anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

奇蹟/ミラクル

1989年作品、ジャッキー・チェン監督、主演。
 
1930年香港、コウ(ジャッキー・チェン)はここで一旗あげようとやってきた。 そこに景気のいい話で人を集めている男・タン(トン・ピョウ)に、泣けなしの25ドル払った。 そして次の日指定された場所に行って職につこうと思ったら、それは真っ赤な嘘、詐欺にあったのだった。 
打ちひしがれて、座り込んでいるとそこにバラ売りのおばさん・マダム・ローズ(クェイ・アルイ)が話しかけられる。 優しく慰めてくれる彼女に、真っ赤なバラを売ってもらうコウ。 幸運のバラだと聞かされたコウは、すぐそのあとマフィアの抗争に巻き込まれてしまった。
一方のボスのパクは持病が有り、瀕死の状態だが、助けたあと危篤となってしまう。 部下のチャン(ウー・マ)が遺言で後継者を指名してくれというと、パクはコウを指差し絶命した。 驚くコウ、しかしボスの遺言は絶対で、早速お披露目となった。
パクの右腕だったフェイ(ロー・リツ)は、この人事を快く思ってないので、様々試してみるのだが、カンフーが得意なコウは部下に力を見せることができた。 
そこに父が死に、借金が残ったからといってお願いに来た美貌の娼婦ヤン(アニタ・ムイ)のダンスと歌にひらめいた彼らは、店をダンスホールにして資金を稼ぐことになった。 これが当たった。 
そして資金が貯まるようになり、組織は大きくなっていった。 コウはそのあいだ毎日バラを買っていたのであった・・・
 
1989年作品なので、ジャッキー・チェン絶好調ですね。 体も動くし、香港の街を席巻するアクションはいいですね。 一件マフィアどうし抗争劇かと思いますが、後半の主役はこのバラ売りの幸運の女神・マダム・ローズが中心となっていきます。 
本来悪人でないコウが、持って生まれた正義感を発揮し始めるところから、人情作品になっていきます。 アクションシーンはここ一番に限られていますね。 そして私としてはヤン役のアニム・タイがいいですね。 彼女はジャッキー作品に欠かせない女優です。 
私はなんか彼女とジャッキーがよく合っていると思います。 残念ながら亡くなってしまっていますが、彼女の姿はジャッキー作品で永遠に残ります。 
爽快感とちょっと感動の作品でした。



イメージ 1
ひょんなことからマフィアのドンにされるコウ

イメージ 2
幸運のバラを毎日かったコウは

イメージ 3
どんどん羽振りが良くなるが

イメージ 4
しかし心の内は

イメージ 5
しかし争いが起き

イメージ 6