年の離れた女性を見止め、結婚したところから始まります。 天才物理学者のヘンリーに見初められた女性はエリザベス。 しかしある謎の部屋があることを言われます。 絶対にはいってはいけない、しかし彼女はそこを開けてしまうんですね。
 
今作はクローンがテーマですね。 しかしちょっとノーベル賞まで取った学者が、だいぶ粘着質の男であり、科学よりも美を求めるということのようですね。 SF作品ですが、「キャリー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/10616717 のような色使いもあり、アブノーマルな世界を感じますね。
 

f:id:anttiorb:20200721183343j:plain

ヘンリーとエリザベス

 

f:id:anttiorb:20200721183348j:plain

彼女を溺愛するヘンリー

 

f:id:anttiorb:20200721183354j:plain

しかし入ってはいけない部屋が

 

f:id:anttiorb:20200721183359j:plain

外に出ることも

 

f:id:anttiorb:20200721183402j:plain

そこには自分と同じ女性が

 

f:id:anttiorb:20200721183407j:plain

双子?

 

f:id:anttiorb:20200721183412j:plain