anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ドント・ブリーズ2

2021年作品、ロド・サヤゲス監督、スティーヴン・ラング ブレンダン・セクストン三世 マデリン・グレイス クリスティアン・サギア出演。

燃え盛る家の中から1人の少女が命からがら抜け出し、道の半ばで倒れる。
8年後、火事から生き残った少女フェニックス(マデリン・グレイス)は盲目かつ退役軍人の父親ノーマン(スティーヴン・ラング)と愛犬のシャドーと共に過ごしていた。巷では臓器密売組織による誘拐が相次いでおり、妻と姉妹を失いこれ以上家族との別れを経験したくないと願うノーマンは、フェニックスを学校にも行かせず行動を過剰に制限していた。
ある日、家に必要な物資を届けてくれる退役軍人のヘルナンデス(ステファニー・アルシラ)に同行し街へ行くことを許可されたフェニックスは、ノーマンに内緒で火事により焼け落ちた家へと向かう。

廃墟となった家の中で何者かの気配を感じ不気味に思ったフェニックスはその場を離れるが、その後公園のトイレで不審な男に絡まれる。 シャドーが同行していたことで難を逃れ、ヘルナンデスの車で自宅へと戻ったフェニックスはノーマンに「学校に行き友達を作りたい」と懇願するが無駄に終わるのだった。
その日の夜、ノーマンの家からの帰り道で、ヘルナンデスは1台のトラックに道を阻まれる。 トラックにはトイレでフェニックスに絡んだ不審な男レイラン(ブレンダン・セクストン三世)を含んだ複数の男が乗っており、ヘルナンデスが退役軍人であることを見抜いたレイランは自身達も退役軍人であることを話す。
レイランたちをヘルナンデスは不審に感じるが、自身の車の中に隠れ潜んでいたレイランの仲間によって殺害されてしまった。
その後レイランたちはシャドーを森におびき寄せ殺害すると、シャドーを探すノーマンが家から出て行った隙に家へと侵入。 侵入者の存在に気づいたフェニックスは家から逃げようとするが、レイランたち誘拐団の1人に捕まってしまう。

続編は意外に早かった気がします。
監督は前作 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14622255 で脚本を担当していたロド・サヤゲス、初監督作品となるようです。
主演は引き続きスティーヴン・ラング、「移動都市/モータル・エンジン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15894383 に出演していました。
フェニックス役はマデリン・グレイス、劇場公開作品で主演級の役をするのは初めてですが、子役としての出演は多数あるようですね。
そしてブレンダン・セクストン三世、「スリー・ビルボード」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15373632 に出演していました。

物語は、あの盲目の男と、少女が暮らしている生活から始まります。 しかしその前にその少女が火事で焼け出されていました。 それから8年経ち少女は成長していました。
彼女は外には出ることを禁じられていました。 教育は盲目の男・ノーマンがテキストを渡し、点字で採点。 その他いろんなものは旧知のヘルナンデスという元軍人が運んでいました。 彼女はフェニックスをたまには外に出してあげたらとノーマンに進言しますが、それは頑なに拒んでいました。 しかしその日は、やはりストレスを感じていることを察知し、ヘルナンデスに短時間同行してもらい、外出することに。 そして前に住んでいた火事のあった今は廃墟になっているところに行きます。
そして謎の男に会います。


今作は、あの異様な盲目のノーマンが、しっかりと少女の面倒を見ているのにまず驚かされますね。 真っ当な教育、躾をしているようで、ただ感じるのは何かに備えているような感じです。 それは今作で色々明かされますが、まだまだノーマンの過去には触れられていませんね。 まだまだ彼について知りたくなる作品です。

 

f:id:anttiorb:20210815192747j:plain

フェニックスにいろいろ教え込むノーマン

 

f:id:anttiorb:20210815192757p:plain

そして侵入者が

 

f:id:anttiorb:20210815192802j:plain

戦うノーマン

 

f:id:anttiorb:20210815192806p:plain

フェニックスと逃げようとするが

 

f:id:anttiorb:20210815192809p:plain

独特の戦い方

 

f:id:anttiorb:20210815192815j:plain

しかし盲目でも手強い

 

f:id:anttiorb:20210815192820j:plain