anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ルパンの娘 第1シリーズ ②

2019年作品、武内英樹 品田俊介 洞功二演出、深田恭子 瀬戸康史 小沢真珠 渡部篤郎出演。

第2話

三雲華(深田恭子)は泥棒一家“Lの一族”の娘であることに思い悩んでいる。 なぜなら、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)は警察一家の息子だからだ。 和馬の家族と自分の家族を合わせるなど、華にとってはもってのほか。 そんな華の願いもむなしく、和馬が母の美佐子(マルシア)、父の典和(信太昌之)、元警察犬のドンまで連れて三雲家に挨拶に来てしまう。

玄関に入った美佐子と典和は、警察官の嗅覚でいろいろと探り始めたため、華は気が気でない。 幸い、ダミーの家に尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)たちの姿がなかったため、華は胸を撫で下ろす。 ところが、尊たちが秘密の通路からやって来てしまった。
図らずも両家の親たちの顔合わせになってしまい、華は和馬たちの職業を尊たちにバレないようにしようと必死。 尊たちは泥棒とは言わないが、おかしな職業を作り上げているので、やはりハラハラしっぱなしの華。 後から現れたマツ(どんぐり)は、尊と一緒に公務員批判を繰り広げ始める。 両家は睨み合いになってしまうが、意外なことで尊と典和が意気投合。 別々の高校に在学していた時に、野球部で試合をしていたのだ。
とりあえずホッとする華だが、美佐子は典和とは違っていた。 後日、華は美佐子から和馬とは別れて欲しいと言われてしまう。 やはり和馬と別れた方が良いのかと華は悩む。 そのころ、和馬はアポ電強盗事件を担当。 一方、三雲家は、ある会社社長が所有する“秀吉の茶釜”を盗む計画をしていた。

相手役に瀬戸康史、「事故物件 恐い間取り」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/09/09/060000 に出演していました。
父役は渡部篤郎、「マスカレード・ホテル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15842029 に出演していました。
母役は小沢真珠、「翔んで埼玉」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15885304 に出演していました。
祖母のマツ役はどんぐり、「カメラを止めるな!リモート大作戦!」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/05/28/060000 に出演していますが、このシリーズで一躍脚光を浴びた怪演女優さんとなりましたね。

さて、泥棒一家の三雲家、「Lの一族」と呼ばれ警察もマークしている存在です。 しかし警察一家の青年と恋に落ちてしまい、彼女の悩みはどんどん膨らんでいきます。別れた方がいいのか? しかし二人の愛がまずは一番なんですが。


f:id:anttiorb:20210831204456j:plain

f:id:anttiorb:20210831204458j:plain

f:id:anttiorb:20210831204501j:plain