anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

三大怪獣グルメ

2020年作品、河崎実監督、植田圭輔 吉田綾乃クリスティー 安里勇哉 横井翔二郎 木之元亮出演。

元超理化学研究所員・田沼雄太(植田圭輔)は東京の下町にある寿司屋の息子、日頃お世話になっている神社へ奉納するため、寿司ネタを岡持ちに入れて運んでいた。 寿司ネタは、目利きが鋭いことが自慢の、寿司職人の父親が選りすぐった特上ネタだったが、途中で雄太は通行人とぶつかって転倒してしまう。 雄太が慌てて岡持ちの中を確認すると、なんと中にあったはずの寿司ネタが消えていた。 それからしばらくして、都内に巨大なイカとタコの怪物が出現する。 それは、雄太が寿司ネタとして運んでいたネタと同じだった。 暴れまわるイカとタコを遠目に見ながら、雄太は友人である新見(横井翔二郎)の家を訪れる。
新見は、新見食品という自社ビルを持つ会社の一人息子で、裕福な暮らしをしており、部屋で1人、目隠しをして格闘ゲームに打ち込んでいた。 新見は目隠しをすることにより「心眼」でゲームを行い、実際に見えないままでゲームに勝利する新見に、雄太は素直に感心する。 ゲームを終えた新見は雄太に、「あのタコとイカの怪物、お前の仕業だろ」と問いかるが、雄太は「俺じゃないよ」と否定し、新見がそう言ったのは雄太が昔から怪獣マニアだったからというだけでなく、実際にタコやイカを巨大化させる可能性があったからだった。
実は雄太は以前、超理科学研究所という近代的な研究所に勤めており、そこで動物を巨大化させる薬品の研究に取り組んでいて、家畜を巨大化させることで、飢餓に苦しむ人々を救おうという目的だった。 その薬品は「セタップZ」と名付けられ、完成目前までこぎつけていた。
しかし完成を急ぐあまり、雄太は研究所の資金をつぎ込んでしまっていました。それがバレて、セタップZが完成しないまま、雄太は研究所を辞めさせられ、今は実家の寿司屋の手伝いをしていたのだった。 新見は、雄太が密かにセタップZを完成させて、イカとタコを巨大化させたのではと考えたのだ。 そんな中、巨大イカと巨大タコが東京に突如現れたのだった。
政府が組織するシーフード怪獣攻撃部隊(SMAT)指令官の響(木之元亮)は雄太をSMATへ招き入れた。
SMATは新兵器「酢砲」を導入して三大怪獣に挑む。 しかし攻撃で切り落とされた怪獣の肉が美味しかったことから、世間では「怪獣肉ブーム」が起こってしまう。

やっぱりこの監督!(^^)
河崎実は、「大怪獣モノ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15714292 以来の記事となりますね。いつかコンプリートしたい監督です。
主演は植田圭輔、初めて見る俳優さんです。
そして吉田綾乃クリスティー乃木坂46の3期生で、ソロの映画出演は初めてですね。


物語はいきなりイカとタコの怪獣が現れます。SMATの隊長の響は、その一連の事件を語り始めます。
その直前に、新鮮なイカとタコが何者かに盗まれたこと、そしてカニも一緒にいたことは、この時点で知っているのは盗まれた張本人の田沼雄太だけでした。 そして友人の新見は彼が動物を巨大化する研究をしていたことを知っていて、田沼が怪獣にしたと疑っていましたが、彼はもう自分の手からその研究は離れてしまったことを告げます。 そしてこの怪獣を何とかするために、田沼と、そして彼のライバルだった彦馬、そして田沼の幼馴染で、防衛相エリートの星山奈々がSMATに協力することになりますが。

まあゆるい怪獣作品を作らせたら河崎実監督ですよね。 しかし今回は乃木坂の現役メンバーを起用できるまでになりましたね。 さらに新作は元欅坂46メンバーも参加するらしく、それはそれで楽しみですが。


f:id:anttiorb:20210806070925j:plain

f:id:anttiorb:20210806070933j:plain

f:id:anttiorb:20210806070943j:plain

f:id:anttiorb:20210806070946j:plain

f:id:anttiorb:20210806070951j:plain

f:id:anttiorb:20210806070957j:plain

f:id:anttiorb:20210806071007j:plain

f:id:anttiorb:20210806071011j:plain