anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

男たちの挽歌III アゲイン/明日への誓い

1989年作品、ツイ・ハーク監督、チョウ・ユンファ レオン・カーフェイ アニタ・ムイ シー・キエン出演。

一九七四年、サイゴン。マーク(チョウ・ユンファ)は従弟のマイケル(レオン・カーフェイ)を政府軍の手から救い、共に香港で暮らそうとするが、裏切りに会う。 窮地に立たされた所を闇の世界を支配するホー・グループの女ボス、キティ(アニタ・ムイ)の手によって救われ、マイケルの叔父(シー・キエン)ともども脱出に成功する。秘かに心惹かれ合うマークとキティであったが、マイケルもキティが好きなことから、マークは一人身を引く。
ともあれ、香港での平和な暮らしが訪れたかに見えたが、そこに3年前行方不明になったホー・グループの創始者ホー(時任三郎)が突然帰国する。 恩義を受けたホーとマークの間で苦悩するキティ。 その内心を見て取ったホーはマークとマイケルの働く自動車修理工場を爆破、叔父は死んでしまう。
それを知ったキティはホーを亡き者とするため、内心を偽りサイゴンへ舞い戻る。 マークとマイケルも彼女を救うためサイゴン行きの最終便で後を追う。 ベトナムの動乱の際中、もはや帰りの便が出る保障はなかった。
 
さて今回はちょっと時間をさかのぼったお話です。
監督はツイ・ハークが担当します。「王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15848153 が近作です。
今作ではレオン・カーフェイ、「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15846007 を記事にしています。
そしてアニタ・ムイ、「ミラクル/奇蹟」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/10599925 を記事にしていました。
 
物語はベトナム戦争期のサイゴン、マークはいとこのマイケルと香港に帰ろうとします。 しかし叔父はサイゴンで一人の従業員を使い何とか順調に商売をしていましたが、ベトナム戦争でどうなるかわからず、危険だと説得、何とか叔父は了承します。
一方ホー・グループの女ボスのキティは、ホーがいない間組織を取り仕切っていますが、マークたちと出会い、彼らを窮地から救ってくれます。 何時しか三角関係のようになっていきますが、そこにホーが帰ってきます。
 
一応前日譚の今作、ヒロインがいるというのが新しい取り組みですが、監督が変わったことからそんな感じになってしまったんでしょうか? しかし設定がベトナム戦争ということで、なかなかそういうタッチの作品は少ない中、切り口が面白かったし、やはり「男たちの挽歌

https://anttiorb.hatenablog.com/

で、派手な撃ちあい、そこは変わらないですね。
 

f:id:anttiorb:20201021184458j:plain

いとこのマイケルと合流

 

f:id:anttiorb:20201021184506j:plain

彼女が協力してくれる

 

f:id:anttiorb:20201021184513j:plain

そして愛し合うマークとキティ

 

f:id:anttiorb:20201021184522j:plain

叔父さんとベトナム脱出を図るが

 

f:id:anttiorb:20201021184516j:plain

ホーが現れる

 

f:id:anttiorb:20201021184535j:plain

そして野心の塊のホー

 

f:id:anttiorb:20201021184536j:plain

マークがホーと

 

f:id:anttiorb:20201021184541j:plain