anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

黒い乙女A

2019年作品、佐藤佐吉監督、浅川梨奈 和田聰宏 三津谷葉子 北香那出演。

幼い少女の芽衣は母親と同居する男(佐藤佐吉)から、爪につま楊枝を刺されていた。芽衣は何も反応せず辛抱している。 やがて母親が帰ってくると男に「何するの!」と怒るが、すると男が「じゃあこれはどうだ」と殴り掛かると、芽衣はそのまま倒れ込む。男は母親にも暴行を振るい、男の目をハサミで刺した芽衣は、今度は灰皿で何度も殴り、男と母親を殺した。
成長した芽衣(浅川梨奈)は、施設に入れられていたが狂暴な性格ゆえ、一人で置かれていた。 そんな芽衣を引き取ったのは子供のいない宇田夫妻(和田聰宏 三津谷葉子)だった。 家に着くと、同じ17歳のラナ(北香那)がいた。 ラナは足が悪く松葉つえをついていたが、やがて二人は話をして、趣味が同じで誕生日も同じだったことから仲良くなる。
ラナは両親を交通事故で亡くし、保険金目当ての施設が引き取る。 そのラナを引き取ってくれたのは堀井(村松利史)だった。 優しかった堀井だが、本当の目的はラナの体だった。 ロリコンの堀井がラナの体を求めるが、ラナに反撃され、怒った堀井はラナを蔵に閉じ込めてしまう。
蔵の中でお多福さんというお面を見つけ、巻物を読む。 醜い双子の姉妹がお多福さんの面を被り、自分をいじめた人を次々殺す話だった。 しかし、悪い人を全員殺さなかったことから、お多福さんが富士山を噴火させ、双子の姉妹を岩で潰して殺した。 お多福さんの面を被ったラナは、お多福さんから力を授かる。
蔵の鍵を壊して出てきたラナは、堀井に向かって念じ、遺書を書かせ、そして堀井は首を吊って自殺し、堀井の遺産は全てラナが相続した。 お多福さんの力を持ったラナは宇田健一郎と宇田ナオコの夫妻を操り、この世から悪人を排除するため、双子の姉妹のように私と一緒にお多福さんの力を持つことができる少女を連れて来させる。 そして連れてこられたのが芽衣だったのだ。
ラナは宇田夫妻に、芽衣の前で話す言葉やしぐさを教える。 蔵の中には眼の潰れた少女がいて、家の近くには宇田の指示でわめき散らす騒音おばさん(安藤なつ)がいる。優しく接する宇田夫妻だったが、ラナの指示通り朝食時に「会社の経営状態が悪くなり、一人しか面倒見れなくなった。 1週間後の夕食時にどっちの面倒を見るか決めて話をする」と言う。
この日以来、ラナの指示通り母の壺が割れたり、父の車にキズが付いたり、ラナの松葉づえが折れたりして芽衣が疑われる。そしてラナが芽衣を交通量の多い道路に突き飛ばしたことで、芽衣のラナに対する不信感が、確信に変わる。
ラナは宇田夫妻に、ベッドでイチャツキながら今までのことが芝居だったと笑いながら話す芝居をさせる。 その様子を芽衣を呼んで見せ、信頼していた宇田夫妻に裏切られたと思った芽衣にラナは「二人を殺そう」と持ちかける。 毒の入った注射器を2本見せ、「どちらかに決める夜にやろう」と言うのだった。


後半は前編の裏側を見せる作りになっています。
騒音おばさん役は安藤なつ、「アイアムアヒーロー」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14083751 に出演していました。
院長役はしゅはまはるみ、「犬部!」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/07/27/060000 に出演していましたが、すっかり存在感なる役をもらっていますね。
堀井役は村松利史、「ヤウンペを探せ!」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/12/01/060000 を記事にしています。

さて後編ですね。 前半は、牢屋のようなところに入れられてしまった芽衣で終わりましたが、後編では芽衣とラナがここに至った過去が明かされます。

芽衣はちょっと常人とは違う体質だということが触れられ、ラナも苦労してきた孤児で、この牢屋に入れられた時にあるものを見つけることで、あらゆることに主導権を持つことができます。


今作は、ホラーでもあり、それでいて実は対決ものなんですね。 隕石落下をさせるだけの力を持つ怨霊VS死なない体を持つ超人、そんな戦いのようでしたね。

 

f:id:anttiorb:20210823184613j:plain

f:id:anttiorb:20210823184616j:plain

f:id:anttiorb:20210823184628j:plain

f:id:anttiorb:20210823184631j:plain

f:id:anttiorb:20210823184637j:plain

f:id:anttiorb:20210823184641j:plain

f:id:anttiorb:20210823184645j:plain